「頑張っても報われない仕事」は辞めるべきか?今の仕事を冷静に見極める方法

どのような職種であれ、仕事には楽しいこと、面白くないこと、ツライことなど様々な要素が入っているものです。その中でも頑張っても報われない仕事ほどモチベーションが下がるものありませんよね。

仕事に対して何を求めているのかは、人それぞれで違うと思いますが、報われないと分かっている仕事を続けていても、人生の無駄遣いです。あなたの仕事は「報われない仕事」ですか?

 

「報われる」と「報われない」の違いは人それぞれ。だからこそ難しい

担当チェンジ

人が「報われない」と感じるときは、「自分の行動に対して相応の対価が得られていない」と感じるときです。

その対価とは、給与であったり、地位であったり、新しい仕事を任されることであったりと、人それぞれで、一概には定義できません。

「報われない」と感じるのは、その人の主観的な部分が大半を占めるので、どのように評価するかというのは難しいものです。

また、いわゆる「評価」を得ている人には、ある特徴があります。それは、「独断」をしないということです。

全てにおいて自分の判断で動かないということではなく、仕事に行き詰まりを感じたり、少しでも疑念を持ったならば、相談することをためらわない人が多いです。

そのため、「あの人は頑張っている」と周囲に思われやすく「評価」につながりやすく、その人の価値観なども理解されやすいので、相応に報われやすいと言えます。

この風潮がいいか悪いかは微妙なところですが。

 

「頑張っても報われない」と感じたときは自分の仕事を振り返ってみよう

自己分析

どのような状況が「報われない」かは、先に述べたとおりですが、報われないと感じたときは、まず自分の行動を振り返ってみましょう。

一人で抱え込んでいなかったか、どれだけの利益をもたらしてきたか、他人に喜んでもらうような行動をしてきたかなど、求める「報酬」によって反省する点は変わってくるでしょう。

そのためには、まず自分が仕事に対してどのような「報酬」を重視しているのかを知ることが重要なポイントになります。

自分の行動を振り返るとともに、価値観を見直してみるのが大切です。

 

それでも今の仕事が「報われない」と感じたら、この2つを変えよう

将来のキャリア像を整理する

自らの価値観や行動を振り返ってみて「報われていない」と判断できたら、取るべき行動は2通りあります。
1つは自分の『行動』を変えることです。

今まで独断専行が過ぎていたなら、積極的に他者に相談する、自分の行動を自己満足で終わらせないために、他者が何を求めているのかをしっかりと聞き出すなど、行動を改善することが必要になります。

2つ目は予定調和ですが『仕事』を変えることです。

自らの行動を改善しても、評価してくれない職場というのはあります。そういった場合は、異動願を出すか、思い切って転職をするのも良いでしょう。

頑張っても報われない仕事を続けていても、自分が不幸になっていくだけです。もし転職を考えるならば、転職エージェントなどを利用すると、効率的に活動できます。

忙しくて情報収集ができない、時間的に余裕が取れにくいという場合でも、どのように転職活動を行えばいいのかアドバイスをくれますし、カウンセリングなどを通じて自分の新たな可能性を発見する場合もあります。

 

まとめ

何度も不景気を経験した現在では、転職経験者は珍しいものではありません。仕事は生活の基本となるものですが、どれだけ頑張っても報われないことが明らかならば、その仕事に固執することはでしょう。

価値観が多様化しているように、どの分野の仕事も多様化してきています。自分に合った仕事というのは必ずあるものです。

無理に報われない仕事を続けるよりも、自分の価値観などに合った仕事や職場を見つけるほうが良い人生を送れることは間違いありません。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら