シングルマザーの仕事の選び方 子育てと両立するために知っておきたいこと

シングルマザーについて調べてみたのですが、シングルマザーは2010年に100万人を超え、今後も高い水準で推移していくことが予想されるそうです。

シングルマザーの転職は、独身の頃や夫がいた頃とは、準備も仕事選びの基準も違いますので、制限や条件なども厳しくて苦戦する方も多いと思います。

そこで今回は、守るべき子供のためにも通常の転職より考慮しなければならないことが多い、シングルマザーの転職について書いていきます。

 

シングルマザーの転職準備で最低限考えるべきは、お金のことと仕事環境

悩む

シングルマザーの転職活動は大変です。シングルマザーだからこそ考えなければならないことと、準備をしなければならないことがあります。

お金のこと

現在、そして将来の生活や子供の教育に必要な金額をシュミレーションし、その為にどれくらいの収入があればよいかを考えなければなりません。

居住費や食費などの日々の生活のためのお金、学費や習い事など子供のために必要なお金、貯蓄、医療費や冠婚葬祭などの臨時出費など、様々なシーンを想定したうえで必要な収入を算出するべきです。

将来どのタイミングでどのくらいのお金が必要になるか、具体的に整理して計画を立てましょう。

働くための環境づくり

子供の年齢によって、働くために用意するものは変わってきます。子育てと仕事を両立するためには、子供が小さいほど仕事中の子供の預け先が必要になります。

就労中の子供の病気などの突発的な事態や、夏休みなどの子供の長期休みでも対応できるように、事前にサポートしてもらえる環境作りをしておかなければならないですからね。

子供が小学生以下ならば保育園や親族・知人などの保育環境、小学生ならば学童、中学生以上でも緊急時に自分以外に頼る先を用意することになります。

最近は病児保育サービスも充実してきますし、ファミリーサポートセンターなど公的なサポートも調べれば結構出てきます。いつでも使えるようにすぐに登録しておくべきでしょう。

子供の預け先は、シングルマザーならば面接時に聞かれることが多くあります。できれば面接前までに預け先を用意できると、就活も有利になります。

 

子育てと両立するために知っておきたい会社選びのポイント

シングルマザーの就活

自分ひとりで子供の生活を支えていかなくてはならないシングルマザーの場合、自分がやりたいことよりも、最低限の譲れない条件を満たすことが第一優先になるでしょう。

仕事への希望条件は、子供の年齢や周囲のサポート環境によっても異なってきます。子供の年齢が低ければ、保育園へのお迎えなどを考えて、年収が低かったとしても残業がほとんどなく、自宅からの距離も近い仕事を選ぶ人が多くなるでしょう。

逆に子供が大きければ、学費などのために残業は多くても年収の高い仕事を選ぶことになるかもしれません。

転職活動を始めるにあたってまずやるべきことは、生活に必要な年収額、子育てと両立できる通勤時間や勤務時間、休日や休暇など最低限の必要条件を整理し、優先順位を決めることです。

全ての条件を叶えた完璧な求人はありません。子供との生活のために絶対に譲れない条件を満たす求人→できればあって欲しい条件、という順で応募する求人を探しましょう。

そのうえで少しでもやりたい仕事はどれかを考えると、長く続けられる仕事に出会いやすくなります。

 

まとめ

これから子供を1人で支えていくためには、現在と将来の生活スタイルに合った仕事に就くことが理想ですよね。シングルマザーの転職活動を成功させるには、まずはしっかりと転職活動の準備をすることが必要です。

現在の状況を整理し、自分や子供の将来を見据えることから始めましょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら