脱サザエさん病 日曜日の夜に憂鬱にならない方法をまとめてみたよ

月曜日の前日、とくに日曜の夜に憂鬱な気分になることは、誰もが経験したことでしょう。

月曜日の朝というのは、とくに自殺率が高いことで知られています。しかし、これを医学でどうにかしようとする動きがあるわけでもなく、医学的は解決法は未だにありません。

国民的アニメである「サザエさん」の放送時間になぞらえたことから「サザエさん病」または「サザエさん症候群」とも呼ばれています。

「ブルーマンデー症候群」の一つでもあるサザエさん病に効果的な方法は無いのか、探ってみました。

日曜日の夜にサザエさん病にならないために

日曜日の夜は明日のことを思うと誰もが憂鬱な気分になるものです。そんな憂鬱な気分が少しでも紛らわすために有効な方法をいくつかピックアップします。

体を動かす

ウォーキング

サザエさん病対策として一番多かった方法が、体を動かすことでした。

ウォーキングのような軽い運動でも構わないので、からだを動かすことで気分をリフレッシュさせる方法が分かりやすく、効果的なことが多いようです。

運動をすること自体、普段使っていない脳細胞を活性化させることにもつながりますので、リフレッシュ効果は非常に高いものとなるでしょう。

寝溜めをしない

NyuminShogai

休日だからといって寝て過ごしてしまうと憂鬱な気分になりやすい傾向があります。

基本的に「寝不足気味だから」といって寝溜めができるかといえば、人間の体はそのようにはできていません。

むしろ休日だからこそ、生活リズムを保っておく必要があります。

外出する

外出

休日に外へ出かけるのも単純ですが有効です。デートするも良し、イベントに参加するも良し。

とにかく閉じこもっていないで外出することでサザエさん病の対策をしている人もいるようです。

とくに普段の仕事でデスクワークが多い人には、効果的な方法のようで、休日を友人と楽しむことで上手く憂鬱になりがちな気分を立て直すことができます。

笑う

笑う

こちらもシンプルですが、非常に効果が高い方法でもあります。

笑うこと自体、ガン予防にも効果があると言われており、実際にストレス解消にはもってこいの方法です。

お笑い番組を見るのも良いでしょうし、バカ話をして笑うのも良いでしょう。笑うことで心にゆとりができるので、憂鬱な気分から抜け出せることが多いようです。

感情を発散させる

IncomeUpDown

笑うことと同様に感情を発散させることでも憂鬱な気分を立て直しやすくなります。

ドラマや映画を見て感動して泣いたり、登場人物に感情移入することで思いっきり怒ったり泣いたりすると、脳がリフレッシュできて憂鬱さも少なくなります。

まとめ

日曜の夜に憂鬱な気分になる人は多くいます。上記で紹介したように、憂鬱な気分を吹き飛ばす方法は周囲に目を向ければ、いくらでも転がっているものです。

一人でいると、憂鬱な気分になりやすいので、誰かと一緒にいながら、何かしらの活動を行なうことが効果的です。自分に合った方法で、サザエさん病を吹き飛ばしていきましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら