正社員でも年収300万以下のワーキングプア。転職すべきか?続けるべきか?

ワーキングプアの件はこれまで契約社員や派遣社員、パートタイマー、アルバイトなどの非正規雇用者の問題とされてきました。

しかし、最近では正社員として仕事をしているのにワーキングプアになってしまう、正社員ワーキングプアが増加傾向にあります。

近年正社員のワーキングプアが社会問題として取り上げられることも多くなってます。

自分がワーキングプアの場合、今の仕事を続けるか、転職して仕事を変えるか悩むところですよね。

今回は悩めるワーキングプアのキャリアチェンジについて触れていきます。

なぜ正社員のワーキングプアが増えているのか?

チャンスを失う

数年前までは、非正規雇用だから頑張って働いてもワーキングプアになるという流れが主流でしたが、現在はそうとは限らなくなってきています。

非正規雇用の低コストに慣れてきた社会が、正社員にも同水準の費用対効果を求めるようになってきていること

いわゆるブラック企業と呼ばれる、従業員の労働力を搾取するような企業の増加も一因にあります。

成果主義を謳い、若手社員の昇給を認めない企業が増えたこともあるでしょう。

コストカットを重視する流れは未だに日本でも根付いてますので、この流れは当分変わらないと考えたほうがいいでしょう。

富裕層と貧困層の二極化が社会問題になってきていて、二極化は今後さらに進んでいきます。

そんな状況ですから、正社員でもワーキングプアになる人は今よりますます増えていくと予測されています。

ワーキングプアの場合、仕事を辞める判断基準をどこにおくか?

辞めるかどうか悩む

かつては終身雇用が当たり前で、はじめは低賃金でも長年勤めれば少しずつ昇進していきました。

しかし今では終身雇用制度は崩壊しており、頑張っても昇給は約束されない時代ですよね。

そればかりか、正社員であってもいつリストラに遭うかわからないですので、もはや非正規社員と待遇の差は少なくなってきてると言えるでしょう。

たとえ低賃金でも仕事に魅力とやりがいを感じていれば別ですが、ワーキングプアになってまでやりやくない仕事を続けるのは時間の無駄だと思います。

明るい将来の見えない会社のために自分の貴重な労働力と時間を犠牲にするのは、非常に損でもったいないことです。

会社の先輩方を見て「こうはなりたくない」と思い、この会社にいても自分に明るい未来はないと思ったら、転職を視野に入れましょう。

平均よりもかなり低い年収の場合、同じような仕事量や業務内容でも、今より高い収入を得られる仕事があるはずです。

転職活動をする時間がない?

現職を続けながらとなると、時間面などからなかなか転職活動ができないという人も多いでしょう。

特に普通のサラリーマンであれば土日休みで面接を受ける企業側も同じく休んでるケースが多いです。

転職活動に割ける時間がないという人は立ち回り方を変える必要があります。具体的な方法については下記の記事でまとめてますので参考にされてください。

参照:【在職中の転職活動】土日しか休めない人は、面接スケジュールをどう組めばいいのか?

まとめ

正社員として一生懸命働いても、月額手取りが20万円以下で、結婚やマイホームの購入などになかなか踏み出せないという人が増えています。

この会社にいたら使い潰されるだけだと判断したら、なるべく早く転職を考えましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら