高学歴の人がワーキングプアになる理由とその後の転職方法

一般的に、高学歴の人は良い企業に入社して、エリート人生を送るイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、近年の就職難と年功序列制度の緩和により、高学歴でもワーキングプアになる人が増加しています。なぜ、高学歴の人がワーキングプアになるのか不思議に思う人も多いでしょう。

そして、ワーキングプアになった人にとって良い転職方法はあるのでしょうか。

 

そもそもワーキングプアとはどういう人か?

離職期間そもそもワーキングプアとは、正社員と同じくくらいフルタイムで働いても生活の維持すら困難な就業者の事を意味します。

言葉の発端はアメリカで、働く能力があるにも関わらず単純作業と必要最低限の賃金しか与えられない人を総称して指し、「働く貧困者」と言われています。

この背景には、企業側が人件費削減を目的とした非正規労働者の採用を増加した事があります。

一旦ワーキングプアになるとなかなか抜け出せず、更に仕事をしているので生活保護も受けられないというような、新たな貧困層が先進国に産まれたのです。

 

高学歴でもワーキングプアになるのはなぜ?

高学歴 ワーキングプア

良い大学を出たとしても良い就職先が見つからず、高学歴ワーキングプアになる人が増えています。

また一度は職に就いたものの、仕事を辞めてから再就職先が見つからないというケースも多いです。

その最有力の原因として、勉強だけに力を費やしてきた事により、勉強以外での強みが少ないという事実があります。

勉強は、能力でもありますが、与えられた課題を確実に、要領よくこなしていく事による受身の努力です。

しかし、社会人になると受身なだけでは乗り越えられないケースも出てきます。

つまり、学生時代に求められていた努力と、社会に出てから求められる努力とのギャップが大きいため、高学歴ワーキングプアが増えているとも言えます。

特に近年は実力主義な社風の企業も多く、仕事を待つだけでなく自分で掴み取りに行かなければ活躍できない社会になりつつあります。

その中で、勉強と学歴以外の活路を見出せない人間が、何年も就職できず高学歴ワーキングプアになっていくケースが目立ちます。

 

一生懸命に勉強していたころの情熱を「仕事」に向けよう

仕事への情熱

ワーキングプアは低収入ではありますが、収入がゼロではありません。

そのため、まずは今あるお金の使い方を徹底的に見直してみましょう。

缶コーヒー1本でも、月間で計算すると大きな額になります。煙草を吸う人なら辞める覚悟も必要です。

厳しいかもしれませんが、こうして捻出したお金を自己投資や転職活動に充てることが必要になります。

 

そして高学歴の人がワーキングプアから抜け出すためには、再び努力が必要になります。

一度良い大学に入るために努力をしてきた人間なので、学ぶということに対しての下地はできているはずです。

学生時代に勉強していた頃の情熱を思い出し、その情熱を今の仕事、もしくは次の仕事に向けてみましょう。

資格を取るもよし、今の職場で頑張るもよし、転職エージェントに登録して準備をするのもいいでしょう。

どちらにしても学歴以外の強みがなければ、この先の未来が変わることはありません。

ワーキングプアになった時点で、高学歴というメリットはもはや意味がなくなります。

過去の栄光は捨て、再度根気よく自分が社会で活躍するために必要な努力を探してみて下さい。

しっかり意志と覚悟を持って目標を掲げれば、達成できる能力はあるはずですから。

 

まとめ

まずは学歴のことは一旦置いておき、自分の強みをもう一つ作るつもりで動いてみましょう。

また、ワーキングプアから脱するには最終的に転職というかたちになるかと思います。

転職については、自己流で動くよりもプロである転職エージェントを利用することも重要です。

取得すべき資格についても助言をいただけるはずです。

時間は有限ですので、効率よく転職活動をしていきましょう。

 

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら