資格なしだと転職に不利は本当か?企業が注目しているポイントとは

転職活動をする際に、履歴書の資格欄がどうしても気になる方はいるでしょう。

資格は学歴や職歴以外で、履歴書の中において採用担当者へのアピールできるポイントとなります。

また、スキルや能力の証明となるので、転職前に資格を取得して履歴書の空欄を埋めようとする人も多いです。

しかし、本当に資格は転職活動においてなくてはならないものでしょうか。

 

資格が転職活動においてマイナスになることもある?

どのような内容の資格でも、取得する事で自分にとってプラスになると考えている人は少なくありません。

種類によって様々ですが、資格を取得するためには少なからず努力をします。そして取得した時点で、自分自身が以前より向上している事は間違いないでしょう。

しかし、資格を持っていることが必ずしもプラスになるとは限りません。業務内容とは関係のない資格がズラっと並んでいると、業務遂行能力に疑問を感じる企業も存在します。

とくに資格取得をコレクションしている、いわゆる「資格マニア」のような人は、採用側から毛嫌いされることも少なくないようです。

履歴書の資格欄に、何でもかんでも記載するのは控えたほうがいいでしょう。

 

企業が見るのは資格よりも実践能力

人事が見るポイント

資格はプラスの要素ですが、本来取得する事が目的ではありません。

資格取得のために努力し、スキルや能力を向上させ、それを実際に仕事に活かす事こそが最終目的になります。

企業は採用者の資格に注目しますが、それに伴った実践能力を重視している事の方が多いです。

どれだけ野球のルールを学んでも、実際にグラウンドで活躍できなければ意味がないのと同じ理屈です。

つまり、資格はあくまで一つの評価基準に過ぎず、絶対のものではないということです。

転職のために資格取得を目指しているのであれば、その資格をどう実践で使えるかを説明できなければ、なかなか採用には至らないでしょう。

企業が採用基準として指定している以外は、資格は転職者にとって付属案件のようなものです。

しかし、実務経験が伴っていない、取得理由が定かでない資格は、逆に採用担当者にとって疑問点となり得ます。

転職者は資格をアピールするのではなく、この資格がある事で採用された際にどのように企業に貢献するかをアピールするべきでしょう。

 

資格がない場合は自己PRを上手く活用する

グッド転職

資格がない場合は、今までの職務経歴の中から企業に貢献できるスキルや実績を資格の代わりとして説明すれば良いのです。

自分が今まで収めてきた成功体験や実績を、履歴書の自己PR欄に論理的に記入できれば、資格より強いアピールポイントになります。

転職者にとって資格は大切ですが、必ずしも資格が全てではありません。

「この資格があるから採用しよう」となるのは、専門職か資格を指定した募集要項がほとんどでしょう。

それ以外で、資格取得のために職を転々としたり離職期間を延ばしたりすると、本末転倒になってしまう可能性もあるのです。

資格がない転職者は、今までの経験を基に自己PR欄を充実させ、それを「企業に貢献できる資格」としてアピールポイントにしましょう。

 

まとめ

転職活動において、資格は重要な項目ですが、あくまで評価基準の一つに過ぎません。

資格の有無をアピールするよりも、自分自身がこれまで何をしてきて、企業にどのような貢献をできるかをまとめた方が結果的にプラスとなるでしょう。

間違っても資格取得が目的の「資格マニア」にはならないように気をつけましょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

むやみな転職は危険?辞めグセがついてしまってる人が仕事を変えるまえにすべきこと

就職活動中の「クールビズ」はアリか?ナシか?その是非を問う

ノルマに追われたくない人必見!ノルマのキツい業界をシェアするよ

ランキングには載っていない隠れホワイト企業の探し方

研修期間で正社員を辞めてしまった人に、次の就職口はあるのか?

転職でキャリアアップできる人の特徴は○○。明暗を分けるポイントはどこにあるのか