転職業界でスタートアップ企業が人気らしいけど、労働条件はブラック企業並みだよ。

スタートアップ企業ってご存知ですか?転職業界でも昨今人気のこの企業は、まだ日本では正確に認知されているとは言えないのが現状です。

ベンチャー起業となにが違うのか、ブラック起業ではないのか。今回はその実態と問題点について迫ってみたいと思います。

スタートアップ企業とは?ベンチャー企業との違い

スタートアップ企業

まずはスタートアップ企業が何なのかわからない人向けの解説。スタートアップ企業の定義について触れていきます。

そもそもスタートアップ企業ってなんぞや?

もともとスタートアップ企業とは、アメリカのIT関連企業が集まっているシリコンバレーで使われ始めた言葉で、意味は起業したばかりの企業のことです。

でも、これだけですとベンチャー企業にも当てはまりますよね。その違いについては次項で説明します。

ベンチャー企業との違い

ベンチャーというのは今では当たり前のように使われていますが、もともと和製英語です。英語だと、投資する人や企業のことを指します。スタートアップ起業を簡単に説明すると・・・

新しいビジネスモデルを生み出し、短期間で急成長を狙う。そんな人たちの一時的な共同体』ということができます。

日本のベンチャー企業との一番の違いは、イノベーション的な視点にあります。世の中にはないビジネスモデルやサービスなどえリリースすることが目的にあることが殆どです。

日本のベンチャーは継続的に利益を生み出すことを目的としているので、根本的には別物です。国内でも最近、本当の意味でのスタートアップ企業が現れ始めています。

スタートアップ企業が注目される理由

 メリット

続けてスタートアップ企業が何故ここまで注目されてるかについて解説します。

1.爆発的な利益が期待される

スタートアップ企業はこれまでにないサービスを提供してることが多いです。それが上手くヒットすれば、将来的に爆発的な利益が期待され、会社の急成長も見込めます。

ニッチな市場だったり新たなビジネスモデルで爆発的に収益を上げられる点が、スタートアップ企業の一番の存在意義です。

2.イノベーション革命で今までにない生活様式を生み出す

昔はテレビ電話など考えられませんでしたが、今や携帯端末ですらそれが可能になっています。

スタートアップ企業は新しいイノベーションを生み出すことを使命としています。単に利益だけを追い求めるのではなく、信念と情熱を持っている点がその他起業との違いです。

3.同じ目的を持った同士の集団

利益だけではなく同じ情熱をもって世の中をもっと便利にしたいと考える人々が集まったのがスタートアップ起業です。当然モチベーションや士気が高く、仕事をする上で非常にやりやすい関係性が構築できます。

割と意識高めなビジネスパーソンで固められてるのも、スタートアップ企業の大きな特徴です。 

スタートアップ企業の労働環境の実態

DannaBlackCompany

スタートアップ起業とベンチャー企業の違いについて説明してきましたが、実は労働環境については非常に似通っている部分が多いです。

最近では、スタートアップ企業への転職を神格化してる風潮もありますが、労働環境の実態を抑えておかないと転職後に後悔することになります。

今回は敢えてメリットではなく、デメリットの部分にスポットを当てて紹介したいと思います。

1.経営者の能力が以上に高い

一代で会社を大きくした社長などをもそうですが、リスクを犯してあえてスタートアップ起業を立ち上げようとするような経営者は能力がとても高いです。

そのため「自分にできることは、他の人でもできる」と考えてしまいがちです。結果としてできないならできるまでやれ」という体質が出来上がりやすくなってしまいます。

2.経営者の要求が高い

スタートアップ起業の経営者になるような人は頭の回転も速く、人が2時間かかる仕事を1時間で終わらせたりします。困ったことに本人はそれが特異なことだと思いません。

だから、他人ができないことが不思議で仕方がないのです。その結果、自分が8時間で出来る仕事を勤務時間内に終わらせるが当然と思い、過酷な残業が発生したりします

3.労働環境の未整備

とかく利益を追い求めるのに重点を置くあまり、利益に結びつかない環境整備は後回しという傾向があります。

後に改善すると言い聞かせてる経営者も多いですが、会社が儲からなければ。いつまで経っても改善されないままです。そうなるとブラック企業と殆ど変わりませんよね。

4.残業は当たり前で、アフター6とは無縁

前項の労働環境の未整備に当てはまる項目ですが、スタートアップ企業で定時に帰れる会社はほとんどありません。

創業して間もない状態なわけですから、当然ながら仕事量も膨大で忙殺されることが大半です。そんな中で定時で帰ろうもんなら、周りから白い目で見られます。

アフター6を堪能したい人は、スタートアップ企業に入るべきではないでしょう。

5.倒産リスクが高い

実は、スタートアップ企業が成功する確率はそう高くありません。むしろ限りなく低く、失敗する確率は93%という統計まであります。

特にここ最近のスタートアップ企業は、パトロンなどから調達した資金をもとに食いつないでるケースが多いです。調達資金が底をつくまでに、サービスをローンチして利益を上げていくかがカギです。

順調に利益が拡大していけば問題ありませんが、当然上手くいかないケースも往々にしてあります。そうなった場合、しばらくの間の活動資金として、新たに資金調達をするわけですが、状況によってはパトロンから資金援助を打ち切られることもあります。

 スタートアップ企業にとって、資金調達は生命線とも言えますが、ちょっとしたきっかけで生命線が切られる可能性が高いのも大きなリスクです。

スタートアップ企業で本当に働きたいのか、今一度確認しよう

考えるビジネスマン

最近は一部でスタートアップ企業への転職を持ち上げてる節がありますが、どうにも違和感を感じます。

前項でスタートアップ企業のリスクについてまとめましたが、冷静に見てみるとブラック企業と紙一重な部分がけっこうあります。

スタートアップ企業の求人を見てみても非常に工夫されており、「ここで働くと楽しそう」みたいな印象を受けます。でもこれってブラック企業の求人とかでもよくある傾向ですよね。

実際に働いてみると、予想していたのと違うなど、アンマッチも多く発生していて、結果的に不幸な結末で終わってることも多いわけです。

特に労働環境面から見ると、ブラック企業とほとんど変わりません。そんな中でスタートアップ企業へ転職する意味は何なのでしょう?

私が思うに、スタートアップ企業で上手くやっていける人は、良くも悪くも仕事が全てって人が多い気がします。あとは世にないサービスを生み出したいなど、根っからのイノーベーターとかも相性がいいでしょう。

たとえ労働環境は苛酷でも「自分が世の中を良くするんだ」と、志を持って仕事ができる人が結果的に上手くいってます。そういった志の高い人から見れば、ただのブラック企業とはまた違った意味を見いだせるのではないかと思います。

日本ではまだスタートアップ企業の存在は身近ではありません。ベンチャー企業にしてもどちらかといえばイノベーション革命というよりは、今ある技術やサービスを利用した展開がほとんどです。

本当の意味でのイノベーション革命を志した同士の集団ができたときに、日本の労働スタイルも転機を迎えるのかも知れませんね。

いずれにしてもスタートアップ企業へ転職する前に、自分のスタイルと考え方が、本当にマッチするのかを見極める必要があります。間違ってもプライベート重視な人はスタートアップ企業には入るべきではありません。

まずは自分にとって、仕事がどういう位置づけになってるかを確認してからスタートアップ企業への転職を考えても遅くありません。

今後もスタートアップ企業が増える傾向はしばらく続くでしょうから、焦って転職する理由もないはずです。

まとめ

スタートアップ企業への転職が注目されていますが、それなりにリスクも高いことを知っておきましょう。

失敗する確率が高いのは通常の転職とも変わりませんので、変な憧れを抱かず、冷静に見極めて検討してみてください。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら