なかなか集中できない人が「ゾーン」を意図的に作り出す6つの方法

スポーツ選手がよく口にする「ゾーン」。ボールが止まって見えたり、シュートの軌道が予測できたりと、スポーツによっても色々です。

その究極の集中状態、実はわたし達の生活にも応用可能なんです。今回はなかなか集中できない人が、ここ一番のときにゾーンを発揮するための方法を紹介します。

ゾーンとは何ぞや?

集中

ゾーンとは主にスポーツの世界で使われる言葉です。心理学的には「フロー体験」といわれ、究極の集中状態と定義されています。

最近では、勉強やビジネスの世界からも注目が高まっています。イメージとしては「高いパフォーマンスが発揮できる状態が短時間続くこと」といった感じです。

ゾーンに入ると、どんな状態になるのか?

ゾーンに入ると感覚的な時間の流れが変わり、他の思考や感情も忘れてしまうほどの超集中状態になります

たとえば相手の動きがスローに見えたり、ボールが止まって見える、といったことが起こります。また、軽い興奮状態なのにリラックスをしている、疲れを感じなくなる、などのことが起こります。

スポーツ選手がよくゾーン体験をする理由

スポーツ

元プロ野球選手の衣笠祥雄さんは、打席に入る前に、その打席でやるべきテーマを明確にしていたそうです。人間は同時に複数のことには集中できないので、目的を単純化することで集中力を高めたのでしょう。

サッカーのフリーキックに臨む選手も、シュートを決めることしか考えていません。「このシュートが外れたら次はこうして・・・」なんてことを考えていたらゾーンには入れないのです

ゾーンは理屈ではなく、直感

少し話が逸れますが「ひらめき」と「直感」似たようなこの2つの言葉があります。大きな違いは前者はなぜそう思ったか説明できて、後者はそれができないことです。ゾーンに入った状態というのはまさに後者の「直感」です。

理屈ではなく感性で、頭ではなく身体で覚えたことが、無駄な思考や力みがなくなり、一転に集中したときに、自然と現れる状態がゾーンだといえます。

スポーツ選手がよくゾーン体験をする理由は、直感や感性がトリガーになってることが多いからなのでしょう。

ゾーンは、スポーツ選手しか体験できないのか?

先述した通り、ゾーンという言葉はスポーツの世界でよく使われています。しかし、だからと言ってスポーツでしかゾーンに入れないというわけではありません。

難しい手術で半日以上ぶっ続けで執刀する医師や、時間を忘れて創作活動に没頭する芸術家なども、ゾーンに入っている状態ということができます。作家の中にも、たったの1週間で、小説を1冊書き上げてしまうような人もいるくらいです。

なので、ゾーンはスポーツの世界だけでなく、ビジネスシーンでも当てはまります。そして、その恩恵は計り知れないものがあるのです。

ゾーンを意図的に作り出す6つの方法

仕事へ集中

それでは本題のゾーンを意図的に作る方法について。超集中状態になるために有効な方法をまとめてみました。

行動や思考目的の単純化

先ほどゾーンは直感だと述べましたが、いろいろ複雑な思考、および行動の選択肢がある場合にはゾーンに入ることはありません。

漠然とこうしようというのではなく、この局面ではこれだけに集中する、ということがゾーンにつながります。なるべく複雑な思考や行動は避け、可能なかぎり単純化するのがコツです。

好きになること

野球が嫌いで野球選手になる人はいないと思いますが、何か集中したい物事があるのなら、まずはそれを好きになることが大事です。

仕事でしたら、その仕事しか考えられない、というくらいになればゾーンに入るのに苦労しないでしょう。

ポジティブシンキング

人間は言い訳をする天才ですが、ゾーンに入るような人たちにはそれがありません。

ほんの少しでも可能性があるのなら、すべてをそれに賭ける。そんな姿勢が幾多の奇跡を生み出してきたのです。自分に言い訳しない、日頃からのこの姿勢が大事です。

できるだけ具体的にイメージする

スポーツでも勉強でも仕事でも「そうなった自分」をあらかじめ、具体的にイメージしておくことで、目的にいたるまでの道筋が見えてきます

スポーツ選手がよくイメージトレーニングをするのは、ゾーンに入りやすいのが理由の一つでもあります。

毎日続ける

ゾーンはひらめきではなく直感です。理屈ではなく感性です。頭ではなく体で覚えたことが出るものです。だから毎日、少しづつでもいいから継続しましょう。

毎日続けることにより、集中状態に入るのが容易になります。集中状態が入りやすくなればゾーンはもう目の前です。

体調を万全に保つ

体調不良でゾーンに入ることを求めてもそれは無理というもの。生活習慣や食生活、適度な運動など、コンディションを整えておくことが、まず最初に必要なことです。

スポーツの世界でもビジネスの世界でも、身体が資本なのは変わりません。

まとめ

科学的にまだ解明作業が続いているこの「ゾーン」ですが、トレーニング次第ではあなたにも発揮することが可能です。

それには、少しずつでも集中できる時間を延ばしていくのが近道となります。条件が整った時に、きっとあなたも「ゾーン」に入っていることでしょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら