30代後半職歴なしでも就職できる秘策を教えるよ

ニートやフリーター生活を続けてきた結果、30代後半という年齢にさしかかり焦る方もいるでしょう。

30代後半、職歴なし」は、正社員として就職するために絶望的だと思われがちですが、ここから就職できる人もいますので決して不可能ではありません。

とはいえ、やはり就職は簡単ではありませんので、就職ハンデをどう乗り越えていけばいいのか、その秘訣を紹介します

30代後半、職歴なしの就職が難しいと言われる理由

最初に現実的な話をしますが、やはり30代後半で職歴がないと就職は難しいです。

理由はいくつかありますので1つずつ見ていきます。

30代後半人材に企業が求める条件を満たしていない

30代後半の人材に対して企業は「マネジメント経験」「高度な専門性」を求めるケースが多いです。

当然ながら30代後半、職歴なしの人材では条件を満たしないことがほとんどでしょう。

一般社員でかつ特別なスキルがない人材を雇う場合は、「30代後半人材<20代若手人材」となってしまい、どうしても若手有利になります。

柔軟性に欠ける

30代後半にもなると確立された考え方と独自のリーダーシップを発揮できるようになり、経験やスキルが豊富な人であれば、その特徴をそのまま転職先で活かすことができます。

一方で、それは柔軟性に欠けるということでもあり、職歴がない人においてはデメリットになります。

柔軟性に欠けることで、人の話を素直に聞けない、仕事の吸収が遅い、周りの職員と馴染みにくい、といったことにつながるからです。

一般的に中高年より若い人のほうが柔軟性はあるので、企業からしたら扱いにくい存在というわけです。

年齢相応の給与を支払うことが難しい

日本企業では年齢ベースの給与テーブルが多く存在します。

本来の年齢給は、年齢相応の経験やスキルを元に設定されたものですが、経験もスキルもない人材にも同等の給与を支払う仕組みだと言い替えることもできます。

30代後半、職歴なしの人に高い給与を支払うより、20代の経験者に安い給与を支払った方が、会社的にコスパがよくなりますよね。

年齢だけ高くて経験がない人に高い給与を支払うと、他の社員からの不満にもつながりかねません。

既存社員とのアンバランス

30代後半とはいえ新人ですから、採用すると教育が必要になります。

教育は三年目社員や中堅社員が担当することが多いため、自分より年下の人に指導されることになります。

教育される方は年下の話を素直に聞けなかったり、教育する方は気を使って上手く指導できなかったりと、既存社員とのアンバランスが生まれます。

30代後半、職歴なしで就職するには仕事を厳選しよう

前項で説明したとおり30代後半で職歴がない人の就職はかなり難しいです。

ですが全く就職できないわけでもなく、戦略次第で不利な状況から就職するのは充分可能です。

具体的には職歴なし、中高年でも入社しやすい職種、業界に狙いを定めます。

下記でその仕事を紹介しますね。

1.介護職

高い将来性がありながらも人材不足のため狙い目なのが、介護職です。

介護現場において30代後半はまだまだ若い方なので、年齢がネックになることもなく、未経験採用にも積極的な傾向にあります。

無資格でも働くことが可能ですが、選択肢を一気に広げるためには資格があると有利です。

誰でも受講可能な「介護職員初任者研修」「介護職員実務者研修」のどちらかを受けておくといいでしょう。

2.営業

企業に直接的利益をもたらすことから常に需要がある営業職も、職歴なしで挑戦できる職種の1です。

営業は企業の商品サービスを基礎から学べる職種であり、特別な資格も不要です。

やる気次第では高収入も可能なので、30代後半でそれなりの給与を望む方にも向いています

どの業種でも求められる職種なので、自分の好きな業種を選ぶことができるのもメリットです。

3.建設・土木業界

建設・土木業界はやる気と人柄重視で、職歴はほとんど見ないという経営者もいます。

人材不足でもあるので求人を見つけやすく、書類選考なしで面接というケースも珍しくありません。

30代職歴なしでも十分に就職できる可能性があるでしょう。

建設・土木の資格は種類や分野が非常に細かいため、応募先で求められる資格が何かを知ることが必要です。

ただ、フォークリフトやクレーン運転士などのクレーン系免許があると重宝されることが多いです。

受験資格が緩く、数日で取得できるため取得しておくといいでしょう。

4.工場のライン作業

工場のライン作業も職歴なしで就ける仕事です。

黙々と作業できるため、人と接することや頭を使うことが苦手な方にも向いています。

資格は不要で、働きながら仕事を覚えていくため、職歴がなくても採用可能性が高い仕事です。

工場が多数ある地域を狙って探すことでより選択肢が広まります。

面接時の立ち回り方

当然ながら就職活動をする際は面接対策が必須になります。

ただでさえ不利な状況での就活ですので、万全の対策で臨まなければ就職夢のまた夢です。

具体的な対策を以下で紹介します。

職歴なしで30代後半を迎えた理由を明確にする

企業はなぜ職歴なしで30代後半を迎えたのかが気になります。

自分自身の問題で職歴がない場合は、過去を真摯に反省してる旨は必ず伝えましょう。

さらになぜ正社員として就職することを目指すようになったのか、その背景を示すことが重要です。

失敗を経て、今はやる気を持って働こうとする人材に対し、「そんなに言うなら働いてもらおう。」と感じてくれる経営者はいるものです。

親の介護や自身の病気などやむを得ない理由があった場合は、今は働けるようになったことを伝える必要があります。

人柄を見てもらう

30代後半で職歴がないことは変えようのない事実なので、下手に取り繕うより、人柄を見てもらう方が効果的です。

職歴がない30代後半であっても、以下のような人材を気に入ってくれる企業は必ず現れます。

  • 大きな声で挨拶できる
  • 笑顔で感じがいい態度
  • ハキハキとした受け答えができる
  • 正社員として働く意欲が非常に高い

「そんなのは精神論だろう。」と言う人に限って上記の基本ができておらず、職歴がない過去を悔やみ続けるだけで何もしようとしません。

面接ではとにかくやる気を見せること、人柄を気に入ってもらうことが大切です。

アルバイト経験があるならしっかりアピール

正社員として働いたことがなくても、アルバイト経験が豊富ならぜひアピールしましょう。

「アルバイト経験=職歴なし」とされることもありますが、諦めないことが肝心です。

アルバイトでも経験があると無いのとでは全く違いますし、アルバイト経験を評価して採用してくれる企業もありますよ。

まとめ

30代後半で職歴がない人の就職ははっきり言って難しいです。

しかし、過去を悔やんでいても始まりませんし、職業人生はまだまだ何十年と続きますので、今何ができるのかに目を向けることが大切ですよ。

できるだけ就職可能性が高い業種や職種を選ぶこと、面接ではやる気や人柄をしっかりアピールすることで正社員に一歩近づくでしょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

就職Shop
同じくリクルートグループが運営している20代若手向けの転職エージェント。正社員未経験験でも多数の転職成功者を輩出しています。書類選考は一切ないため、初めて転職する人でも内定を得やすい点も◎。また若手向けでは珍しく営業職以外の求人も多く揃っています。営業職から別の職種へ転職したい人にもうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎就職Shopの詳細はこちら

type転職エージェント
年収交渉力に長けた転職エージェント。転職で年収UPを目標にサポートしているため、転職後の年収UP率は70%を超えています。それぞれ業界ごとに担当が就くので、業界に精通したキャリアカウンセラーがあなたを年収UPに導きます。今の年収に不満がある人は相談してみましょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら