転職で年収が上がる人はなにが違うのか。明暗を分けるポイントを徹底解説!

年収を増やす方法の一つに転職がありますが、転職にすることによって、給料が上がるどころか下がる人も多くいます。

仕事のやりがいや職場環境と年収のバランスは重要ですが、それでもどうせもらうなら多い方がいいというのが本音でしょう。

転職によって年収を上げるためには、なにに気を付ければいいでしょうか? 

転職で年収が下がるパターンは「スキル」「アンマッチ」「焦り」にあり。

転職で年収が下がるパターン

転職によって年収が上がる人と下がる人がいますが、どちらかと言えば後者の方が多いでしょう。なぜ転職で年収が下がるのか?それにも理由があり、パターンがあります。

年収が下がってしまうパターンを知ってるだけでも、未然に失敗を防ぐことだってできます。では転職で年収が下がってしまうパターンはどんなものがあるのかをお伝えします。

1:「できること」よりも「やりたいこと」を優先する

自分にできることと、自分がやりたいことは違います。「できること」よりも「やりたいこと」を優先すると、転職先の求めることに対して自分の持っているスキルが足らないというアンマッチが起こりがちです。

入社してから力をつけ、それから本領発揮という考えも悪くはありませんが、即戦力にならない人材に高額な年収を支給できる企業はなかなかないでしょう。 

2:焦って転職先を決めてしまう

前職を退職してから転職活動をしたり、現職をとにかく早く辞めたい一心での転職活動は失敗の元です。

条件のいい企業をゆっくり探す余裕を失ってしまうと、年収面で妥協せざるを得ないことが多くなってしまいます。早く転職先を決めたいという、焦りの気持ちは一旦置いておき、冷静に転職活動を行いましょう。

3:そもそもスキルが足りない

元も子もない話ですが新卒採用とは違い、転職市場では相応のスキルが求められます。特に年齢が上がれば上がるほどその傾向が強くなります。

なのでスキルがない人間は、どうしても安く買い叩かれてしまい、転職したら年収が下がったという結果で終わってしまうパターンが多いです。

この場合、焦って転職をするよりも現職を続けながらスキルを磨いたり、資格を取得して入念に準備をすることが先決です。 

逆に転職で年収が上がるパターンとは?

転職で年収が上がる

ここまでは転職で年収が下がる人のパターンを見てきましたが、逆に転職で年収が上がる人にもパターンがあります。

1:「やりたいこと」よりも「できること」を優先する

すでに自分が持っているスキルをすぐに発揮できる、競合他社や経験職種に近い領域へ転職すると、年収も上がりやすくなります。

転職先でも即戦力として迎え入れられるので、期待感もあり、多少お金をかけてでも採用したいと思ってもらえることが多くなります。

2:転職先の年収レベルがもともと高い

全体的に年収レベルが高い業界だったり、業績が好調で給与テーブルが業界内でも高めの企業などに入れれば、その企業内の基準に沿ってなんなく年収を上げることができます。

3:そもそも現職の年収が低かった

先とは逆のパターンですね。もともとの年収が低いので、平均レベルの企業に入ったとしても自然に年収が上がっていくケースです。 

4:転職の目的が「年収アップ」

そもそも年収アップのために転職活動をしているので、転職をすれば年収が上がります。内定が出ても年収が下がる場合は辞退し、より条件のいい企業を腰を据えて探す余裕とストイックさが必要です。 

転職で確実に年収アップをするには「リサーチ」と「交渉」を欠かすな。

home-office-336378_1280

先述した通り、転職市場では年収が下がるパターンの方が多いです。ですので、年収を上げる転職をするためには考慮すべき点がいくつかあります。

では、一つずつ見ていきましょう。

1:「できること」を活かせる転職先を探す

転職活動を始めたら、まず「やりたいこと」よりも「できること」「すでに持っているもの」「自分の強み」を重点的に分析し、それが十分に発揮できる企業を探してみましょう。

冒頭でも話した通り「やりたいこと」がファーストになってしまうと、転職後に年収が下がる確率が高くなるので注意が必要です。 

2:求人の分析、職務経歴書のカスタマイズ

求人に応募する際には、求人サイトから自分で応募するか、転職エージェントを介することがほとんどだと思います。

応募すると決めた企業が求めるニーズをとことん推測し、そのニーズに沿った職務経歴書を作成しましょう。これまでの経験を一律に並べるのではなく、ニーズに合わせてボリュームの強弱をつけて書いていくのがコツです。

リサーチ力が問われることですので、転職エージェントをフル活用することが望ましいです。

3:年収交渉を行う

希望年収は、面接時には聞かれない限り伝えず、聞かれたとしても「できれば○○万円くらいいただけたら嬉しいです」くらい軽く伝えておきましょう。

年収交渉の前に「この人が欲しい」と思ってもらうことが大切です。年収ありきで話をしてしまうと、うまくいく話もいかなくなることがあります。

内定獲得後に、現状以上の年収を望むことを伝え、エージェントを介しているなら交渉してもらいましょう。くれぐれも順番を間違えないように注意しましょう。

4:年収アップしやすい中小企業を希望する

先ほど触れたように、年収レベルの高い業界や企業を希望すれば、年収を上げられる可能性は上がります。そしてもうひとつ、企業によって年収を上げられる可能性が高いのは、コネ入社ができる中小企業です。

大手企業はたいてい給与規定が決まっていて、どんな優秀な転職者でもその中に当てはめられます。そのため、こちらの希望年収のワガママが通る確率は低くなるのです。

一方、中小企業は大手ほど給料規定が細かくなく、経営層の一存で転職者の給料が決まることが少なくありません。経営層と人脈があれば、正攻法で応募するよりコネを使ってでの転職の方が年収の希望を通しやすいでしょう。

まとめ

目先の年収にとらわれると転職自体が失敗してしまうことも少なくありません。

環境面、仕事面、年収面も含めてトータルで納得できるような転職活動をしてください。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

ソーシャルゲーム業界が盛り上がってるけど、安易に転職するのはオススメでき...

転職するなら若いうち?経験を積んでから?転職のベストなタイミングとは

転職活動での経歴詐称は絶対NG!人事によっては裏取りまですることも

新卒の就活と転職活動の大きな違いはどこにあるのか

ブランク期間が長くて書類選考に通らないって奴、ちょっとこい

年俸制の会社へ入る際の注意点。メリット、デメリットをまとめてみた。