「やりたい仕事」は会社や職種を変えていかないと見つからない

今日は「やりたい仕事」について。

世の中には、数多くの職種や企業が存在しています。その中から、どのようにして「やりたい仕事」だと判断してきましたか?

そして今現在、思うような「やりたい仕事」に就けてますか?それ以前に、未だに「やりたい仕事」が見つからないって人も多いのではないでしょうか。

では、どうすれば自分の「やりたい仕事」は見つかるのでしょう? 

一つの会社だけで「やりたい仕事」を見つけるのは難しい。

考えるビジネスマン

近年の就活生に対するアンケートでは、終身雇用を望む人が増えてきているといいます。株価が上昇したとはいえ、消費者まで恩恵が届いてはいないことから、安定志向を望む人が増えても不思議ではありません。

就活生の安定志向は、企業側にとっても都合がよくやはり長く勤めてくれる人が好まれる傾向にあるのは間違いないでしょう。

しかしながら自分が本当に「やりたい仕事」を発見するには、職種や会社を変えていかないと、なかなか見つからないのもまた事実です。

一つの会社だけで知れることはたかが知れてますし、他と比べてみないとその仕事が本当に自分に合ってるのか、自分のやりたい仕事なのかはわからないからです。

転職してから初めて分かることは沢山ありますし、そこで失望するか、モチベーションが上がるかは、人それぞれ違うと思います。

豊かな経験が、豊かな視点を生み、自分を磨いてくれるもの。そのための手段として、さまざまな職種や会社を経験することで「やりたい仕事」が見えてきます。

もし今の会社をそれなりに長く続けても「やりたい仕事」が見えないのであれば、5年、10年後も変わらないと思います。どうしても「やりたい仕事」を見つけたいのであれば、必然的に転職という選択肢が出てくるでしょう。 

転職することは「マイナス」なのか?

面接前

転職市場でも転職回数が増えると、長続きしないのではないかと疑われ、次のステップに進みにくいことがあるのは確かです。

だからと言って、それが必ずしも悪いこととは限りません。先にも述べた通り、転職をしていかないとわからないことも沢山あるわけです。

どのような職種を経験してきたのか、次の職場でどのように活かしたいのか、自分のキャリアにどのようなことを望んでいるのかなど、説得力があるプレゼンができれば、転職はむしろキャリアップになります。

一つの業界に勤め続けるより、復数の業界に勤めた経験によって発想力が豊かになります。発想力が豊かというのは、さまざまな視点で物事を見ることができるというメリットがあります。 

企業が長く続ける人材を求める理由と終身雇用の事実

企業への転職

企業側が自分の会社で長く勤めて欲しいと願うのは、コスト面で都合がいいからです。

面接にかける面接官や場所の手配、時間、人件費、採用する人間に払う給与や社会保障費など、雇用するとなれば、さまざまなコストがかかることになります。

長く勤めてくれる人材であれば、その分コストを抑えられる見込みが立てやすいというだけで、それ以外に大きな理由はあまり無いと言えるでしょう。

では、求職者が全て企業側の都合に合わせなくてはならないのかと言えば、そうではないと言い切れます。

終身雇用制度が全盛だった時期においても、一つの企業で定年まで働き続けることができたのは、実は極一部に過ぎません。

多くの人は、一回以上の転職を経験し、その後は定年まで、というコースが大半で、全ての人が終身雇用の恩恵を受けたわけではないのです。終身雇用が崩壊してると言われてる現代においては、がっちり当てはまる人のほうが少ないとさえ思います。

昔に比べてベンチャー企業の割合が多くなってきたのも、終身雇用が崩れてきたことが一因かもしれません。実際、国としても起業しやすい制度を作り、ベンチャー企業を推奨しているくらいです。

そんな現代において、どのような人材が求められているかといえば、職種や業界にとらわれない発想力を持っていたり、異業種のノウハウを組み合わせできるような人材です。

そのような発想力を身に付けるためには、職種や業界を超えた転職を経験したほうが、身につくものです。持って生まれた才能だけで、そのようなことができるのは僅かでしょう。 

新卒で入った会社で「やりたい仕事」が見つけるのは無理ゲー

新卒就活

日本の就職市場は相変わらず新卒一辺倒で、安定志向の人が多いことから、新卒で入った会社で長く続けようとする傾向にあります。

長く続けること自体はいいのですが、問題なのは自分の「やりたい仕事」を今の会社に無理やり当てはめようとすることです。

なぜ問題なのかと言えば、ほとんど社会人経験のない学生が、先見だけで選んだ会社で「やりたい仕事」が見つかるほど、簡単な世の中ではないからです。そう簡単に見つるなら、仕事を辞めたくてしょうがない人ばかりの国にはなっていないでしょう(笑)

冒頭で話した通り、自分が本当に「やりたい仕事」は、ある程度会社や職種を変えていかないと見つかりません。新卒入社の会社でたまたま見つかるなんて稀です。

一つの会社だけでできる仕事にも限界がありますからね。 

まとめ

できれば「やりたい仕事」をずっと続けていくことが理想ですよね。しかし、一つの会社だけで「やりたい仕事」を見つけるのはかなり難しいでしょう。

本当にやりたい仕事に就きたいのなら、臆せず転職に踏み切りましょう。幸い、今は転職エージェントをはじめとした、転職を支援するサービスや機関が多いです。ぜひ有効に活用してキャリアアップに繋げてください。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

仕事をバックれると、退職時に必要な手続きがとれなくなるので注意しよう。

まだクレーム対応で消耗しているの?サービス業を辞めたい人へ送る異業種への転職方法

一つの会社を定年まで続けなきゃいけないとか昭和の発想。会社にしがみ続けることのリ...

仕事が辛くてうつ病になりそうなら、早めに逃げ道を確保しておくことが重要

今さら聞けない「退職願」の正しい書き方と「辞表」との違い。

営業が辛い!違う職種へ転職するか、営業を続けるかの判断基準について考察。