転職成功者は知っている!内定を獲得できるエントリーシートの書き方とコツ

転職時に記入するエントリーシートとは、転職者の挨拶代わりになる重要な書類です。

企業に応募する際に、誰しもが作成した経験があるでしょう。このエントリーシートの充実こそが、採用に向けての入口となるのは間違いありません。

今回はエントリーシートの完成度を高めて企業に提出するために、どのような作成方法が良いのかをお伝えしていきます。

 

エントリーシートは流れ作業で見られることを意識しよう

流れ作業

企業の採用担当者は、人気企業であればあるほどより多くのエントリーシートを確認する事になります。

書類選考は、言わば流れ作業のように行われると言っても過言ではありません。そのため、見づらいエントリーシートは採用担当者が細部まで目を通さない可能性があります。

まずはできるだけ見やすい構成を考え、段落や空白、文字の大きさやタイトルなどの見た目に気を配る必要があるのです。

見た目から内容を把握し易ければ、採用担当者が注目する確立が上がり、手にとっていただける可能性が高まるのです。

 

結論を先に書くことが基本。短文で的確な表現を心がける

エントリーシートの入力

転職者は、エントリーシート作成というと、どのような内容を記載するかどうかに神経を使っている事が多いでしょう。

もちろん、内容を充実させる事は大事ですが、文章を詰め込みすぎて小さい字になったり、文字が多くなったりして見づらくなっては意味がありません。

まずは文章構成の基本として、結論を先に書きましょう。なぜ結論を先に書くのかというと、先述したとおりエントリーシートは流れ作業で確認されることが多いからです。

文章の最後まで見ないと結論がわからないようでは、採用担当者が内容を理解する前にゴミ箱行きになる可能性が高くなります。

エントリーシートを作成する際は、自分が採用担当者の立場になって考えるのがコツです。

どのような文章や表現方法であれば受け手がストレスなく確認ができるかという視点で作成しましょう。

 

エントリーシートに全てを記入するのは危険?面接を見越した内容を記載しよう

自己分析

採用活動の窓口に当たるエントリーシートですが、当然そこから選考が進むと面接をする事になります。

例えばエントリーシートの自己PR欄で自分のアピールポイントを全てを記載すると、面接時に書類内容を言葉にしただけの自己アピールになります。

つまり、エントリーシートで記載した内容と、面接時に話す内容がカブってしまうということです。

そこで、アピールしたい内容をあえて隠す事で、面接時に回答できる幅を持つと良いでしょう。アピールポイントの引き出しを隠し持っておくということです。

そうすることにより、エントリーシートから面接を連結させて理解しやすい自己アピールが可能になります。

エントリーシートによる書類選考は非常に重要な要素ではありますが、あくまで転職活動の内の一部。

そしてその役割は、自身を売り込む窓口と、面接時に自己アピールを行いやすくする説明書です。

面接まで想定した文章の書き方を考えて、スムーズな採用活動ができるようにするのがエントリーシートの役目であることを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

大企業であればあるほど応募者が殺到し、採用側からするとエントリーシートを拝見する機会が多くなります。

エントリーシートの作成において、採用担当者がすぐに理解できるような見た目で構成することが何より大切です。

見る側の視点で書類を作成する能力は、入社後にも必要になりますから今のうちに身につけておくといいでしょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

関連記事がありません。