スカウトメールが届いても、あっさりと不採用になってしまうのは何故か?

最近、転職活動においてスカウトメールを受け取ったり、活用したりすることがずいぶん一般的になってきました。

スカウトメールとは、転職支援サイトに掲載されている企業からサイトに登録している求職者に、直接スカウトのメールが届くサービスのことです。

求職者の希望やスキル等の登録情報を企業が閲覧し、興味を持った求職者に求人への応募を依頼するスカウトメールを送るシステムになっています。

しかし、スカウトメールをもらったから応募したのに、不採用になることがよくあります。今回は、その理由とスカウトメールをもらったときの心構えをお伝えしようと思います。

 

なぜスカウトメールが届いても落ちるのか?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA82_sorehabatu15123856-thumb-1000xauto-14198

最初のうちはスカウトメールが届くと嬉しくなりますが、内定を保証するものではないので勘違いしやすいんですよね。それどころか、面接も保証しない場合がほとんどです。

残念ながらスカウトメールが届いたから応募したのに、書類選考で不合格・・・なんてことはザラにあります。

なぜこのようなことが起こるのかというと、企業側の求めるスキルや経験を満たしている登録者全員に、企業がスカウトメールを大量に一括配信することがよくあるからです。

候補者の裾野を広げるために、ダイレクトメール化しているスカウトメールは珍しくありません。

そして大量に送った中から応募があれば、ここで初めてじっくりと個人の情報を見て合否を判断するのです。

また、丁寧に登録情報を確認してからスカウトメールを送られたとしても、不採用になることももちろんあります。web履歴書に書かれた内容は限られた情報に過ぎませんから。

応募後に正式な職務経歴書を確認したら期待外れだったり、スキルや経験面ではマッチしていても希望条件等の折り合いが合わないこともあります。

そして面接に進んだら、スカウトでない普通の応募者となんら変わりはありません。

お互いのニーズが合致し、企業との相性が良ければ採用され、合わなければ不採用になるだけです。

 

スカウトメールをしっかり活用して採用まで結びつけるには

転職エージェントとの交渉 スカウトメール受け取ったときは、つい気持ちがはやって採用されたような気分になってしまいがちですが、ここは「自分の経験とスキルに興味を持ってもらえた」と思う程度に留めておきましょう。

スカウトメールの件で知ってほしいのが、企業側はスカウトメールを送った候補者かどうかを把握していないことがあるという点です。

スカウトされたから面接に行ったら、「どこでうちの求人を知ったの?」と聞かれたりするほどです。そんな中で志望理由を聞かれ、「スカウトされたから」と答えたら、面接官の失笑を買ってしまいます。

採用されると思って興味のない企業に面接を受けに行き、結果不採用になったら単なる時間の無駄になってしまいます。

面接まで進んだら、スカウトだからと言って何の優遇もないと思った方がいいでしょう。

スカウトされたとしても、その企業に興味や魅力を感じるか、働きたいと思えるかをよく考えてから応募しましょう。

結局のところ、スカウトメールが届いてからといって特別なことは殆どなく、通常の選考と全く変わらないものと捉えて面接に臨むべきです。

 

まとめ

スカウトメールは、求職者にとって今まで検討もしなかったような企業からのアプローチを受けたりして、転職活動の幅を広げてくれる便利なツールです。

スカウトは求人応募のきっかけに過ぎないと把握し、通常の面接と同様にしっかり準備して臨みましょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら