学生時代に帰宅部だった人は就職に不利?その実態を調査してみた。

運動系の部活をしていると就職に有利だという話を聞いたことがあるかもしれませんが、では逆に帰宅部だった場合はどうなるのでしょうか。

不利になるのか、それともそんなことはないのか。今回の記事ではそこの所を追及してみたいと思います。

学生時代に帰宅部だった人が就職に不利になるのは本当か

naze

いきなり結論から言いますが、答えは半分イエスで半分ノーです。

正確に言うと、帰宅部だった人が就職に不利になるというよりも、運動部に所属していた方が就職に有利になるといったほうがよいでしょう。

ただし、それも高卒で就職する場合で、しかも専門的な職能を訓練していない場合(商業および工業高校でない普通科の場合)の話です。

大卒で就職する場合にはより多角的な見方をされるので、部活に入っていたからというだけで必ずしも就職が有利になるわけではありません。

帰宅部が就職に不利と言われるのは部活をやってた人にアドバンテージがあるから

辛い

逆に、部活をやっていた人にはどんなアドバンテージがあるのかを見てみると分かりやすいでしょう。なぜ帰宅部が不利と言われるかがわかると思います。

ここでの部活は特に運動部に絞ってお話を進めていきます。

1.コミュニケーション能力

部活に入ると、いやおうなく先輩や後輩、または部活の顧問やコーチと関わることになります。

特に運動部の場合は、共通の目的(試合に勝つこと)に向かってともにつらい練習に耐え、作戦を練り、そして所期の目的を達成しようとします。

その過程において、どうすれば効率よくトレーニングできるか、またはチームワークを上手く発揮できるかなどを自ずと学ぶことになります。

会社も当然、同じ目的に向かって利益を生み出していく共同体であってみれば、運動部でチームプレイを経験をしている人材の方を求めるのは当然といえるでしょう。

2.向上心

もちろんそうでない部活もあるでしょうが、基本的に部活動は己の心身を鍛え、相手に勝つ、または記録を伸ばすことを目的としています。

昨日よりも今日、今日よりも明日の向上が何よりも成績に直結することを知っているので、この考え方はいざ仕事に直面した時に、すぐ効力を発揮します。

実際、向上心があるかどうかは、面接においてもよく見られる傾向にありますからね。

3.アピール力

特にチームスポーツの場合、当然レギュラーがいれば控えもいるわけです。その熾烈な競争に勝ち残るためには「アピール力」が必要になってきます。

「自分はこんなことができる」とか「ここを見てほしい」というポイントを上手に主張することができるので、仕事においても強みとなります。 就職後、出世するためにも必要な能力です。

4.メンタル面

最近は就職しても鬱などを訴えて仕事を続けるのが困難になるケースが後を絶ちません。その点、運動部で鍛えられている人は、打たれ強いメンタルをもっている傾向があります。

精神的にタフな方が仕事は上手くいきますし、上司にも気に入られやすいという点もメリットです。

学生時代に帰宅部だった人が就職するために必要な能力

 Not to go Working

前項で運動部出身者のストロングポイントを挙げてきましたが、この反対が帰宅部のウィークポイントであるといえます。普通科の学生が高卒で就職する場合には、圧倒的に部活経験者の方が有利になるのは今まで述べてきた通りです。

では、帰宅部出身の場合はどうアピールすればよいでしょうか。具体的に以下のポイントを軸に考えてみましょう。

1.専門的知識

一般的な事務職などを目指すのではなく、コンピューター言語に対する知識を実に付け、プログラミングやエンジニアリング能力を向上させるという手段があります。

特に、パソコンがなくては社会が立ち行かなくなっている現在、システムエンジニアの仕事などは人手がいくらあっても足りないくらいです。

需要の高い分野を見極め、その技術を学んでいくのがベストでしょう。

2.語学力

日本の義務教育でも英語が小学生の時から必須になるなど、英語教育に重点が置かれていますが、それでも国際的に見て日本人の英語能力は低いといわざるを得ません。

留学経験などで語学が堪能であれば、それだけでもストロングポイントになるのは間違いありません。

また、留学すると、日本とは違う思考様式を実地で学ぶことができるので、国際化が進んだ現在、ほとんどの業種で重宝されます。

3.特殊能力

一般の企業ではなく、伝統工芸や芸能、音曲方面のスキルを磨くのも一つの手です。音楽に関しては演奏者にならなくても、教室で教えるなどの就職先もあります。

どちらかと言えば、アーティスト的な生き方と言えるでしょう。創作などが得意な人は視野に入れておいて損はありません。

今はネットが普及しているので、自分の作品をアピールできる機会はいくらでも作れます。

まとめ

以上、帰宅部だった人が就職に不利なのかを考察して来ましたが、はっきり言って大卒での就職の場合はそれほど関係あないように思います。

むしろ高校生のうちから進みたい職業が決まっているほうが珍しいケースなので、そんな人はきっと周到に準備して人生のプランニングをしていることでしょう。

就職は人生の一つの転機ではありますが、逆に言えば長い人生のうちの一つに過ぎません。焦らずに自分が何をやりたいのかを見つけられるといいですね。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

【新卒の就活】面接官がとりたくないと思う学生の特徴12個

学歴差別を乗り越えろ!Fラン大学生が内定を得るための就活サバイバル術

内定が取れないFラン学生の特徴と具体的な改善策を提示してみる。

大企業とベンチャー企業、就職するならどっち?後悔しない選択方法

「学生時代に頑張ったこと」がなくても、就活でうまくアピールする方法はいくらでもあ...

新卒で「入社前とイメージが違う」のは当たり前。