会社に必ずいる面倒くさい上司の接し方。タイプ別に対処方法をシェアするよ

社会人になって会社勤めをしてみると、面倒くさい上司って必ずいますよね。

オヤジギャグなどの罪のないものから、暴言を吐き散らすパワハラ型や、ネチネチと嫌味を言い精神的にやられるタイプまで。そんな面倒くさい上司達の対処方法についてお伝えします。

よくいる面倒くさい上司のタイプとその対処法

当たり前かもしれませんが一言に面倒くさい上司と言っても、色んなタイプの人がいます。それぞれ対処方法も異なりますので、 立ち回り方をしっかり把握しておきましょう。

タイプ1.すぐ怒鳴る上司

IncomeUpDown

「バカヤロー」「なにやってんだ!」とすぐに怒鳴る上司って、怒鳴られている当人以外も不愉快ですよね。俗にクラッシャータイプなんて呼ばれたりします。

このタイプに共通しているのは「異常にプライドが高い」「その内実、傷つきやすい」というまさに面倒くさい性格そのものです。

<すぐ怒鳴る上司の対処法>

実はこのタイプは、意外と扱いやすいんです。

偉そうにしているけど本当は傷つきやすい、という点を考慮「強がっているだけなのね」「かわいそうな人だな」と敬して遠ざけておけば大丈夫です。ただ、表情には出さないようにしてくださいね。

あとは、同僚の間で決まりごとを作っておくのも有効です。雲行きが怪しくなってきたら「○○さん、××さんが呼んでいるよ」などと助け舟を出してあげましょう。

一時的な感情で怒鳴っているだけなので、あとに遺恨を残すことはほとんどありません。

タイプ2.嫌味を言う上司

嫌味

ネチネチと重大でもないミスを取り上げて嫌味を言うようなタイプの上司は、性格上かなり屈折しています。

自分に自信がない、嫉妬深い、完璧主義など、とにかく精神的に余裕がないのが特徴です。

<嫌味を言う上司の対処法>

嫌味を言う人って実にバリエーション豊かなんですよね。いちいち気にしているとキリがないので、嫌味ではなくただの「口癖」だと思って流しましょう。

例えば以下のような嫌味を上司から言われたとします。

上司からの嫌味の例

  • よく契約が取れたね。そんなプレゼンで。
  • 資料のここ間違ってるよ。人事はどこ見て採用したんだ。
  • 有給取るんだって?この忙しい時期に。

これらのセンテンスの後半はただの口癖です。

自分の頭の中で「じゃん」とか「だね」など言葉を置き換えたり、心理を代弁してイライラしないようにしましょう。下記のように自分の頭の中で変換しちゃうのが得策です。

上司からの嫌味を変換した例 

  • 良く契約が取れたじゃん。
  • 資料のここ間違ってるよね。
  • 有給取るんだって?いいなあ。

ほら、これだけのことでイライラしなくなりますよね。どうしてもムカムカが収まらない時は、同僚を誘って飲み会の席でうさ晴らしをするのもいいですよ。

タイプ3.キレ者

キレ者

仕事ができる優秀な上司。会社にとってはありがたい存在ですが、直属の部下ともなると話は別です。

デキる人というのは、他人が自分と同じようにできないことに疑問を持ったりイライラしたりします。頭のいい人ってよく言いますよね。「なにが分からないのかが分からない」って。そんな上司にはこんな対処の仕方が一番です。

<キレ者上司の対処法>

このタイプの上司に即効性のある対処法はありません。ひたすら安心感を与えることです。

コツコツと小さな仕事を確実にこなし「この仕事なら○○に任せて大丈夫だな」となると、驚くほど人間関係もスムーズになるのがこのタイプの上司の特徴です。

あなたの頑張りによっては、むしろよき理解者となってくれることでしょう。

タイプ4.オヤジギャグ

オヤジ

こんなの可愛いものじゃないかと言われても、当の本人にとっては面倒くさいこともあります。基本的に害はないのですが、あまりにも面倒くさい時は必殺の言葉があります。

<オヤジギャグ上司の対処法>

オヤジギャグ撃退のマジックワードは「なるほど~」です。なるだけ真顔で感心した風に言ってください。

オヤジギャグは別に深い考えがあって言っている訳ではないので、真面目に感心されると逆に引かれます。人間心理を利用したテクニックと言えます。

ただ、上司なりのコミュニケーションなので、余裕のある範囲で付き合ってあげるといいでしょう。

タイプ5.必要以上に細かい

不満

仕事では、ときに緻密さを求められるものですが、どうでもいいレベルのことにまで口を出してくる上司は厄介なものです。特に大雑把なO型タイプの人とは相性が悪い傾向にあります。

<必要以上に細かい上司の対処法>

必要以上に細かいタイプの上司には、やはり丁寧に仕事をするのが一番です。そのほうが上司も納得しますから、結果的に円滑にコミュニケーションが取れます。

仕事に対する姿勢は真面目であることが多いので、そういった意味では尊敬に価するタイプの人とも言えます。自分の中で尊敬の対象にしてしまい、あえてストレスから遠ざけるのも一つの手です。

まとめ

以上、面倒くさい上司の典型的タイプと、その対処法についてお届けしました。

ただ、面倒くさい上司も本当は寂しいだけだったりするので、思い切って飲みにいってコミュニケーションをとってみると、実はそんなにいやな人間でもなかったというケースも多いです。

人間力向上のトレーニングだと思って誘ってみるのもいいかもしれませんよ。ストレスにならない程度に付き合ってみてもいいでしょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら