前職をすぐに辞めた場合は面接でどう伝えるのが無難か?短期離職者の立ち回り方

せっかく入った会社をすぐに辞めてしまうことは、誰もができればしたくはないことでしょう。

だからこそ短期での退職は、それぞれ重大な理由があっての決断だったのだと思います。

しかし、次の仕事を探すにあたり、面接の場で「短期での退職とその理由」が歓迎されることはほとんどありません。

今回は、短期離職というハンデを補うためのヒントをご紹介します。

 

短期離職者は次の就職が難しい?

考えるビジネスマン

前職をすぐ辞めた場合、やはり次の就職活動は厳しくなると言わざるを得ません。

企業の採用担当者はまず、「入社しても、逆境に立たされたらまたすぐに辞めてしまうのではないか」ということを心配するからです。

短期での退職自体を隠すことは経歴詐称になりますし、面接は通り抜けられても後から問題になることもあるので、退職の事実は隠すこともできません。

ですので、面接では短期での退職というマイナスのイメージと、採用担当者の心配を払拭する必要があります。

 

正当とみられる退職理由

ブラック企業 社畜

たとえ短期での退職だったとしても、採用担当者が納得できるような「正当な理由」を伝えることができれば問題はありません。

採用担当者が納得できる退職理由は、例えば以下のようなものがあります。

・求人内容や事前に聞いていた内容と、実際の仕事内容に相違があった。

・経営状況が悪化し、会社の存続が危ぶまれた。

・妥協をして入社したがやはり納得できず、応募先企業の求人内容のようなことがやはりやりたいと思ったため。

ポイントとしては、「自分に非はなかったこと」「もっとやりたいこと、魅力を感じるものがある」ということが伝わるようにすることです。

悪い印象を与えず、なるべく前向きな理由を添えれば、採用担当者の心象も悪くはならないはずです。

 

ネガティブな理由で退職した場合、面接官にどう伝えるべきか?

退職理由を考える

しかし実際に辞めた理由が、上記の例のような「正当な理由」だとは限りませんね。

短期に限らず、退職理由として工夫なしに正直に伝えることのリスクが高いケースもあります。

たとえば、人間関係、前職を批判するようなもの、リストラに遭ったこと、忙しさ、体調不良などが考えられます。

ネガティブな理由は、採用担当者の不安を煽るだけで、プラスになることはほとんどありません。

本当の理由は伏せ、「正当な理由」に置き換えてポジティブに伝えることが重要です。

参照:前職の退職理由が人間関係だと不利?面接でどのように伝えるのがベストかを考える

 

また体調不良に関しては、完治済みで再発もなければ体調不良の事実を伏せても問題はありません。

しかし再発の心配や、何かしらの不便やフォローの必要が発生する場合には注意が必要です。

不利にならない程度に事実を伝え、フォロー体制のしっかりある企業を見つけた方がベターでしょう。

 

まとめ

短期で退職してしまったということは、残念ながら就職や転職に失敗してしまったということでしょう。

転職の失敗を繰り返さないためにも、企業選びは慎重に慎重を重ねてリサーチしましょう。

これぞという企業でのチャンスを逃さないためにも、短期離職というハンデを少しでも軽減できるよう対策しましょう。

また、面接対策には転職エージェントの協力を仰ぐことも重要です。

念入りに対策を練って、万全な準備をして面接に臨みたいですね。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

結果を待たずともわかる?面接の合格、不合格サインまとめ

「ハゲは転職に不利」はウソ?本当?薄毛の人が目指すべき就活ヘアーとは

回答にこまる圧迫面接は、面接官の意図を読み解けば活路が開ける。

なぜ、手応えを感じる面接ほど落ちてしまうのか?その理由と対策を考えてみた。

合格フラグとお祈りフラグの特徴。面接結果が待ちきれないときの判断方法。

そりゃ受からないわ・・・面接で必ず落ちてしまう人の残念な特徴