ソルジャー採用されないために、就活で注意すべきポイントをシェアするよ!

近年、就職活動中の学生等の間で「ソルジャー採用」という言葉をよく耳にします。

ソルジャー採用というのは、一言で説明すると「年数を重ねても出世できない駒としての採用枠」といえるでしょう。

特に大手企業に見える傾向であり、インターネット上ではソルジャー採用を避けたがるという意見の学生も多いです。

しかし、このソルジャー採用は入社してから気づいたというケースが多く、後から後悔してしまうことも多々あります。

では、このソルジャー採用は、どのように見抜くべきなのでしょうか。

 

ソルジャー採用とは何か

ソルジャー枠

ソルジャー採用とは、戦士のように常に最前線で働く人を採用するというサラリーマンの隠語のようなものです。

代表的なのが多くの人数を割く必要のある営業担当や販売担当、現場担当などの仕事にあたります。

大企業の内定を得たものの、ソルジャー枠として、バリバリの営業に駆り出されて鬱き目に合うという話はよくあります。

また、管理職への出世コースに乗り辛いのも特徴で、いつまでたっても平社員のまま働くことを前提で採用する場合が多いです。

そのため、人数の頭数としての扱い要素が強く、企業はハイリスクローリターンで職務に従事させる社員を採用します。

そもそも企業としては、使い捨て前提で採用していることも多く、出世の機会もなかなか望めません。こうした背景がある為、最近ではソルジャー採用枠を避けて就活を行う人も増えてきています。

 

ソルジャー採用の先に待ち受ける運命は、けっこう過酷

転職 失敗

ソルジャー採用は、企業にとって都合の良い人を雇うためのものです。

企業は元々キャリアアップさせるつもりがないので、年を重ねても責任のある仕事を任せるというケースは稀です。

ですので、なかなか昇格するチャンスが巡ってこず、いつまで経っても現場のキツい仕事から抜け出せないという悪循環に陥りがちです。

そして、後から入社してきた管理職候補にすんなりと立場を追い越され、自身は最前線の現場で頭数として長時間の労働を強いられる、なんてケースも珍しくありません。

営業や販売の仕事が好きでやっているという人ならそれでも問題ないかもしれませんが、仕方なく嫌々やってる人にとっては地獄以外のなにものでもありません。

そうなってくると当然、転職せざるを得なくなるのですが、これまで現場仕事に関するスキルや経験しかないため、転職先でも同じような配属になる可能性が高いのです。

転職しても現職を続けても、過酷な運命になってしまいやすいのが「ソルジャー採用」です。

 

ソルジャー採用されないためのチェックポイント

分析

ソルジャー採用を見抜くためのポイントとして、募集要項の文言の中に相違や矛盾、疑問がないかどうか確認するクセをつけましょう。

例えて言うと「管理職候補の募集」と記載があるにも関わらず募集人数が多数である場合は、より優れた一名を選ぶために多数を犠牲とする手法と捉える事ができます。

「完全実力主義」の強調する企業は、営業で結果が出ない人に対して蔑んだ対応をすることがほとんどです。

求人で使われている「言葉」に注目し、その裏の意図を探れば、自ずと避けるべき企業が見えてきます。

また、会社の売上や利益、資本金などの数字を公表している企業が多いので、従業員数がおおよそ適正かどうかもチェックしておくべきです。

募集要項の時点で疑問点を全て確認し、面接でしっかりとした返答を得られるように持っていきましょう。

企業はソルジャー採用の意図を隠して求人を出してきます。就職希望者は募集要項を確認し、全ての事柄に対して一度疑問を持つべきです。

そして、矛盾点や相違点が出てきたら、企業の裏側にある意図の可能性を疑い、面接で質問としてぶつけるべきでしょう。

事前に準備し、面接でその疑問を解消する事が、ソルジャー採用を避けるポイントになります。

 

まとめ

人生を左右する就職において、使い捨て前提の採用はされたくないはずです。

しかし、企業にとってもまた、利益を上げるためには、ソルジャー枠の人材が必要不可欠なのもまた事実です。

就職活動をする際は、企業側の事情を把握したうえで行動し、求人に記載されている言葉を鵜呑みにしないようにしましょう。

ソルジャー採用されない為には、自分が主導権を握るつもりで活動していくことが重要になってます。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら