ワークライフバランスを気にする人は出世できないのか?プライベートも充実させたい人が出世街道を歩むには

政府がワークライフバランスを掲げてから数年が経ちますが、実施できてる企業は未だにほとんどありません。

このワークライフバランスについては、各メディアで様々に議論が交わされていますが、実際のビジネスの現場では「ワークライフバランスを気にする人は出世できない」と言われています。

果たしてそれは本当なのでしょうか。考察してみました。

 

ワークライフバランスの定義って知ってる?

ワークライフバランスの定義

ここ数年で「ワークライフバランス」という言葉がだいぶ普及してきましたが、この言葉の正確な定義を知っている人はどのくらいいるでしょう?

ワークライフバランスは、ワーカーホリックが増加したために家族や隣近所との絆が薄まったことを問題視され、プライベートの時間も大切にしましょうという目的で導入された概念です。内閣府によると、このように定義されています。

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」

やたらと長々しいですが、つまるところ、仕事とプライベートをバランスよく両立して生きましょう、ってことですね。ハイ、そのまんまですね(笑)

 

ワークライフバランスを気にして、定時で帰るような人は出世できない?

考えるビジネスマン

企業という組織の中で出世していこうとすると、相応の努力や時間が必要となります。様々な能力が求められますし、実績がなければ評価などされることはないでしょう。

定時で帰る人の中には大きく分けて2通りの人がいます。一人はマイペースを貫き、どのような状況でも自分の仕事が終われば、さっさと帰ってしまうタイプ、もう一人は要領よく仕事を片付け、空いた時間には同僚の仕事を手伝う、資格取得の勉強をするなど状況を見て適切な判断を下すタイプの人です。

出世できないタイプは前者のマイペースを貫くタイプの人が多いでしょう。同じように定時で帰宅するにしても、評価されるのは間違いなく後者のタイプでしょう。

しかしながら、そういったタイプは少なく、多くの人は残業しながら自分の仕事を片付けているのが現実です。そういった仕事の姿勢が評価につながり、出世につながっていくのが良くも悪くも今の日本社会なのでしょう。

そのため、定時でさっさと帰ってしまう人は、仕事に対する責任感が薄いと評価されがちです。積極的に残業する人が評価され出世しやすいからこそ、未だにワークライフバランスがビジネスシーンに浸透しないのでしょう。

これは悪しき日本社会の習慣とも言えますが、日本で働いてる以上、避けて通れない部分でもあります。ワークライフバランスを気にする人にとっては、どこで折り合いをつけるか、判断が難しいところです。

 

プライベートも充実させつつ、出世の道を歩むには 

プライベートと仕事

では、ワークライフバランスを気にしてるような、プライベートを充実させたいと考えてる人は出世できないのでしょうか?確かに今の日本社会では、プライベートよりも仕事を優先する人のほうが評価されやすいと言えます。

そこで一点取り入れていただきたいのが「ワークライフバランスを長期的な視点で考える」ということです。

例えば新卒入社で入った場合は、最初の数年を徹底的に仕事に時間を割き、ある程度ポジションや役職が上になったら少しずつプライベートにも時間を充てるなど、数年単位でワークライフバランスを考えることをススメます。

ワークライフバランスを考えることは重要ですが、今の日本社会ではまだまだ受け入れられてないのが現実です。なので、基本的には社内の空気を読みながら取り入れていくのがベストです。

その空気というのが、ある程度ポジションや役職によって決まってくるのもまた事実です。もし会社に入りたてということでしたら、最初のうちはワークライフバランスを捨てるつもりで臨みましょう。

盲目的にワークライフバランスを取り入れても自分の首を絞めるだけです。今の瞬間だけでなく、長期的な目線で考えることが出世とプライベートを両立するコツと言えます。

 

まとめ

ひと昔前に比べ「ワークライフバランス」という言葉が認知されてきましたが、ビジネスの現場に浸透するのはまだまだ先のようです。

まずは仕事に集中する時期と、プライベートも充実させる時期を見極め、長期的な目線でワークライフバランスを取り入れてください。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

手取り15万でもらえる年金は◯万円?年金サバイバル時代を生き抜くために必要なこと

ぶっちゃけ正社員にならないほうがいい人の特徴10個

会社の飲み会を華麗に断るマジックフレーズ7選

会社に必ずいる面倒くさい上司の接し方。タイプ別に対処方法をシェアするよ

飲み会嫌いなあなたが忘年会を乗り切り、好印象を残す方法

「人見知りや口下手でも営業はできる」は、果たして本当なのか?