社内政治が苦手な人は出世できないのか?

社内政治、言い換えると、会社内における人間関係のやり取りといった表現になるでしょう。

上司と部下、同僚、部署が違う人間とのコミュニケーションなど、社内政治と一言に言っても、それに属する要因は、かなり多くあり、その大半が人間関係をどうするか、という点になっていきます。

しかし、ある程度出世して権力を持っている人たちが対立しているのを見ると、お近づきにはなりたくないと思うのも確かです。

社内政治が嫌いだという人も多くいるでしょう。社内政治が嫌いな人に出世街道を歩むことができるのでしょうか。

人間、集まれば派閥は必ず生まれる

人間関係と転職

極論を言ってしまえば、人間2人集まってしまえば、その時点で派閥ができあがります。

そして派閥には「政治」が付き物です。政治とは何なのかを考えていくと、「周囲に影響を与えて、自分が有利な状況を作り出すこと」と言えるのではないでしょうか。

大きいプロジェクトに関わりたい、という目的があるならば、この社内政治を避けて通るのじゃ難しいと思います。なぜなら、プロジェクトが大きくなればなるほど、利害関係が多岐にわたるようになるからです。

結局は自分がどのくらいチームに対して影響力を持っているのかが、プロジェクトを成功させるためのカギになります。また大きいプロジェクトに関わりたいと考えているなら、なおさら上司に対する影響力は不可欠です。

出世と社内政治は離すことができない

社内政治と出世

出世していくことと社内政治は切り離すことができません。管理職とは、部下に対してはマネージメント力が求められるものですが、自分の上司に対しては、プレゼンテーション力が求められます。

復数の意見を聞きながら自分のアイデアも取り入れ、上司を納得させる力が無いと、出世したところで立場に潰されてしまうでしょう。

出世していくほど、その影響力は大きくなっていき、やり甲斐を見出す人、嫌気がさす人などに別れていくことになりますが、地位とそれに対する影響力は付いて回るものです。

「社内政治は嫌いだけど、出世したい」というのは通用しません。出世したいなら、社内での影響力を持つか、社内政治が嫌いなら、一生平社員でいる覚悟が必要でしょう。出世と社内政治は切り離すことができないのです。

もちろん、現在の会社のやり方などに対する不満などを持っていて、改善したいと強く思っている人もいるでしょう。それを実行するためには、社内において誰がどのような影響力をもっているのかを把握しなければなりません。「政治力」からは離れることはできないものなのです。

社内政治に関わらずに出世する方法はあるのか

考えるビジネスマン

結論から言ってしまうと、会社という組織に所属している限り、社内政治に関わらずに出世していく方法はありません。

どうしても社内政治が嫌ならば、独立起業するなど自分自身でビジネスを起こしていく方法がベストでしょう。しかし、そうやって自分で会社を起こしたとしても、人が集まってくれば、自分の意志に関わらずに政治力が働くようになっていきます。

社長に意見を通しやすい人は誰か、どのようなアイデアなら上司に聞き入れてもらえるのか、など集団化してしまえば、そのようなに考える人は必ず出てきます。独立起業したとしても、人を雇うようになれば社内政治は生まれるというわけです。

どうしても社内政治が苦手なのであれば、起業はせずにフリーランスとして個人で仕事をするような職種を選択するのもいいと思います。

まとめ

出世と社内政治はほぼワンセットのようなものです。もし、出世を望んでいるけれど、社内政治は嫌だと思っているならば、自分の意志が通りやすいところまで出世していくまで、我慢するしかないでしょう。

どうしてもそれが難しいのなら、独立起業など自身でビジネスを起こす道を選択しましょう。どちらがいいか悪いかではなく、あくまで自分がどの環境に身を置くかのがベストかということです。

キャリアや働き方が多様化してる現在では、会社員として出世することだけが正解ではありません。ぜひ自分にとってベストな選択を考えてみてください。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら