夜疲れてるのに、なかなか寝れない人は要注意!入眠障害を克服して快適な睡眠を得る方法

体は疲れてぐったりとしているにも関わらず、妙に意識がはっきりとしてしまいなかなか寝付けないという経験をしたことがある人は多いと思います。

これが数日のことなら心配する必要はありませんが、1週間、1ヶ月と続いているなら「入眠障害」かもしれません。

入眠障害は、年齢や性別に関係なしに起こる不眠症の一つです。入眠障害の原因と克服する方法について紹介していきます。

 

入眠障害とは

入眠障害

入眠障害とは、眠りに入るまで30分から1時間以上かかる不眠症の一種です。通常の場合は、10分から15分程度で眠りに入ることができるという統計結果がありますが、入眠障害では長時間眠りに入ることができません。

なかなか寝付けず、苦痛を感じた経験がある人は多いと思いますが、これが長期間続くようですたら入眠障害が疑われます。

ストレスが原因で入眠障害になることも

入眠障害の原因の一つにストレスが関わっていると考えられています。ストレスがたまっていると、自律神経が興奮状態となり、交感神経が優位に働くようになります。

交感神経が優位に働いている状態は、起床している時と変わらない状態です。いつでも動き出せることを意味していますので、夜寝れないのは当然と言えるでしょう。

体温が高いままだと眠りに入りにくい

人は、眠りに入るときには体温が1度近く下がると言われています。眠る直前に食事をとったり入浴したりすると体温が高いままとなり、眠りに入りにくくなることがあります。

生活習慣を見直して、眠りに入る3時間前には食事をすまし、1時間前には入浴を終えるようにすると、改善されていきます。

体内時計も入眠障害の一因

人間には体内時計が備わっているという話を聞いたことがあると思います。

一定の明るさ以下では、脳内でメラトニンというホルモンが分泌されます。このホルモンは眠りの準備をするためのホルモンで、この分泌量が低いと眠気が来ることはありません。

メラトニンは500ルクス以下の光量で分泌量が増加すると言われています。起床して朝日を浴びると体内時計がリセットされるメカニズムはここに関係しているようです。

起きてから光を浴びることでメラトニンの分泌が抑制され、体が目覚めた状態になります。早寝早起きが体にいいと言われているのは、人体のメカニズムから合理的と言えます。

 

入眠障害を克服するには

入眠障害克服

入眠障害を克服するには、おさえておきたい基本的なポイントがあります。

・ストレスを溜めないようにする

・眠る前には光量を減らしておく

・生活習慣を見直して、体温の調整をしていくこと

これらが基本になります。

薬を服用しながら克服する方法もありますが、夜寝れない状態から開放されるには、体内時計を調節することが一番です。

ストレスを解消することが難しいかも知れませんが、これは副交感神経を優位にさせる工夫をすることで、克服できるかと思います。

副交感神経は、リラックス状態になったときに優位に働く自律神経ですので、音楽を聴く、深呼吸をするなどでコントロールすることができるようになります。

 

まとめ

入眠障害を放置していると、気づかないうちに疲れがたまった状態になり、やる気が無くなっていき、うつ病などにつながるリスクがります。それを避けるためには早い段階で入眠の障害となっているものを取り除く必要があります。

入眠障害の主な原因について紹介しましたが、これらの原因を解消しても夜寝れないことが続くようであれば、何らかの病気である可能性も考えられます。なるべく早い段階で医療機関で診断を受けることをすすめます。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

脱サザエさん病 日曜日の夜に憂鬱にならない方法をまとめてみたよ

会社をズル休みする際に使える理由10選

ストレスチェック制度の義務化で、職場環境は本当に改善されるのか?デメリットは?

仕事中にすぐ疲れる原因はなに?毎日をエキサイティングに過ごしたい人が意識すべきこ...

なかなか集中できない人が「ゾーン」を意図的に作り出す6つの方法

年末年始で増えた体重を一刻も早く減らすために必要なこと