新卒の就活で失敗したと感じたら、第二新卒枠で転職を狙うべし。

日本は今、大卒・短大卒が新卒として企業に就職しても3年以内に約30%が退職する時代です。そして、新卒として就職後3年以内に再就職や転職活動をする人たちのことを「第二新卒」と呼びます。

新卒で入った会社を辞めることに抵抗を感じてる人も多いようですが、最近は企業の第二新卒採用も積極的になってきています。

今回は、第2新卒の転職についてお伝えしようと思います。

 

第二新卒の需要はどのくらいある?

第二新卒の需要

第2新卒は、企業規模の大小を問わず高い需要があります。その需要の中身を考えてみましょう。

基本的なビジネススキル

第2新卒は少なくとも社会人経験があるので、新卒に比べて基本的なビジネスマナー、ビジネススキルを備えています。

企業は新人教育に莫大な投資をし、様々な研修を受けさせたり、資格を取らせたりしていますが、第二新卒を採用すれば、一からその教育を施さずともすでに身につけている場合が多いのです。

なので、企業としてはそこまで大きな費用をかけずとも、教育済みの人材が手に入るわけですから。大きなメリットになります。

ポテンシャル

第二新卒は若く、ポテンシャルに溢れています。キャリアのある中途採用に比べ、社会人経験が少ない分柔軟性に優れ、企業風土に馴染みやすく、その若さゆえ大きな成長の可能性を秘めているのです。

最低限のスキルを備えながらも、企業の求める姿にこれから成長させることもできる第二新卒。企業からの需要が高いのも頷けますね。

既卒や第二新卒に特化した転職サイトが増えている

そして事実ベースで話しますと、ここ最近は既卒や第二新卒に特化した転職サービスが増えています。最も有名なのはハタラクティブあたりでしょうか。

転職サイトが増えてるということは、単純に考えて需要があるということですからね。探してみると意外と第二新卒の求人が多いことに気づくとおもいます。まずはハタラクティブに登録して、どのくらい求人数があるかを確認するのもいいでしょう。

 

入社してどのくらいで転職すべきか?

面接前

新卒で入社してすぐに、「会社選びを間違えた」「思っていたのと違う」「自分には向いていない」と思うことは珍しくありません。

でも、やり直すなら早い方がいいとすぐに辞めたり、転職活動を始める人がいますが、早まるのは禁物です。第二新卒の需要が高いとはいえ、「入社1年未満」の転職希望者は別だからです。

第二新卒を積極採用している企業であっても、実は入社1年未満の転職希望者は敬遠する企業が多く見受けられます。

よほどの事情があれば考慮はされますが、「たった1年間も耐えられないようならば、どこに行ってもきっとすぐに辞めだろう」「忍耐力や広い視野を持っていないのではないか」と受け取られることがほとんどなのです。

たとえ数カ月の差であっても、「1年経たない内に辞めた」のと「1年間は頑張った」のでは大きな差が生まれます。

また、第二新卒の魅力として「基本的なビジネススキルを持っている」ということが挙げられると先ほどお伝えしましたが、在籍1年未満では経験不足と見られて、この条件にも当てはまらなくなります。

新卒と同じく「若さ」と「ポテンシャル」は持っていても、ビジネススキルも足らず、「すぐ辞めた」というマイナス面が前面に出てしまうことになるということです。

第二新卒は売り手市場ですが、少なくとも1年間は現職で力を蓄えることが最低条件と言えます。転職活動をするのはそれからでも遅くないでしょう。

どうしても耐えられな場合は、無理せず会社を変えたほうがいいですが、そうでなければじっくりとチャンスを待つことを勧めます。

 

まとめ

新社会人として期待に胸を膨らませて、いざ入社したらイメージとは全然違ってガッカリ・・・。となっても、まだまだキャリアの仕切り直しを実現させるチャンスはいくらでもあります。

最低でも1年間頑張ったら、若さを武器にして今度こそ自分らしい再スタートを切れるように、しっかりと準備をしておきましょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら