会社をズル休みする際に使える理由10選

社会人になったからといって、真面目に仕事をし続けられる人は、そうそういませんよね。ときには、仮病を使ってでも休みたいと思ってしまうときもあるでしょう。

言わば、ズル休みをすることになりますが、リフレッシュしなければ、やってられないというときは誰にでも訪れるものです。そのようなときに使えそうなフレーズを集めてみました。

会社をズル休みする際に使えるフレーズ10選

ズル休み

「歯の痛みが酷いので歯医者に行きます」

口内のトラブルは大抵の人が経験しているので、非常に使いやすい理由です。

電話で連絡するときに、口に詰め物などをして、発音がある程度不明瞭になるような工夫をしておくのも良いかもしれません。

「昨夜から腹痛がひどくて……食あたりかも知れません」

急激なトラブルとして、食あたりなどが挙げられます。

様子見のために1日休みを貰いたいと伝えれば、上手く休みを取れるかもしれませんね。

定番のフレーズ「頭痛が酷いので」

体調不良の定番フレーズとして「頭痛が酷い」というものがあります。

あまりに定番過ぎて使えないと思ってしまうかもしれませんが、偏頭痛に悩まされている人はかなり多いです。酷いときには吐き気を伴うことも。

状態が悪いふりをするだけですので、簡単に使えるフレーズですが、頻繁に使うと疑われるようになるので注意しましょう。

「病院での検査をすることになったので」

病院で検査を行なうことになったというのもお休みの理由として充分です。

前日から体調がおかしく感じていたので、病院に来たけれど検査をすることになり、いつ終了するのか不明と伝えておきお休みをゲットする方法です。

「市役所のがん検診を受けるので」

会社の健康診断で、がん検診まで行なっているところは極少数でしょう。そこをついて、公共機関が提供しているがん検診をお休みの理由にします。

そのときに、「ウチはガン家系なので」と伝えておくと、良いかもしれません。ガンになりやすい血筋というのは信憑性のある話です。

「家族や親戚の通院付き添いがあるので」

自身の体調不良を理由に使いたくない場合、身内の誰かを病気にしてしまうというのがあります。

どうしても通院に付き添わなくてはならないということを説明しておきましょう。または看病を頼まれて断れなかったというのもアリです。

「結婚式に出席するので」

急にお休みが欲しいときには使うことができないフレーズですが、結婚式に招待されていることもお休みの理由になります。

お祝い事を欠席しろとは、よほどのブラック企業でなければ言わないでしょう。

「立ち入り工事が今日になってしまって」

家の立ち入り工事は、住居人の立会を必要としていますので、相手業者の都合によって、どうしても日をずらすことができないことを説明しておきましょう

「銀行のカードをなくしてしまって今日手続きを取りに行くので」

上司からの評価が下がるのと諸刃の刃ですが、銀行などのカードを紛失したため、その手続に行かなくてはならないことを伝えましょう。

とくに金融機関は窓口の営業時間が限られていますし、万が一などを考えれば、早急な対応が必要になります。ただし、持ち物の管理がなってないという評価を受ける可能性もあるので要注意です。

 「泥棒に入られた可能性があるので」

空き巣に入られたかも、というのもお休みの理由として使うことができます。

おせっかいな上司の場合、自宅に押しかけてくる可能性もありますが、捜査の邪魔になることを伝えておけば、防止できるでしょう。

まとめ

お休みの理由に使えそうなフレーズを集めてみましたが、いかがでしょうか。
休む理由を伝えるときには、誰に連絡を入れるのかを迷う人もいるでしょうが、このような場合は上司へ直接電話で伝えることが肝心です。

本当に体調不良を起こしたときも同様ですが、そのほうが信じてもらえる可能性が高まります。同僚など人づてで伝えたりメールなどで伝えたりすると、上司からの印象が悪くなってしまうからです。

上手にお休みを活用していくことも、円滑に仕事を進める上で重要な事ですので、適度にお休みをはさんでリフレッシュをこころがけていきましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら