飲み会嫌いなあなたが忘年会を乗り切り、好印象を残す方法

年の瀬が迫って来る季節になると、飲み会が開かれるところも多くあるでしょう。忘年会などの飲み会は、どこの会社でも開かれているものだと思います

しかし、中には飲み会が大嫌いで、苦痛に感じている人も多く、どのように乗り切ったらいいのかという悩みをよく聞きます。

飲み会嫌いな人が、忘年会などの宴会を乗り切るには、どのような方法があるのでしょうか。

飲み会大好きな人の心理を理解して忘年会を乗り切る

飲み会嫌いな人がいる反面、飲み会大好きという人もいます。まずは飲み会好きな人の心理を理解する必要があります。

飲み会が好きな人は、基本的にお酒を飲むこと自体が好きな人が多く、お酒を飲んで楽しく感じられればそれで良し、と思っている人がほとんどです。普段の仕事でストレスが溜まってる人からしたら、会社公認のストレス発散の場みたなもんです。

いつもは取っ付きにくい上司や先輩も、アルコールが入るとフランクになったりすることも多いでしょう。もし騒がしい雰囲気が嫌いでないなら、頭を空っぽにして適当な相槌をうっているだけで案外乗り切れたりします。

パターン別 忘年会の立ち回り方

忘年会

お酒が飲める人と、飲めない人では忘年会での立ち回り方は違ってきます。ここでは大きく分けて2パターンで解説します。

お酒が苦手ならノンアルコールで乗り切ろう

お酒が苦手で、飲み会に参加することが苦手という人もいるでしょう。そこで重要なのは、最初のうちに「アルコールは体質的に受け付けません」とはっきりと宣言することです。

あらかじめ「お酒を飲めない人」と周囲にアピールすることで、意外と簡単にノンアルコールで乗り切れます。それでもお酒を勧めてくる人がいて、誰も止めないようであれば、来年からは忘年会に参加する必要はありません。というか、そんな時代遅れな風習の会社はさっさと辞めましょう(笑)

お酒が苦手ではないなら、同じテンションの人を探して別の楽しみ方を

お酒を飲むことは全く問題なくても、宴会の空気が苦手という人も多くいます。その場合は、似たようなテンションの人と一緒にいるようにすると良いでしょう。

特に忘年会の場合、通常の飲み会と違って他部署とも一緒に行うケースが多いです。日常業務で大したつながりは無くても、気の合う人を探す目的で参加するのもアリです。

交流を広げるチャンスでもありますから、自分と同じようなテンションの人を探して気の合う仲間を探してみましょう。

無礼講とはいえ、最低限のマナーは見られてるので注意!

お酒の場では、無礼講が暗黙の了解となっていることが多くあります。接待などを除いて、自社で開催されるような忘年会などの宴会では、基本的に無礼講になっているのではないでしょうか。

普段と比べ、多少の失言は許されやすいですが、それでも最低限のマナーは必要ですし、見てる人は見ているものです。

日頃飲み会などに参加しない人にとっては、ある程度の本音を出していき、どこまでが許されるボーダーラインなのかを「実感」として学ぶ場でもあります。

人間関係は言葉で表現しきれるものばかりではありませんので、それを体得するためのチャンスとも言えます。捉え方一つで、忘年会のあり方も変わるのではないでしょうか。

飲み会は人間関係スキルの実践場所

基本的なことですが、飲み会に参加することは義務ではありません。あくまでも個人の選択によるものです。

しかし、事情によって参加せざるを得ないということも多々あるでしょう。そのときに必要なのは、自分が苦痛と感じない範囲で、どのように時間を過ごしていくかということです。

上司の愚痴を聞くばかりでは面白くないでしょう。しかし、ときおり質問などを挟んでいくことで会話を誘導していくテクニックを身に付けられると考えたらどうでしょう。少しは参加することに意義を見いだせるのでは?

忘年会に何となく参加するのではなく、何らかの目的をもって参加すれば、自然と積極的な姿勢になっていきます。周囲に悪印象を持たれることは少なくなるはずです。自然と人間関係スキルを身につけていくには、ある意味最適な場なのかもしれません。

苦手意識を持ったままでは、自分も面白く無いですし、そういった雰囲気は周囲へと伝染してしまいます。忘年会などに参加する場合、自分がどうすれば積極的な気持ちになれるのかを考えて参加することで周囲への印象が変わってくるチャンスでもあります。

まとめ

最後のほうは説教おじさんみたいになってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

飲み会が嫌いな人でも忘年会をうまく乗り切れる方法はいくらでもありますし、自分なりの楽しみ方を見つけることもできます。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら