「何か聞きたいことはありますか?」面接の逆質問で好印象を与える質問とは。

就職活動や転職活動の中で最も緊張するのが面接でしょう。とくに面接官から「何か質問はありますか」と問われる逆質問は、多くの求職者を緊張させる項目となっています。

「どのような質問をしたらいいのか分からない」ということが、よく見受けられ、それで面接に失敗してしまったケースもあります。どのように「逆質問」をすると面接で好印象を得ることができるのでしょうか。

逆質問で面接の合否が決まるワケ

転職 面接官

必ずしも逆質問があるわけではないですが、逆質問はたいてい面接の最後に行なわれます。面接の締めくくりや面接官が説明不足はないかなどの確認にはちょうどいい項目だからでしょう。

逆質問の際、面接官が注目しているのはコミュケーション能力や意欲の高さだと言われています。言い方を変えると、自己PRをする最後のチャンスとも言うことができます。

逆質問が行なわれた場合に合否のほとんどが決定づけられてしまうのは、「印象に残りやすいのは最初か最後」という記憶力の法則があるためです。

面接官とて人間ですから、全ての面接内容を覚えているわけではありません。記憶のメカニズム的に考えれば「最初の印象」か「最後の印象」がイメージとして残りやすいということです。

そのため、逆質問によってうまく自己PRができれば、面接官に良いイメージが残りやすく、失敗すれば悪いイメージが残りやすいということになります。

やってはいけない逆質問とは

転職 NG

失敗しないための逆質問とはどのようなものでしょうか。逆質問のための対策サイトなどでは、パンフレットや企業ホームページを見れば分かること給与や福利厚生についての質問はしないほうが良いとされていることが多いです。これには「ただしまっとうな企業に限る」という前提が隠れていますが……。

自分がどうしてもその企業で働きたいと思っているなら、福利厚生や給与面、待遇面について、しつこく質問するのはマイナスになるでしょう。やる気がない、意欲が低いという印象を持たれてしまうリスクがあるからです。

また、企業パンフレットやホームページに記載されている内容など、少し調べればわかる内容を質問するのは、能力不足と捉えられます。「その程度のことも調べられない」という思われる可能性大です。

ただし、ブラック企業の場合は、個人の都合を考慮することがありませんので、逆質問はしない傾向にあります。逆質問を行なっていることを確認することが、ブラック企業を見極めるための一つの指針になります。

実際に面接を受けてみて、ブラック企業かもと感じた場合ですと、上記のNG質問は逆に必要なのかもしれません。とはいえ、直接的に質問したのでは、どのような面接であっても良い印象を残すことはできないでしょう。

「その数字を達成した人はどの程度の割合でいるのか」などのように間接的な質問によって確認していくことが必要になります。

好印象に残りやすい逆質問とは

立ち回り方

好印象に残りやすい逆質問の仕方にはどのようなものが挙げられるでしょうか。

一つには自分の長所を挙げつつ、そのような資質を活かせるシーンがあるのか、という質問方法です。これによって面接官には「自分の会社で働きたいのだな」と強く印象づけられることが多くあるようです。

業務内容の説明で気になったところを質問するのも有効な手段です。それだけ意欲の高さをアピールすることにつながるからです。

変化球的に「現在の仕事をしていて一番嬉しかったのはどのようなことか」という質問をして好印象を得たケースもあります。「一緒に働きたいという意欲が感じられた」と評価する面接官もいるので、参考になるでしょう。

逆質問で好印象を残すことは、それほど難しく考えることはありません。事前に2、3個の質問を用意しておき、面接中に説明されたことについて、気になったポイントを質問するといったテクニックもあります。

この場合、「しっかりと話を聞ける人材」という評価を得られやすくなりますし、自分が興味を持った部分ですので、自分が主導して話を広げやすいというメリットもあります。

逆質問スキルで重要なのは「精神的余裕」

余裕

求職活動で面接まで残ったのに、最後の最後で失敗してしまっては、その後の活動にも影響するかもしれません。話の内容をしっかりと聞いてその中から質問事項を見つけるくらいの心のゆとりは欲しいところです。

「面接が苦手で、どうしても緊張してしまう」という人にとっても、ぜひ身に付けて欲しいと思います。実際に入社して、他の人間と関わらずに仕事を進めていくケースは稀ですからね。

入社後も何らかの形でコミュケーションや対人関係スキルが求められることになります。そのようなシーンにおいて「緊張してしまって」というのは通用しませんし、誰も認めてはくれないでしょう。

コミュニケーションにおいて苦手ポイントを上手く処理することができるようになれば、どのような面接であっても乗り切ることができます。

面接で最も重要なのは、精神的余裕を作り出すことです。逆質問をされたときに、どのような対応ができるのかは、余裕の有る無しにかかってくるので、場数を踏んで慣れを作っていくようにしておきましょう。

まとめ

逆質問は面接において「締め」に当たる部分で、合否にも直結しかねない重要な項目です。

しかし、事前準備をしっかり行うことで失敗する確率はグッと減ります。質問内容を用意し、余裕を持って臨めばきっと上手くいくでしょう。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

「転職理由はキャリアアップ」に、面接官はもう聞きあきている。

やっぱり気になるあの会社の残業時間 面接時にどう聞くのがベストか?

なぜ、手応えを感じる面接ほど落ちてしまうのか?その理由と対策を考えてみた。

回答にこまる圧迫面接は、面接官の意図を読み解けば活路が開ける。

前職の退職理由が「人間関係」だと不利?面接でどのように伝えるのがベストかを考える

ネガティブな退職理由をポジティブに変換する具体的事例まとめ