【在職中の転職活動】土日しか休めない人は、面接スケジュールをどう組めばいいのか?

転職活動中の人の中には、土日休みで休日が転職先の企業と重なっていることが多いと思います。

面接日程があわない、転職説明会などに参加できないなどなど・・・スケジュール面で苦労するケースは普通に起こり得ます。

確かに、基本的に土日や祝日の場合は多くの会社が休みとなり、なかなか都合をつけることができません。

転職した人の中には同じような境遇の人もいたはずです。その人達はどのように転職を成功させたのでしょうか。

今回は土日休みでスケジュールを合わせにくい転職活動の進め方についてシェアします。

>>面接通過の第一歩!転職エージェントランキング

最近は遅い時間でも面接してくれる企業も増えている?

面接前

ここ最近は中途採用を募集している企業側も転職活動中の人の事情を理解してくれていることが多いようです。

そのため多少遅めの時間に面接をしてくれるケースが増えています。

視点を変えれば、「転職活動中の人に対してどのような対応をするのか」ということから、その企業の風土を知ることができるでしょう。

きちんと対応してくれるところなら、社員を大事にしてくれる可能性が高いですし、そうでないなら、あまり良い企業とは言えないでしょう。

もちろん業種によりますので、一概には言えませんけども。

まずはダメ元で面接時間を工面してくれるか交渉してみるのも、一つの手と言えます。

残業が多い場合、平日に面接を組むなら有給が必須?

在職中に転職活動を行なおうとすれば、どうしても平日に行なう必要があります。

先ほど遅くまで対応してくれる企業も多いと書きましたが、日々残業が続く場合はそれでもなかなか難しいところでしょう。

終業が遅いとなると、有給休暇をうまく利用することが次点として考えられます。

やはり休日が重なってしまうと、平日のどこかで休みを申請せざるを得ないですからね。

転職活動のために有給取得することに対してためらう気持ちを持つ人もいるでしょうが、今後の自分のためにも必要なことなので割り切ってしまう気持ちも必要です。

 

しかし、面接の度に有給を取得するのはあまり効率的とは言えません。

面接の度に有給を取っていたらいくらあっても足りないですし、そう都合よく有給が取れない人のほうが大半ではないでしょうか?

ハローワークを利用することもできますが、土日に対応しているところは少ないので期待はあまりできないです。

そもそもの話ですが、ハローワークは基本的に所在地にある企業の求人情報しか扱っていません。

なので、ハローワークでは希望する職種を見つけられる可能性が低いのです。

さらに言ってしまうと、ハローワークの求人情報は精度が低いこともあるため、実際に面接に行ってみると記載されていた条件とまるで違うことも多く見られます。

以上の理由から、有給を使っての転職活動は、ややハードルが高いと言わざるをえません。

土日や平日の遅い時間で転職活動をするなら、転職エージェントの利用が必須。

転職エージェントとの交渉

もっとも、中には有給休暇を申請してもなかなか通らない場合もあるでしょう。有給を使わせないブラック会社も多いですからね。

普通の会社は土日休みの場合が多いですから、有給が使えないと転職活動が困難なようにも感じるでしょう。

オススメの方法は、転職サイトや転職エージェントに登録することです。

とくに転職エージェントの場合、転職のために必要なノウハウを持っています。彼らはそれぞれの事情に応じたケースに対応することが得意です。

 

今の自分のスケジュールがどのようになっているかをエージェントにしっかりと伝えることで、転職活動を行ないやすくなります。

本来なら平日の日中にしかできない面接を、転職エージェントの計らいで土日に対応してもらうことも場合によっては可能です。

転職エージェントにとっては腕の見せ所ですね。

また希望する職種を探す場合にも転職サイトや転職エージェントの利用は欠かせません。

平日、仕事が終わった後で、登録した転職エージェントのサイトで情報収集し、スケジュールの調整を行なって転職活動を行なっている人も多くいます。

転職エージェントを利用することで、書類審査を復数の企業に申し込むこともできますので、時間の節約にもなります。

何より、求人情報が全国規模なので、希望する職種を場所を選ばず探すことが可能なのが大きいです。

在職中で転職活動にあまり時間をかけれない場合、オススメの転職エージェントはDODAです。

DODAは数ある転職エージェントの中でも最大手です。求人数もトップクラスですが、それに比例して蓄積してる転職ノウハウも群を抜いてます。

当然、在職中の転職活動の立ち回り方も心得てます。

貴重な時間を無駄にしない為にも、早い段階で登録してエージェントに相談しましょう。それが一番の近道でもあります。

▶︎▶︎DODAの詳細はこちら

まとめ

在職中の転職活動は、スケジュール的に難しいことが多いですが、有給を使ったり、転職エージェントを活用したりなどして工夫をすれば案外なんとかなります。

また世の中の風習的に転職が当たり前になってきてますので、柔軟に面接対応してくれる企業も増えてきてるのも追い風となるでしょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
DODA
最大手のDODAは求人数が多く、特に非公開求人の数は約12万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなってきます。

▶︎▶︎DODAの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら

関連記事

転職時に重要な退職理由の説明方法。言いづらい部分をどう伝えるか?

今の会社でスキルが身につかないなら、転職を考える前に独学で学ぶべき理由

自分の強みがわからない人必見!強みを見つけるための4つの方法

年俸制の会社へ入る際の注意点。メリット、デメリットをまとめてみた。

アルバイトからの正社員登用の実態は?フリーターを脱したい人が選択すべき道

旦那がブラック企業に勤めてるときの対処法。転職するには奥さんの協力が不可欠...