今さら聞けない「退職願」の正しい書き方と「辞表」との違い。

気まずく気の重い退職手続き。転職や退職の際には避けて通れないものですが、人生でそう頻繁に経験することではないので勝手がわからない人も多いでしょう。

これから初めて退職手続きに入るという人もいると思いますので、今回は退職願の書き方と、それを提出する際のマナーなどをまとめてみました。 

「退職願」「退職届」「辞表」の違い

退職届 違い

「退職願」と「退職届」と「辞表」はどれも全部同じように思えますが、それぞれ使い道が異なります。

まず「退職願(ねがい)」は、合意により労働契約を解約してもらうための申し出です。「申し込み」の段階であり、会社側が承諾してはじめて正式な退職となります。

提出した時点ではまだ退職決定にはならず、会社側が承諾するまでは撤回することができるのも特徴です。

「退職届(とどけ)」は、会社への最終的な意思表示であり、退職届が受理される=退職となります。退職願と異なり、特別な事情がない限り撤回することはできません。

最後に「辞表」ですが、これは公務員や、役員のような役職のある人が退職する際に用いるもので、一般には使いません。

一般的な会社員が自己都合で退職する場合に用いるのは退職願です。会社や上司によっては退職願と退職届の違いを気にしないこともあります。

とは言え「辞めます」といった一方的な退職届より、「辞めたいのでよろしくお願いします」という申し込み型の退職願の方が、角が立たないのでオススメです。

ただし、会社都合での退職の場合は「退職届」でも問題ないかと思います。 

退職願の正しい書き方

転職・キャリアアップ

書式は自由で、辞意が伝わればよく決まりはありませんが、最後に礼を尽くす意味でも、基本に則って無難に作成することをお勧めします。

白無地の便箋と封筒を用意し、黒のペンか万年筆で手書きします。縦書きで、表題は退職願とし、本文書き出しは行の一番下に「私事」と書きます。

退職理由は「一身上の都合により」が一般的です。詳しい理由は口頭で伝えましょう。しかし会社都合で退職する場合は、この一文で揚げ足を取られることがあるので注意しましょう。

退職日は就業規則に従い、上司と相談して決めた日を書きます。

次に届出年月日、つまり退職願を提出する日を記します。そして下寄りに自分の所属部署と署名をして、捺印をします。

最後に宛名を書くのですが、提出するのは上司でも、ここで書くのは社長の名前にするのがマナーです。敬称は「様」にします。

【記載例】

退職願

私事

このたび一身上の都合により、来たる平成○年○月○日を持って退職したく、ここにお願い申し上げます。

平成○○年○月○日

○○部○○課 転職太郎 印

○○○株式会社 代表取締役 ○○○○様

退職願を提出するタイミング、マナー

タイミング

辞めるとはいえ、今までお世話になった職場です。なるべく周囲に迷惑をかけずに去るのがマナーです。

退職願の文面上は「願い出る」形ですが、実際に退職願を提出するのは、先に上司に相談し退職が決まった後から書くのが一般的です。

会社によっては所定の様式がある場合もあるので、相談せずにいきなり退職願を提出するということはできるだけ避けましょう。

退職願を出すタイミングは、平均的には退職日の1~2か月前ですが、ベストなタイミングは人それぞれ違います。

転職先の入社日にもよりますが、自分の受け持っている仕事を引き継ぐのに十分な期間を考え、逆算するといいでしょう。

ただし就業規則に、退職の際は○ヶ月以上前に申し出るというような条項が記載してある場合、それに添う必要があります。確認しましょう。

退職願は社長ではなく上司に、必ず手渡しで提出します。お互い気まずい思いをするのは避けられませんが、後々受け取っていないと言われたりすることがないよう、確実に渡すことが重要です。

まとめ

気の重い退職手続きを終えたら、新しい場所での新しい毎日が待っています。新天地でいいスタートを切る為に、発つ鳥跡を濁さずで気持ちのいい退職をしましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング【2017年度版】

DODA
最大手のDODAは求人数が多く、特に非公開求人の数は約12万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなってきます。

▶︎▶︎DODAの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら

関連記事

今の会社で給料が上がらないのなら、転職するか副業するかの二択でしょ。

「頑張っても報われない仕事」は辞めるべきか?今の仕事を冷静に見極める方法

一つの会社を定年まで続けなきゃいけないとか昭和の発想。会社にしがみ続けることのリ...

仕事をバックれると、退職時に必要な手続きがとれなくなるので注意しよう。

営業が辛い!違う職種へ転職するか、営業を続けるかの判断基準について考察。

正社員で手取り15万はすぐに転職すべき!あなたがどれだけ機会損失してるかを教えま...