新卒入社で転職のベストなタイミングは、ズバリ「2年目」

激しい競争を勝ち抜いて、ようやく内定を得たのに、予想外にブラックだったり、滑り止めで入社できたけど、希望の企業へ転職したいなどなど、入社間もなくして転職を考える人もいるのではないでしょうか。

転職を考えた際に気になるのは、入社して日が浅い状態で転職して次のステップへ順調に行けるかという点でしょう。結論から言うと、転職を望むなら2年目で転職するとメリットが多くあります。

今回は新卒入社した際の、転職のタイミングについてお話しします。

 

企業が第二新卒を採用する理由

第二新卒

新卒入社して間もない状態で転職活動をするのは、第2新卒として就職活動をすることになります。第2新卒として求められているのは、「最低限のビジネスマナーを身につけていること」です。

新卒枠で就職活動中にセミナーなどに参加して、ビジネスマナーがどのようなものかを学んだ人も多いでしょう。

入社した後では、そのビジネスマナーがしっかりと身についているかどうかで任される仕事が変わったりします。

社会人1年目として求められることのほとんどは、そのビジネスマナーがしっかりと身につけることが期待されます。

企業側も入社してすぐに大きな活躍ができるとは誰も思ってはいません。そのため、転職活動をするときに第2新卒として就職活動を行なうとかなり有利になることがあります。

 

なぜ2年目が転職にベストなタイミングなのか?

考えるビジネスマン

新卒入社からの転職を考えた際、転職のタイミングをいつにするか悩むことでしょう。冒頭でも話した通り、ベストなタイミングは2年目だと考えられます。その理由をいくつかピックアップします。

理由その1:一年勤めると失業保険が得られる

会社を辞めてから転職活動を行なう場合、時間がかかる可能性を考えると、どうしてもそれなりの資金が必要になります。

貯金があれば言うことなしですが、社会人1、2年目では蓄えがほとんど無い可能性も高いでしょう。そうなると必然的に失業保険などの社会保険を利用することになりますね。

失業保険は一定期間労働すると受給資格が得られるようになりますが、1年間勤めたら確実に受給資格が発生します。

逆に言えば、1年未満ですと受給条件を満たしていないので、失業保険は受給できません。結果的に資金面で困るケースも多く、アルバイトをしながらの転職活動を強いられることも。

理由その2:何だかんだ言って若いほうが転職に有利

転職市場を見ていて、間違いなく言えるのは「転職は若いほうが有利」ということです。もちろん経験を積んでから転職に臨んでも問題ありませんが、20代の若い期間を逃すと誰であっても取り戻せません。

「時間」という有限な資源を考えると、転職するなら若いうちがベストのような気がします。キャリアチェンジも若いほうが切り返しが効きますからね。

理由その3:第二新卒の需要が高まってるから

1年目で転職することは世間で白い目で見られがちですが、企業側からするとビジネスマナーにかけるコストが浮きます。

そのため、第2新卒や1年でも社会経験を積んだ人材は非常に需要が高いものとなっています。1、2年で転職すること自体に悪いイメージを持っている所は少ないです。

さらに今は第二新卒の需要が増えていると言われていますが、その理由の一つとして「助成金」があります。ここ最近、第二新卒を採用すると貰える助成金があり、企業向けのセミナーも各地で開かれてるくらいです。

つまり、国が第二新卒の採用を後押ししているということになります。この手を逃さない手はありませんね。

 

新卒2年目で転職する際は、転職理由をしっかり練るべき。

将来のキャリア像を整理する

転職する理由は人それぞれですが、転職活動を成功させるためには、面接官をどのように説得させるかにかかっています。キャリアが短いのですから、どのような貢献ができるかは重視されていません。

自分の行動について、客観的に説得力をもって説明し、志望した企業になぜ応募したのかをきっちりと説明することができれば、問題なく転職活動は成功するでしょう。

どのような将来設計があるにせよ、自分の希望と転職先が希望する人材なのかのすり合わせは必須事項となります。

どこまで譲れるのか、どこが譲れない条件なのかを明確にしたうえで、転職活動を行なっていくようにしましょう。

どう面接官に相談すればいいのか悩む場合は、転職エージェントで相談しましょう。特に第二新卒に強いUTWO(ユーツー)は、心強い味方になるでしょう。第二新卒や既卒に特化してるだけあって、面接の通過率も高いと評判です。

スクリーンショット 2015-11-27 17.07.03

>>UTWO(ユーツー)に登録する

 

まとめ

経験の浅い新卒入社のビジネスパーソンにとって、転職のタイミングは難しいところでしょう。しかし、意外と第二新卒の需要は高まっているのが現状です。これを好機として捉えて行動していきましょう。

とはいえ、志望動機やなぜ1年で転職を考えたのかを論理的に説得力があるように説明できなければ、転職活動は失敗する可能性があります。

辞職した理由、転職動機についてはしっかりと受け答えができるように準備しておくことをお勧めします。 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

新卒でブラック企業に就職してしまった若者よ、第二新卒枠で転職する手もあるぞ。

就活失敗はむしろチャンス?第二新卒の需要がヤバイ件について

新卒の就活で失敗したと感じたら、第二新卒枠で転職を狙うべし。

新卒で入った会社がブラック企業だったら辞めるべき?悩めるルーキーに捧げる判断方法...

第二新卒でなかなか受からない人の4つの特徴と受かるための3つのポイント

新卒3年以内での転職は不利?その実態を調べてみた。