うつ病で仕事を辞めたら転職に不利?退職理由をうまく伝える方法

現代病といえるほど、珍しいことではなくなったうつ病。

うつ病によって退職したり、現職がうつ病の原因であることがはっきりしている場合、転職を考えることが多くなるでしょう。

うつ病になってしまうほど辛い職場なら、間違いなく辞めるべきですが、その後の転職活動に響くのもまた事実です。

今回はうつ病の事実が転職活動に与える影響や、気をつけるべき点をご紹介します。

うつ病経験は転職に不利という事実を知っておこう

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA82_sorehabatu15123856-thumb-1000xauto-14198

キレイごと抜きにしてお話すると転職活動において、うつ病を経験した事実は不利になることが圧倒的に多くなります。

なぜかと言うと、うつ病は再発することも多く、どこの企業も社員のうつ病の対応には苦慮しているからです。

社員がうつ病になった場合、労働力の損失だけではなく、傷病手当金の支給や、場合によっては損害賠償なども発生します。

つまり企業側にとって、うつ病経験者を雇うのはリスキーということです。

あえて厳しいことを言いますが、求人への応募に心身の健康に問題のない他候補者がいれば、そちらを優先されてしまいます。

他候補者がいなくても、うつ病再発リスクのある候補者をあえて採用する企業は、特別な理由がない限りほとんどないと思っていいでしょう。

せっかく採用した社員に休職や損害賠償訴訟などをされることは、企業にとって損失以外のなにものでもありませんから。

企業の採用活動には大きなコストがかかります。普通に考えればわかりますが、わざわざお金をかけてまでリスクの高い社員を採用する理由はありません。

ショックかもしれませんが、まずはこの事実を受け入れるべきです。

うつ病のことは基本、伏せておくべし

転職活動中

上記のように、うつ病であることを転職活動において打ち明けるのは、非常にリスクが高いことですので、うつ病のことは企業には伏せておくのが基本です。

うつ病に限らず、前職の退職理由を、人間関係や仕事の失敗などのネガティブなものを理由にしてしまうと、面接官にいい印象はまず与えません。

まずは内定を得るためと割り切って、うつ病経験のことは蚊帳の外において話す必要があります。

退職理由は、その企業への志望動機につながるような前向きな理由を考えましょう。

例えば志望先の業界、社風、仕事内容などの中から、自分が特に魅力を感じたことを抜粋し、前職では叶わなかったなどなど、ストーリーを立てて考えるのがコツです。

転職後も気をつけるべし

入社後

ただしうつ病の事実を伏せたならば、入社後もバレないように気を付けなければなりません。

例えば転職先に前職の源泉徴収票を提出する際、直近の給与額が記載されています。休職している場合は給与額が少ないことに疑問を持たれることがあります。

ウソではない程度に、うまく説明できるようにしておく必要があるでしょう。

ちなみに前職にて傷病手当を受給していた場合は、確かに健康保険組合に履歴は残ります。

ですが、守秘義務もあり転職先からの照会は受け付けられないので、ここから情報が漏えいすることはまずありません。

 

とはいえ、ずっと隠し続けることはできない、誤魔化すことをしたくないという方もいると思います。

一番避けたいのは途中でバレることなので、状況にもよりますが初めから全てオープンにするのも一つの手です。

時間はかかると思いますが、受け入れ体制の整っている自分に合った会社を根気強く探すことをお勧めします。

転職活動の際は転職エージェントの協力が必須

前述した通り、うつ病経験者が転職は非常にハードルが高いです。

自己流で転職活動をしても苦戦することは目に見えてます。

なので、転職活動をする時は転職エージェントに登録して、担当のキャリアコンサルタントをつけるのが必須です。

やや難易度の高い転職活動になりますので、できるだけ大手の転職エージェントに頼ったほうが無難でしょう。

中でもDODAは、業界でもトップクラスの求人数と実績があるのでオススメです。

担当のキャリアコンサルタントに適切なアドバイスを受けることが近道になります。

また、DODAには魅力的な内容の非公開求人も多数あります。

前職よりも条件のいい求人が登録されてる可能性も高いので、確認してみましょう。

▶︎▶︎DODAで転職相談をする。

まとめ

辛いうつ病を克服し、転職に成功したとしても、一番大切で気を付けるべきことは、うつ病を再発させないことです。

自分の心を理解し、受け入れ、再発が起きないような職場選びを慎重に行い、転職後も自分の心と向き合いながら日々を過ごすことが重要です。

また、転職活動の際は自分だけで行うのではなく、転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントに相談しながら行いましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら