職務経歴書を制す者は転職を制す。他の求職者と差をつけるために工夫すべき点とは

 転職や再就職を狙っている求職者にとって、履歴書とともに必須アイテムの一つが職務経歴書です。

特に書き方が決まっているわけでもなく、慣れていないとどのように書けば良いのか分からなくて不安になります。

また採用担当者が職務経歴書を見て何を判断するのか具体的に知りたい人も多いことでしょう。そこで今回は職務経歴書の書き方の基本と、採用担当者が主に見ているポイントなどを紹介します。

 

 なぜ職務経歴書が必要なのか?

転職 職務経歴

採用担当者は、履歴書で基本的な性格と出勤する際の環境を中心に見ています。よほど問題がある性格でない限り、履歴書についてネックになることはあまりないと思います。

肝心の職務経歴書では、履歴書からは見えないこれまでの実績について確認するのが目的です。他の求職者と差をつけるポイントでもあります。

中でも、募集している職種に対する実務能力の有無や経験年数、そこの職場で活かせる自身の強み、転職や志望理由が納得できるものかを判断します。職種によっては、プレゼン能力を試されていることもあるくらいです。

こうして考えると、転職において職務経歴書は履歴書よりも重要な自己PRツールと言えます。基本的な書き方から効果的な書き方を身に付け、しっかりとPRできるようにしておきたいですね。

 

職務経歴書の基本的な書き方

職務経歴書 作成

ライバルに差をつけるためには、何事もまずは基本が大事です。それは職務経歴書の書き方でも同じです。面倒くさがらずにやっていきましょう。

まず、職務経歴書はA4サイズの用紙に最大3枚を目安に書いていきます。必須事項は、職務経歴書の作成日、自身の名前、前に勤めていた企業の名前、入社・退社した年、及び、具体的な職務実績の内容です。

フォーマットとしては基本、2通りとされています。

1つは編年体形式で、入社してから退社するまでの間に関わった職務について年を追って書いていくものです。この時、書いていく順番は時系列順か逆時系列順で書いていくのが基本です。

もう1つはキャリア形式で、経験した職務ごとに関わった期間とともに書いていきます。この形式の場合、年代を気にすること無くPRしたい職務について書いていくことができます。

守秘義務がある商品名などについては、具体的に書くのを避けて、「大手企業商品の開発に関わる」など書くようにしましょう。

転職市場では、これまで築いてきたキャリアを見られることが多いので、最近はキャリア形式で作成するのが主流です。

編年体形式でキャリアアピールする際は、PRしたい職務が目立ちにくいので、下線を引くなどして目立たせる工夫が必要になってきます。

また、応募する職種に関係のない職務に関しては簡略に、関係する職務は具体的に書くようにしましょう。年代を書くときには年号を西暦か和号で統一するように注意してください。

ちなみにフォーマットについては一から作成するよりも、既存のものを利用するのがベターです。

フォーマットを用意しているところは色々とありますが、転職サイトの「DODA」だと職種別にフォーマットが用意されているのでオススメです。

基本的な書き方については以上ですが、職務経歴書の書き方に決まった形式はありません。先に紹介した書き方は、あくまで効率よくまとめられる方法に過ぎません。

「いつ、どのように、どのくらいの期間」その職務に関わり、「どのような実績・評価を受けたのか」を客観的に説明できていれば、最低条件はクリアしてると見てOKです。

また履歴書と違い、職務経歴書はパソコンなどで作成してもOKです。パソコンを使うスキルがあるならば、ぜひパソコンで職務経歴書を作りましょう。

パソコンに関する資格を一切持っていなくても業種によってはスキルのPRに繋がりますしね。

 

職務経歴書で差をつける工夫

将来のキャリア像を整理する

そして他の求職者と差をつけるポイントについてですが、まず抑えておいてほしい点があります。それは、職務経歴書を読む側、つまり人事側の目線に立って作成する、ということです。

どういうことかと言うと、選考する人事の人は、日々多くの職務経歴書を見ています。数が増えると一通一通ていねいに見ることはほとんどありません。

つまり、あなたの職務経歴書は流し読みされていると思ったほうがいいということです。なので、職務経歴書をつくる際は、流し読みされることを前提で作成しないといけません。

 

それらを踏まえたうえで行うことは、フォントの大きさを調整したり、見出し・小見出しを付けたり、表や図を挿入する、目立たせたい箇所を太字や下線にするなど、採用担当者が読みやすいように配慮することです。

注意したいのは、フォントの字体を統一させること、大きさは10.5~12ポイントまでの大きさにすることです。字体を統一させれば、見た瞬間に「きれいな形だ」と印象づけられます。

標準の大きさが10.5ポイントなので見慣れている大きさであること、12ポイントにおさえる理由は、全体的なバランスが取れやすいことが挙げられます。

読みやすければその限りではありませんが、最初のうちは上記のポイントを守って作成するのが無難です。そこから自分なりの工夫した点を加える事で、採用担当者の印象に残りやすいものになるでしょう。

 

まとめ

職務経歴書について一通り書いていきました。他の求職者と差をつけるためとは言え、まずは基礎が重要です。基本的な書き方をマスターしたうえで、選考側の目線に立った経歴書を作りましょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら