今の仕事が辛いなら、うつ病になる前に会社を辞めるべき理由

仕事をしていく中で、大変な事や苦労が重なり、辛いと感じる時期は誰にでも訪れるでしょう。

もちろん、その辛さを乗り越えて生活をしていかなければならないのは間違いありません。

ただし、辛い仕事を我慢して続けていくと、うつ病となって体に悪影響がでてしまう可能性もあります。

では、仕事が辛いと感じた時は、うつ病になる前に辞めるべきでしょうか。

 

うつ病は現代病。誰がなってもおかしくない。

うつ病と転職

うつ病というのは、現代社会において認知度は高いほうでしょう。

しかし、その本質を認知している人は、それほど多くないかもしれません。

うつ病は、心身のバランスが崩れる事によって、生活に気持ちがついて来ないという症状です。

本人は苦しいのですが、周りから見ると理解されにくく、うつ病は甘えという風に捉えられる可能性もあります。

一度うつ病になった人は、その精神状態が日常化します。

常に憂鬱感があり、頑張りたい気持ちがあっても少しの苦痛でパニックになったり逃げ出したりしてしまうのです。

そうなると、普通に仕事を行うことすら困難になってきます。

 

一度うつ病になったら社会復帰は大変。再発の恐れも。

仕事やめたい 転職したばかり

仕事を通してうつ病になることは、社会の流れからリタイアするようなものです。

うつ病は心の病気なので、一度うつ病になってしまうと心がうつに切り替わってしまいます。

治療をするには、一度仕事から離れ、専門のカウンセリングや薬などで長期的に対応することになります。

また、治療が成功して仕事に復帰しても、心の免疫力が低下しているため、再発する可能性もあります。

そうすると、せっかく復帰してもすぐに仕事から離れる事にもなりかねます。

うつ病への一番の対策は、まずうつ病にならない事なのです。

 

仕事はどのタイミングまで続けるべきか?

ブラック企業 社畜

仕事が辛いと感じた時、それをきっかけにうつ病になる事は避けるべきです。

しかし、うつになりたくないからといって仕事をすぐに辞めていては、何もできない人間になってしまいます。

では、どこまで頑張って耐えるべきなのでしょうか。

判断基準としては、自分でうつ病と決めない事でしょう。

そもそも、うつ病とは自己申告で決めるものではないのです。仕事が辛くなった時、気分が落ちる事は必然です。

その必然の事をうつ病としていては、何度も仕事を辞めなくてはなりませんし、経歴にも傷がついてしまいます。 

うつ病は怖い病気ではありますが、自分でうつ病と判断して仕事を辞めることは結果的に良くありません。

ですが、もし第三者に指摘された時や、頑張ろうとしていても身体がついてこない日が続けば、退社を考える時期に差し掛かっているのかもしれません。

また、無理せずになるべく早い時期に専門医にかかり、アドバイスを仰ぎましょう。

本当に仕事を辞めるべき状態でしたら、専門医からも何かしら指示があるはずです。

その時は無理せず、うつ病になる前に会社を辞めたほうがいいでしょう。

 

安心して会社を辞めるためには

グッド転職

いくら身体のためとは言え、会社を辞めることに抵抗がある人も少なくないでしょう。

理由は色々あるでしょうが、一番の理由は「次の仕事が見つかるか」という不安だと思います。

ですので、なるべく会社を辞める前に転職エージェントに登録して、自分が他の会社に転職できそうかどうかを確認しておきましょう。

求人を見てみると、意外と自分が応募できそうな求人が多いことに気づくと思います。

また、親身になってアドバイスをしてくれるエージェントもいるので、心強いパートナーになるはずです。

転職への不安がなくなれば、たとえ会社を辞めても変に焦ることもありませんから、心に余裕を持つこともできます。

転職に対するハードルを下げておけば、会社を辞めるハードルも下がりますので、結果的に自分の身を守ることに繋がるというわけです。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら