転職活動において「スキル不足」という問題をどうクリアするか?

自分がスキル不足と感じる場合の転職方法

転職活動をする上で、自分自身の経歴・経験・能力といったスキルは重要なアピール項目です。

その中で、企業の募集要項に対して自分のスキルが足りないと感じた時、不利な転職活動を行うことになると予想できます。

転職市場ではある程度即戦力を求めるため、スキル不足の場合は、希望する働きができないと判断されます。

特に年齢が高ければ高いほど、その傾向が強まりますから、ハードルはさらに上がるでしょう。

とは言え、これまでの人生で培ってきたスキルを、さらに上げるのは簡単なことではありません。

では、スキル不足である場合、どう立ち回ればいいのでしょうか。

 

スキル不足を自覚しているなら「これから頑張ります」アピールはNG

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA82_sorehabatu15123856-thumb-1000xauto-14198

企業の募集要項に対して自分のスキルが備わっていない場合、「これから学びます」というような意欲の部分は、それほど重要視されません。

なぜなら、転職においては今備わっている能力(スキル)を判断した上での即戦力を求めるためです。

もし仮に募集要項が経理業務で、簿記資格が必須だった場合、「今から簿記を勉強して資格を取ります」というアピールでは、採用担当者に信用してもらえないでしょう。

 

もちろん未来への意欲も必要ですが、転職者にとって必要なのは、「今現在の能力」で企業にどう貢献するかを説明することなのです。

 

本当にスキル不足?自分自身の経験を棚卸ししてみよう。

転職回数

自分のスキルに自信がない人でも、ニートや引きこもりなどで仕事をしていない限りは、何らかの業務を積み重ねてきた経験値はスキルとなります。

そのため、まずは今までの自分自身の経歴を見直し、職務内容を分別しましょう。

勤務先が多数ある場合は、それぞれで担ってきた業務も洗い出します。

そうすることによって、自分でも見落としていた経験・能力・スキルに気付くことができます。

優秀な人材と比べると、どうしても自分のスキル不足が目立って自信をなくしてしまいがちです。

しかし、これまでの経歴やスキルを洗い出すことで、ライバルとは違ったアピール材料が発掘できることもあります。

 

自分自身の積み重ねてきたスキルに合う求人を探そう

仕事への情熱

一つの経験では物足りなかったとしても、違う経験や能力を組み合わせる事によって別の強みを持ったスキルを作る事はできます。

そして、それの強みは個人の経歴によって異なったものになるのは自然なことです。

新たにスキルを習得する手もありですが、それよりもこれまで積み重ねたスキルを求めている企業を探すほうが現実的であると言えます。

 

例えば販売の現場と、企画や販売促進の業務に携わった人の場合、両方の経験を組み合わせて大手商業施設や百貨店の商品開発部に目を付けられるかもしれません。

職種や業界を変えることで、これまでのスキルが重宝されるケースは存在しますし、スキル不足も足して合わせば解消することもできます。

少し変わった経歴だからこそ、ピンポイントで企業と合致する可能性があるというわけです。

 

まとめ

スキル不足への懸念は、自分に対する自信のなさを表しているケースも多いです。

しかし、企業によって求めるスキルはマチマチですし、職種や業界を変えることで評価が大きく変わったりするものです。

もし自分自身でわからなければ、転職エージェントやキャリアコンサルタント等のアドバイスを頂けるサポートも充実しています。

今業界でどのようなスキルが求められているかも、転職エージェントならよく理解しています。

新しいスキルを身につけるにしても、まずは転職エージェントに相談してからでも遅くはないでしょう。

自分の経歴を振り返り、ピンポイントで求められるような企業を探していくのがもっとも近道になかもしれません。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら