ランキングには載っていない隠れホワイト企業の探し方

かつては、仕事が会社が全てという勢いで働く人が多かったですが、現代では自分なりのペースで働きたい、プライベートを優先させたいと考える人が多いです。

そんなご時世だからか「ホワイト企業へ就職したい」という人が増えています。しかし、見渡してもホワイト企業の情報ってあまり見かけませんよね。せいぜいホワイト企業ランキングで掲載される情報が関の山です。

そこで今回はランキングでは気づきにくい、いわゆる「隠れホワイト企業」の探し方について説明していきます。

ホワイト企業の定義は人それぞれ違うことを知ろう

将来のキャリア像を整理する

最初に「ホワイト企業」について説明しておきましょう。もともとは「ブラック企業」の対義語的に生み出された言葉ですが、今ではすっかりと定着しつつあるようです。

ブラック企業が組織優先的な待遇をするならば、ホワイト企業は従業員優先的な待遇をする企業と言えます。ブラック企業と比較して一番違うポイントは、有給休暇の取得率でしょうか。

当然ながら、ブラック企業と呼ばれている会社では、有給休暇の取得率は非常に低く、やすやすと休むことが許されていない土壌であることが伺えます。

例を出して説明をしましたが、どのような企業がブラック企業なのか、ホワイト企業なのかについては、今は個人の定義によってバラバラです。それだけ価値観が多様化し、主張することが許されているようになったことが背景にあるでしょう。

そうなると、就職活動を始めるにあたり、情報集めてみたら自分のイメージと全く違っていた、ということも珍しくありません。まずは仕事をする上で何を重視するのかを明確にしておかなければ、仮にホワイト企業に就職できたとしても、アンマッチが起こります。

これから就職で失敗を少なくするには、自分の価値観をしっかりと抑えておいて、それにマッチングする企業を選択していくことが重要になってきます。

ホワイト企業に勤めたいと考えているなら、ネームバリューに釣られることなく、しっかりと自分で情報を集めて判断していきましょう。

隠れホワイト企業の見つけ方

違いを見つける

「有名な企業に勤めたい」と考えている場合、よくある就職先ランキングのトップを中心に就職活動を行なっていけば良いので、課題はどのようにして内定を得るかという点に絞られます。

しかし、自分の価値観に合わせて企業を選択する場合は、どのような点に着目していけばいいのでしょうか。

年収を重視するならOB、OGをチェックすべし

まず、年収などを重視する場合ですが、これは企業説明会などで、OB・OGに確認するのが一番です。各年代の平均年収と、入社から3年以上勤続している人間がどれだけいるのかを尋ねてみましょう。

上記の内容を聞くだけでも、おおよそ判断することができます。3年以上勤続している人間の割合を聞くのは、「働きやすさ」の目安にもなるからです。

いくら年収が高くても離職率が高いようでは、その年収を得るまでに勤めていけるのか微妙なところです。自分がどこまでなら耐えられるのかも踏まえて確認しておきましょう。

プライベート優先なら福利厚生と有取得率に注目

プライベートを重視する場合は、福利厚生がどのようになっているのかを確認しましょう。

雇用保険、労災保険、厚生年金などの法定福利がどのような扱いになっているのか。このあたりは必須項目になります。あとは住宅手当や子育てを考えるなら育児支援はどうなのか、といった法定外福利の確認もしておくと更に良いでしょう。

そして有給休暇の取得率について確認も怠ってはいけません。これら福利関係でプライベートに割くことができる時間がどれだけになるのか、推測することができるようになります。

働きやすさを求めるなら自分なりの定義を決めてから

働きやすさを求める場合は、少し難しいです。何をもって働きやすいと感じるかは個人差が大きいので、一概に言うことができません。

しかし、目安となるものは存在します。それは女性従業員の割合、女性管理職の比率などです。

日本は世界的に見ると女性進出が進んでいないと言われています。そのような中で、女性従業員数の割合が大きいの企業は、女性従業員に対しての配慮があり非常に細やかなサポートをしていることが多いです。

女性従業員、管理職の割合が多いということは、働きやすい環境が整っていると考えていいでしょう。これが働きやすさの全てではありませんが、細やかなサポートをしてくれるというのは言い方を変えると、個人を重視した労働体勢ができているという証拠でもあります。

女性従業員と管理職の割合は、モノサシの一つになるので参考にしてみて下さい。

四季報も活用すべし

データ

今はインターネットで口コミの情報から精確な分析情報まで、さまざまな情報を簡単に見ることができますが、その分、鵜呑みにすることはリスクが大きいとも言えます。

疑いはじめると、キリが無くなってしまいますが、自分の目で情報を確認するという点では、情報源をいくつか持っていたほうがリスクを抑えることができます。

隠れホワイト企業の探し方として、四季報などを活用する方法もあります。四季報は主に株価情報をメインに企業の成績についての情報が多く記載されている雑誌です。しかし、それ以外にも社員の定着率、平均年収など就活で参考になる情報が数多く載っています

また、最近は企業がホームページを持っていることも多いので、確認することをお勧めします。採用情報などからも平均勤続年数など確認できることもあります。

自分なりの情報収集、分析の方法を持つことは、今後、社会人として生きていくために必要なスキルになるので、就職活動を通してある程度は身につけておきたいところです。

まとめ

働き方が多様化してる現在では、どの会社がホワイト企業なのかの判断は、人それぞれ異なります。まずは知名度などに惑わされず、自分が何を重要視してるかを見極めてから企業リサーチを行いましょう。

実際、ホワイト企業はあまり大々的な求人を出していないことも多いので、探すには地味な作業が要求されます。今後の人生に大きく影響を与えることですので、腐らず地道に進めていきましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら