正社員でも楽な仕事は存在する?ゆるく仕事をしたい人が注目すべき職種を公開する。

ブラック企業のことばかりが取り沙汰されることの多い昨今ですが、逆に正社員でも楽な仕事というのはあるのでしょうか?また、何をもって楽な仕事というのでしょう。その辺の事情を掘り下げてみたいと思います。

楽な仕事の条件

楽な仕事

一言で楽な仕事と言っても、その条件は多岐に渡るでしょう。人によって楽と感じる部分も異なりますが、一般的に言われてる条件をいくつかピックアップします。

1.勤務時間

仕事が楽かどうかの判断基準として、まず一番に挙げられるのが勤務時間ではないでしょうか。通常の勤務はもちろん、残業時間の長短も考慮に入れられると思います。

勤務時間が長ければ、いくら給与が良くてもやりがいのある仕事だったとしても、肉体的にキツイのは間違いありませんよね。

また、次の項目にもかかわってくるのですが、たとえば休みの多い仕事だったとしても、丸一日働いて丸一日休みという、タクシードライバーのような仕事もきつい職種だと言えます。

2.休みの数

勤務時間がそれほど長くなくても、休みの数が少ないとやはり楽な仕事とは言えません。飲食業などのサービス業は年中無休と言うところも多く、必然的に休みの数が少なくなってしまいます。

3.人間関係

通常のオフィス勤めの場合、人間関係にもわずらわされることがままあるものです。退職理由の一番の理由が人間関係という調査もあるほどなので、いかに人間関係が仕事をするうえでのネックになっているかが分かります。

4.ノルマ

営業職などの場合、なにが辛いと言って、ノルマほど辛いものはないのではないでしょうか。これを苦にして仕事を辞める人もいるくらいです。

5.仕事内容

人によって何を楽と感じるかはそれぞれだと思います。単純作業で黙々と同じことを繰り返すのが苦にならない人もいれば、それが苦痛だと感じる人もいます。

たとえば、工場で生産ラインに携わるような仕事の場合、時間さえ立てば業務が終了するので、単純作業が苦にならなければ楽な仕事でしょうし、単純作業は苦手、という人には辛い職種となるでしょう。

正社員でも比較的楽な職業

楽な仕事

基本的に正社員の仕事はアルバイトの仕事よりキツイ傾向にあります。それでも仕事によっては比較的楽なものも存在するのも事実。

正社員でも比較的楽な職業を紹介します。

1.事務職

事務の仕事は以前から楽な仕事の代表のように言われています。一般事務の募集要項には「誰にでもできる簡単な仕事」などと書かれていることからも分かります。

ただ、一口に事務職と言っても、会計や経理を担当するような事務や、営業事務など、その職所は多岐にわたっています。

本当に楽をしたいのであれば、日商簿記の2級程度の資格は取っておくと良いでしょう。スキルさえあれば、事務職はかならず必要とされる職種なので、転職にも有利になります。

2.工場勤務

工場勤務のメリットは3つほどあります。まずは、人とかかわる仕事ではないので、人間関係のストレスに煩わされることがない点です。

また、単純作業が苦にならない人であれば、ノルマさえこなしていれば自分のペースで仕事ができます。もう一つは、工場の仕事は給料が高めになっている点です。

3.清掃作業員

清掃作業員も工場勤務と同じく、仲間と一緒にやる類の仕事ではなく、一人で黙々と与えられた仕事をこなしていくタイプの職種です。

清掃にはこれといった特殊な能力は必要ありませんが、場合によっては同じところを延々と何時間も磨き続けたりしなければなりません。

単純作業が苦手な人や、仕事に分かりやすいやりがいを求める人には不向きかも知れませんが、忍耐強く同じことを続けられる人にはおススメの職種です。

4.警備員

建設現場などで暇そうにしている警備員を見かけたことはないでしょうか?高齢者が比較的多いことも特徴です。

緊急事態が起こるようなことはめったにありませんし、そのような事態が発生したとしても、たいていは消防庁のお世話になることとなります。

高齢者が多いことからもわかるように、給料はそれほど良いとは言えません。ただ、お金を稼ぐことよりも楽なことを優先する人にはおススメと言えるかもしれません。

まとめ

正社員でも楽な仕事は存在するかを見てきました。結論からいえば答えは「イエス」です。

ただ、楽に稼ごうと思えば資格なども必要になりますし、そうでなければ給料が低いことも甘受する必要があります。要はどのようなライフスタイルを望むかに依ると言えそうですね。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら