回答にこまる圧迫面接は、面接官の意図を読み解けば活路が開ける。

就職・転職活動をする中で、採用担当者と就職希望者が顔を合わせる面接が一番のポイントになるでしょう。

その面接において、圧迫面接に困惑している方は多いと思います。

圧迫面接は対処法を備えていなければ、本来の力を発揮できずに終わってしまう恐れがあります。

では、この圧迫面接に直面した場合、どう対応すれば良いのでしょうか。

 

なぜ面接官は圧迫面接をおこなうのか?

転職 エントリーシート

面接官はあえて高圧的な態度を取る事によって、就職希望者の本質的な人間性を見ようとします。

例を挙げると、話を聞かない・興味のない素振りをするといった無関心を装う行動や、転職者の発言を否定する、挑発するといった事により、わざとストレスを与えます。

また、一つの事に対して話詰まるまで質問攻めにすることもあり、面接を受ける立場からすると、タチの悪いイジメのように感じることもあります。

様々な方法で実際に仕事において起こり得るストレスを与える面接を行い、就職希望者の対応や反応を見るというわけです。

 

面接という緊張する場面で、嫌な事を言われたり困った質問をされたりすると、隠していた人間性が垣間見えやすくなります。

また、高圧的な態度でストレスを与え、このストレスの状況に上手く対応できるかという立ち振る舞いも、採用する上で大切なポイントです。

 

実際に仕事を始めると、意地悪な顧客や無茶を言う得意先などに対して冷静に対応できる事が求められます。

この圧迫面接によって、耐性や対人関係のスキルをチェックするのが主な目的のようです。

 

圧迫面接の対処法は、いい意味で気にしないこと

学生

面接をしていく中で圧迫面接だと感じた時、まずは冷静になる事を心掛けるべきです。

高圧的な態度に萎縮したり、むきになって感情的になったり、自分の回答に不備があると焦ったりすると、面接官の意図通りになります。

高圧的な態度は、そういう面接を意図しているからで、責められたとしても自分に非がある訳ではありません。

変に気にしたり、必要以上に気を立てる必要は全くないので、受け流すくらいが丁度いいのです。

面接官の意見に対しても反論せず、一度受け入れた上で自分や企業にとってプラスになる答えを伝えるように臨機応変に対応するのがベストです。

面接官からのマイナスな発言を、自分にとってメリットがある、又は今後メリットに変えていくというプラスの思考は好印象を与えます。

面接にまで選考が進んでいる時点で、少なからず企業から興味を持たれていることに間違いはないので、その辺は自信持っていただいて構いません。

心に余裕を持って、試されていると理解し、質問事項に対して的確に答えることに注力しましょう。

圧迫面接の時こそ冷静な対応と、余裕のある心が求められます。

 

まとめ

対応に困ることの多い圧迫面接ですが、面接官もポーズで行っているケースも多いです。

必要以上に気にしたりせず、まずは落ち着いて対応するように心がけましょう。

圧迫面接でよくるケースを想定し、自分の中で対処法をあらかじめ考えておけば、変にあせることも少なくなります。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

「何か聞きたいことはありますか?」面接の逆質問で好印象を与える質問とは。

ネガティブな退職理由をポジティブに変換する具体的事例まとめ

コミュニケーション能力が高くても、面接で評価されない大きな理由

合格フラグとお祈りフラグの特徴。面接結果が待ちきれないときの判断方法。

前職をすぐに辞めた場合は面接でどう伝えるのが無難か?短期離職者の立ち回り方

「志望動機が書けない!」を解決するための5つの秘策