仕事が辛いなら無理して続けることはないけど、次の展望だけは決めておこう

仕事を辞めたいというのは、誰しも一度は思い悩むことです。

そこで仕事を続けていくか、辞めてしまうかは、その本人を取り巻く環境や考え方、キャリア計画などがあるでしょうから、一概に辞めてしまうのが良いとは言うことはできません。

しかし、仕事を辞めるにしても、事前準備は大切です。

 

今の仕事を辞める前に自己診断をしてみよう

自己分析

仕事が辛いと感じるのは人それぞれで違いがります。

人間関係で辛く感じているのか、拘束時間が長くて辛く感じているのか、そもそも今の仕事に向いていないと感じて辛くなっているのかなど、さまざまな要素があるでしょう。

中には今抱えてるトラブルが解決してしまえば、そのまま続けていけるケースも多くあります。その問題が一時的なものなのかも踏まえたうえで考えるべきです。

漠然と「なんとなく辛く感じる」というだけでは、どんな行動をするにしてもモチベーションがさがるだけで何の解決にもなりません。

何が原因で辛く感じているのかをしっかりと自己診断を行ない把握することは、次の行動のために必要なことです。とにかく自分のなかの「曖昧」な部分を徹底的に洗い出してみましょう。

 

仕事を辞めることを決めたら、次のために準備を

転職活動中

しっかりと自己診断を行なって、それでも今の仕事を続けていけないと判断したならば、自分が望む仕事を掴むための準備に入りましょう。

仕事の引き継ぎや転職活動を行なう時間、会社側としても場合によっては人材を補給しなければならないことを考えると、およそ3ヶ月ほどの期間を見ておいたほうがいいでしょう。

その間に担当している仕事の引き継ぎを済ませ、転職エージェントなどに登録し、次のステップへと向かうのが理想です。漠然とした理由で仕事を辞めてしまうと、このような行動ができにくくなります。

離職後はハローワークに行けば失業保険の給付を受けることができますが、期間は数ヶ月ですし、給付額は前職での給与の約8割程度になりますから、それほど当てにすることはできないでしょう。

また、次への目標が無いと、ただ自分が腐っていくような感覚に襲われ、さらにモチベーションが下がっていきます。

場合によっては社会復帰が困難になることもあります。仕事を辞めると決めたら、次の展望や目標もセットで考えましょう。

 

辛い仕事を続けてても未来はない

辛い仕事

原因の把握をせずに「仕事が辛い」と感じたまま続けていくと、充分なパフォーマンスが発揮できません。

それに対応するには、自分で原因を掴むことが第一に挙げられます。その上で、今の勤め先で仕事を続けていけるのかを判断し、必要な行動を起こしましょう。

今の仕事で将来の展望が見えないなら、早いうちに転職することをお勧めします。そのほうが自分にとっても会社にとっても損失を防ぐことができるからです。

人生の時間のうち、3割近くを「仕事」に費やすことになります。貴重な時間を使うのですから、それを無駄にしないためにも貪欲な姿勢でいることが肝心だと個人的には考えています。

どのような仕事であれ辛く感じるときもあれば、楽しく感じるときもあるものです。その中で自分がどのように生きていくのかを見つめる機会もあるでしょう。

仕事を辞めたいと感じたときは、その価値観を見直すチャンスです。しっかりと自分を見直して後悔しない人生を送っていきたいですよね。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら