仕事をすぐ辞めてしまった時の処方箋。職歴のキズをどう埋めるか?

転職活動をするうえで、短期間で仕事を辞めてしまったケースはブランク期間があることに次いで不利な要素となってしまいます。

一つの職場で長く勤めることができれば理想的ですが、さまざまな理由で短い間に仕事を辞めざるを得ないこともありますよね。

仕事をすぐに辞めてしまった場合、次の転職活動ではどのような対策をとるべきなのでしょうか?

 

採用担当者が前職の期間を見て、何を考えてるのか?

グッド 面接

採用する視点に立って考えると、前職に勤めていた期間というのは「どれだけ持久力があるか」の目安になります。

長く勤め続けていたなら、採用しても長く続けると考えますし、短期間で辞めてしまった場合はすぐに辞めるだろうと企業は考えます。まぁ当然と言えますね。

人件費は一番コストが掛かるものですから、採用してすぐ辞められたのでは、企業側からすると損失でしかありません。職歴が短いといい顔をされない理由はココにあるわけです。

在職期間をごまかしてもバレるので止めよう。

 短期間で仕事を辞めてしまうと、後ろめたさから退職理由を話しづらくなります。

転職活動で前職を辞めた理由を聞かれたときに、ウソの理由を述べる人がいますが、年金の記録などからすぐにバレるので止めましょう。と言うか、それ以前に人としてやってはいけないですよね。

買い物に置き換えて考えると分かりやすいと思いますが、何か商品を購入するときに店員にウソをつかれたとしたら、あなたはどう感じるでしょうか。そのお店自体を信用できなくなり、二度とそこで買い物しないでしょう。

採用者からすると求職者はいわば商品のようなものです。そこにウソがあったら信用を失い、その後の転職活動に支障をきたします。

仮にウソをついて転職が決まったとしても過去の職歴に偽りがあったことがバレたら懲戒解雇ものです。無駄に職歴を傷つけることになりますから、どっちにしてもオススメはできないですね。

 

仕事をすぐ辞めてしまった場合の転職方法

無職中年

どのような人材が好まれるのか

性格や考え方などは、個人によってさまざまであるので、採用するときの決定的なものにはなりません。企業にとって好まれる人材とは「ミスをしっかりと認め、反省し改善していける」人材です。

日常生活であれ、仕事であれ、失敗はつきものです。その失敗に対してどのように対応するのか、または、どのようなことを学んだかを明確にして改善していける人は、転職を成功させやすいものです。

書類選考を通過するために

書類選考で、履歴書に短期間で前職を辞めたことがあるのは不利になってしまいます。そこで活用したいのが職務経歴書です。履歴書と違い、職務経歴書には決まった形式がありませんので、それを最大限に活かしましょう。

前職を短期間で辞めた理由について簡潔にウソを交えることなく書き、その上で身に付けたスキルや学んだことを付け加えておくようにお勧めします。

前向きな姿勢を見せることで書類選考を通過する確率をあげましょう。契約で決まっていた期間であれば、それだけで充分ですが、そうでないなら少しでも学んだこと、身に付けられたことなどを書いておくと好印象につながります。

 

まとめ

転職活動で重要なのは、仕事に対して前向きな姿勢を見せることです。

「このような失敗をしたけれど、学ぶものがありました」という姿勢は、年齢を問わず好まれる姿勢です。どのようなシーンでも応用できる考え方ですので、転職活動では積極的に取り入れていくことをお勧めします。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

今の会社でスキルが身につかないなら、転職を考える前に独学で学ぶべき理由

派遣生活から抜け出したい人が正社員採用を決めるために必要なこと。

転職で年収が上がる人はなにが違うのか。明暗を分けるポイントを徹底解説!

職歴の多さはプラスかマイナスか?気になる転職回数とその実態

仕事をクビになった!一刻も早く転職するために必要なこと

転職活動で見た目はやっぱり重要!外見で落とされない為の心構え