円満退職への第1歩!安全で無難な会社への切り出し方とは

転職をしようと思った時、まずは現職場に対して意志を切り出さなければなりません。常識として黙って辞める訳にはいかないので、職場に承諾を得る必要があるのです。

退職はシリアスな問題なので、最初に報告をする際には注意を払うべきでしょう。とは言え、人によってはどう切り出せばいいかわからないビジネスパーソンも多いかと思います。

では、転職の意志を伝える時、どのような切り出し方がベストなのかをお伝えします。 

退職の意思は、いつまでに伝えるべき?

転職をするという事は、自分が今まで担ってきた業務が浮くので、会社としては後任探しや引継ぎ等のアクションが必要です。

しかし、転職の意志を切り出してから退職する期間が短いと、会社としては迷惑になります。まぁ当たり前ですよね。

迷惑をかけないために、自分が退職しても会社が問題なく仕事ができるよう、スケジュールを前倒しして組む事が必要です。

一般的には2週間前に切り出しても問題はないのですが、実質2ヶ月前頃には切り出しておく方が良心的と言えるでしょう。

仕事量や有給消化の兼ね合いも踏まえて考える必要がありますので、余裕を持って話しておくべきです。 

退職の意思を伝える際は、伝える相手を間違えてはいけない

上司

転職をする際、まずは誰に話をするべきでしょうか。基本的には、直属の上司にまず伝えるべきです。

注意したいのは、仲の良い同僚や先輩後輩に話した場合、いくら口止めをしたとしても噂として上司の耳に入ってしまうケースがあります。

そうすると、上司としても憶測で状況を判断してしまったり、気分を害したりするかもしれません。

まずは直属の上司に、「折り入って相談が…」というような切り出し方で、個別に時間を取ってもらうべきです。

そして、自分だけの判断ではなく、しっかり指示を仰ぐべきでしょう。

間違ってもメールや電話だけで伝えるということは、しないようにしましょう。

常識的に考えて、重要な話は直接話すのがマナーです。

ここを間違えると、最後まで険悪なムードのまま会社を去ることになります。在職中での空気も悪くなるため、良いことは一つもありません。 

もう辞めるから関係ないはNG 感謝を表現した退職を

NG

退職するからといって、適当な行動をとると自分自身の評価を下げる事になります。

また、労働環境の改善を目的とした転職の場合でも、職場の不平不満を言わない方が良いでしょう。

退職したからといって、現職の人々とどこでどう繋がってくるか分かりません。自分がピンチに陥った際は、現職の人々が助けてくれる事もあります。

そのためには、今まで雇っていただいた会社に感謝を伝え、気持ちよく送り出してもらえるような関係性を築くべきなのです。

言葉はもちろんですが、最後まで会社の人々のためになる行動をする事でこそ、最大の感謝を表現できるのではないでしょうか。

退職する際には、その人の人間性が少なからず垣間見えるものです。

せっかく今まで築いてきた人間関係や評価を転職によって落とす事は、今後の人生においてデメリットしかありません。

社会人として、会社の事を考えて順序立てた常識のある切り出し方をしましょう。

最低限のマナーさえ守れば「またいつでも戻ってきて欲しい」「次も頑張って」と言ってもらえるような、円満退職ができるのです。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

無理なノルマを叩きつける会社は、さっさと見切りをつけるべき理由

仕事をバックれると、退職時に必要な手続きがとれなくなるので注意しよう。

今の会社で給料が上がらないのなら、転職するか副業するかの二択でしょ。

ブラック企業ならぬグレー企業へ就職した場合、仕事の辞めどきはいつか?

ブラック企業に勤めると転職先もブラックになってしまう理由。負の連鎖を断ち切る...

転職は怖い?不満を抱えながら今の会社を続けるほうがよっぽど怖くない?