内定獲得の第一歩!自己分析はポイントをおさえれば誰でもできる!

就職活動を始める際に、まず最初にやるべきことは「自己分析」です。

自己分析とは、文字通り自己を分析して自分のスキル、価値観、志向、理想などを把握し、就職活動の「軸」となる基準を作る大切な作業です。就職活動が成功するかどうかの鍵になると言っても過言ではありません。

そんな大切な自己分析で挫折しないために、効率的な自己分析の進め方をご紹介します。

 

自己分析は過去・現在・未来に分けて考えよう

分析

自己分析は、過去・現在・未来に分けて、順に考えていくことが基本です。それぞれのパートごとに自己分析の方法をお伝えします。

 

1:過去

私たちは過去の経験・環境などによって、現在の自分自身が創られています。

今までの経験、育った環境、持っている知識、身につけたスキル、興味を持っていたこと、楽しかったこと、成し遂げたこと、転機となった印象的な出来事などをひたすら書き出しましょう。

今の自分を創っているものを把握することは、自己分析のベース作りになります。

 

2: 現在

過去を振り返り、現在の自分を創っているベースの部分の確認を行なったら、次は現在の自分自身を知ることが必要です。

長所・短所、好き・嫌い、得意・不得意、強み・弱み、思考のクセ、重要視するもの、現在打ち込んでいること、集団の中の役割などを上げていきます。

ピックアップした内容から自分自身の性格や志向、価値観、思考パターン、優先順位を把握しましょう。

 

3:未来

過去を振り返り、現在の自分自身を理解したら、次は自分の未来について考えましょう。

将来の夢、目標、理想、働く目的、やりたいこと、興味を持てそうなもの、大切にしたいこと、欲しいもの、どうなりたいかなどをとことん考えて、自分が進んでいく方向性を明確にするのです。

5年後、10年後、20年後、を想像し、おぼろげながらもキャリアプランを立てておくことも重要です。

 

過去、現在、未来を一通り書き出したら、未来で重要視するものをいくつか選びましょう。

未来で重要視する項目をなぜチョイスしたのかを、現在の自分の特性から要因を特定し、それはどんな過去の経験が影響しているのかを考えます。

すると、思ったよりも自分はしっかりとした独自の「軸」を持っていることに気がつくはずです。

 

信頼できる人に協力してもらうことも重要

面接 コミュニケーション能力

また、自己分析には客観的な視点も重要です。

自分自身が認識している自分と、他人から見た自分とのギャップを知るために、自分以外の信頼できる人に自分自身のことを分析してもらう『他己分析』も行ないましょう。

自分では気がつかなかった自分自身を発見すると共に、自己分析に新たな一面を加えることができます。

自分の性格を客観的に把握するために、適性テストや自己チェックシートなどを使う方法もあります。

自己分析する上でのヒントや手掛かりとして活用してみましょう。

 

番外編:リクナビNEXTの「グッドポイント診断」は、自己分析の強力なツールになる

グッドポイント診断

また、自己分析にはリクナビNEXTの「グッドポイント診断」が非常に便利です。

会員限定のツールにはなりますが、自分の強みなどを20〜30程度の簡単な診断でサクッと調べられる優れものとなっています。

管理人も実際にやってみました。短時間の診断で自分の強みがわかるので、診断結果の内容を丸暗記するだけでも自己PRのバリエーションが増えます。

利用は無料ですので、ぜひお試しあれ。

 

まとめ

職業選択の自由が保障されている現代において、数え切れない仕事や企業の中から、指針や手掛かりなしに自分が進むべき道を決めることは非常に困難です。

自己分析をしっかり行い、自分の「軸」さえぶれずに持っていれば、応募企業を選ぶ時も、選考過程においても迷うことなく自信を持って臨むことができます。

自己分析は時間も労力も使いますが、妥協せずに突き詰めて自分の中の「軸」を探してくださいね。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

「仕事に行きたくない」と感じたら会社を辞める前に考えるべきこと

30代、キャリアなしの人が就職するために意識すべきこと

転職資金には600万が必要?仕事を辞める前に残しておきたい貯金額と退職後にかかる...

早期退職はキケン?転職したばかりで仕事を辞めたくなった時はどうするべきか

ランキングには載っていない隠れホワイト企業の探し方

むやみな転職は危険?辞めグセがついてしまってる人が仕事を変えるまえにすべきこと