今の会社で給料が上がらないのなら、転職するか副業するかの二択でしょ。

今の会社で給料が全く上がらず悩んでいませんか?

給料は多くの労働者にとって楽しみやモチベーションであり、生活に必須の要素でもありますよね。

従業員の給料は勤続年数や成果に応じて上がっていくことが一般的ですが、5年勤務しても給料が上がらないなら要注意ですよ。

そこで考えたいのは「転職」「副業」という二つの選択肢です。

今回は、今の会社で給料が上がらないときに転職と副業のどちらに取り組むべきかを探っていきます。

5年勤めても給料が上がらなければ10年後も同じままの可能性が高いのはなぜ?

結論から申し上げると、現在5年以上勤務していて給料が上がっていないなら、10年後も同じままの可能性が高いです。

 

2つの理由を詳しく説明していきます。

1.経営状態が悪い可能性もあるから

「会社があるだけ有り難い。給料が上がるなんて高望みし過ぎだろう。」と思ってませんか?

そう考えてる方に向けて、給料が上がるのがごく普通におこなわれている事実を紹介しますね。

参考データとして、厚労省が公表している「賃金引き上げ等の実態に関する調査」を見てみましょう。

過去5年間に、「一人平均賃金を引き上げた・引き上げる」企業割合は下記の結果となっています。

  • 平成25年 79.8%
  • 平成26年 83.6%
  • 平成27年 85.4%
  • 平成28年 86.7%
  • 平成29年 87.8%

参照:厚労省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/12-23.html

 

見てのとおり、近年は景気が比較的安定しており、給料が上がる企業の割合も右肩上がりとなっています。

現在の景気の中で5年間給料が上がっていないのは、企業の経営状態が悪いなど何かしらの理由が考えられます。

2.「投資」より目先の「利益」しか見えていないから

企業の投資とは設備投資だけでなく、従業員の給料を上げることも含みます。

従業員にとって給料は仕事へのモチベーションを高める大きな要素だからです。

たとえ一時的に人件費が増えたとしても、従業員が意欲的に働いて業績に貢献してくれれば十分に意味がありますよね。

5年勤めて給料が上がらない企業は、目先の利益しか見えておらず長期的視点や論理的思考が欠けています。

10年後には給料が上がらないどころか、倒産している可能性すらあります。

給料を上げるなら「副業」か「転職」の二択しかない

5年勤めていて給料が上がっていないなら、そのまま同じ会社にいても給料が上がる可能性は低いということはご理解いただけたと思います。

では、この先このままひたすら耐え続けるのでしょうか?

答えは「No」です。

今の会社で給料が上がらなくても、できることがあります。

選択肢は主に二つで、「副業」をするか「転職」をするかのどちらかしかありません。

幸い、今は副業も色んな仕事がありますし、転職市場も活性化しています。

チャレンジするなら今がベストタイミングでしょう。

副業で「アルバイト」は避けたほうがいい

副業と聞くと仕事後に時給制のアルバイトなどをするイメージが思いつくと思いますが、結論から言うと止めておいたほうがいいです。

手っ取り早く稼げますが体を壊すリスクもあるうえ、精神衛生上もよろしくないでしょう。

副業をするのであれば、ネットを活用した自宅で行えるものが理想です。

今ならネットビジネスを中心として誰でも取り組みやすいものが増えていますから、ご自身のペースで行えます。

副業も転職もリスクはありますが、しっかりポイントを押さえることでリスクを回避し、収入アップにつながるでしょう。

収入を上げるための方法のうち、ネット副業か転職かを迷われる方も多いでしょう。

次項でそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

ネット副業で収入を上げるメリット

まずはネット副業することのメリットについて見て見みましょう。

1.今の環境を変えずに収入を得られる

収入を増やしたいけど今の環境を変えるのは難しい場合もありますよね。

家族の状況、本人の気持ちの問題、世間体などさまざまな事情があるでしょう。

副業なら、今の環境を大きく変えることなく収入だけを増やすことが可能です。

安定性を求める方や慎重な方には特にメリットとなります。

2.リスクが少ない

転職や起業は失敗すると取り返しがききにくいですが、副業は失敗したり嫌になったりしたらやめればいいだけです。

ネットビジネスを中心として、初期費用がかからない副業も多数あるため、気軽に始めることができます。

3.空いた時間を有効活用できる

フィリエイトなどネットで取り組める副業なら、平日の夜や週末、通勤時間中や仕事の合間など空いた時間を有効活用できます。

時給バイトのように場所や時間にとらわれることなくできるのは大きなメリットです。

ネット副業をすることのデメリット

続いてネット副業をすることのデメリットについても紹介します。

参照したうえで、よく考えて選択しましょう。

1.収入を得るまでに時間がかかる

アフィリエイトで広告収入を得る、特技を活かして製作したものを売る、どんなビジネスも芽がでるまでに時間がかかります。

転売・せどりなどでしたら話は別ですがネット副業の場合、ある程度の収入になるまでに多少時間がかかるケースがほとんどです。

ゆっくり育てていくつもりで気長にやる必要があるでしょう。

2.本業があるため疲れる、自分の時間が減る

当然ですが、日中はサラリーマンとしての仕事があるので、副業は終業後に行うのが基本です。

ですが、残業で遅くなる日やヘトヘトに疲れている日もあるでしょう。

本業に加えて副業となると、体力的な負担が考えられます。

仕事以外の時間は自分の好きなことだけをやりたい方も、自分の時間が減ることに不満を感じる可能性があるということです。

3.怪しい情報が多く出回っていて惑わされる可能性がある

ネット副業に関しては今も昔も怪しい情報が多く出回ってます。

ここであまり詳しく書くつもりはありませんが、中には「高額な料金を請求する代わりに稼げる情報を教えます」的な情報商材や高額塾も多いです。

実際に購入しても大して稼げずに泣き寝入りするケースも珍しくありません。

怪しい情報を鵜呑みにせず、自分自身で確認して検証することが重要です。

転職で収入を上げるメリット

続いては、転職について解説します。どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まずは転職で年収を上げるメリットを上げていきます。

1.長い目で見て「働きやすさ」「安定性」を手にすることができる

5年間給料が上がらない企業は将来性に不安が残りますよね。

転職が成功すると、長く安定的に働くことができます。

たとえ転職直後は大幅に給料が上がらないとしても、将来性ある企業なら定期昇給や賞与への反映、恵まれた福利厚生などで長期的な収入アップが叶います。

2.転職が即収入アップにつながることもある

収入が上がるまでに時間がかかる副業に比べ、転職は働き始めたその月から収入アップが叶います。

ベース賃金が企業によって異なるため、勤務先を変えるだけで即収入アップが見込めるのです。

今すぐにでも収入を上げたい方は転職が一番手っ取り早い方法です。

転職することによるデメリット

続いて転職のデメリットについて紹介します。

転職は人生を左右するものなので後悔しないためにも、しっかりとデメリットもチェックしときましょう。

1.環境が変わって後悔する可能性もある

転職して収入が上がったとしても、環境は大きく変わることになります。

場合によっては

  • 「前職の方が人間関係に恵まれていた。」
  • 「労働時間が増えてハードになった。」

など、環境の変化によって後悔する可能性もあります。

2.収入が上がるとは限らない

転職すると評価制度自体が変わるため、必ずしも収入アップにつながるわけではありません。

募集の段階では給料が高いと思っていたのに、入ってみたら思うように評価されずに収入が下がってしまう可能性もあるでしょう。

求人内容の見極めや企業研究、面接等でしっかり確認するなど慎重な活動が求められます。

転職して年収を上げるなら転職エージェントの活用は必須。

そして転職で年収を上げるために重要なのは「転職エージェントを必ず利用すること」です。

前述したとおり、転職しても年収が下がるケースは非常に多いです。

むしろ転職して年収が上がるケースのほうが珍しいくらいです。

なので、何も考えずに転職をしても年収が上がるどころか下がる可能性が高いでしょう。

転職して年収を上げるのであれば、入社前に企業との交渉もある程度必要になってきます。

転職に慣れてない人がいきなり転職して年収を上げるのはハードルが高いと言わざるを得ません。

そこで活用すべきなのが転職エージェントです。

転職エージェントは企業との年収交渉も代わりに行ってくれますし、表には出てこない魅力的な求人も多く持ってます。

年収UPを目的に転職するのであれば、年収交渉に長けた転職エージェントをチョイスするといいでしょう。

年収交渉長けてるのはtype転職エージェントが上げられます。

type転職エージェントは年収UPを目的とした転職に強いエージェントで、転職後の年収UP率は70%以上の数値を出しています。

転職して年収が下がる人が多い中で、この数値は異常とも言えますね。

年収UP率が高い理由としては業界、職種ごとに専任のキャリアアドバイザーがサポートする点にあります。

業界の知識が豊富かつ、年収交渉力にも長けてるからこそ実現できてるということです。

登録からサポートまで全て無料で利用できますので、料金は一切発生しません。

まずは登録して自分がどのくらいまで年収が上げれそうか確認してみるといいでしょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら

まとめ

5年勤務しても給料が上がらないなら、転職か副業をすることをおすすめします。

どちらもメリット・デメリットがあるため一概に比較はできませんが、大切なのは、自身の状況や性格に合った方を選択することです。

今の会社で給料が上がらなくて悩む方はぜひ検討してみてください。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら