「書類選考なし」の求人はブラック企業?求人を冷静に見分けるために必要なこと

就職活動や転職活動をしていて、「書類選考なし」とあった場合、喜んだ方がいいのでしょうか?それとも警戒した方がいいのでしょうか。

書類選考なしを謳っている求人の裏側にはどんな事情があるのか?について迫ってみたいと思います。

「書類選考なし」で求人を出す企業の心理

見分ける

書類選考なしということは、すぐにでも面接に来てもらって、可能な限り早く働いて欲しいという企業の心理が裏側にあります。

それにはどのような事情があるのでしょうか。また、そういった企業の体質の特徴はどういったところでしょう。

1.人物重視

一部の企業では書類選考が時代に見合わないとして、その人の人物を重視するために書類選考を行っていないところがあります。

その分、採用担当者の力量が問われるわけですが、逆を言えば担当者の独断と偏見で採用が面接結果が決まるとも言えます。

2.コストカット

中小企業の場合、大手ほど求人に予算を割くことができないので、担当者が直接面接をして決めたりすることがあります。

ただし、このような場合でも、電話応対中の言葉遣いや、メールでの文章能力はしっかりとチェックされていると思うべきでしょう。

3.具体的な書類を見なくてもある程度わかる

いわゆるガテン系の仕事など肉体労働の場合には、資格などを見ればどんな作業ができるのかおおよその想像がつくので、書類選考を行わずに直接面接となるケースもあります。

4.採用予定が少ない場合

仮に一人二人の採用人数を予定しているとしたら、わざわざ書類を郵送してもらって選考の結果をお知らせして、という手順だと効率が悪いです。

それよりは履歴書を持って、直接面接に来てもらった方が早いと考える企業も少なくないようです。

5.人材不足

普通は正社員に限らず、アルバイトだろうがパートだろうが書類選考自体は行われます。それがないということは、よほど人材が採用できない企業、つまりは人気がない企業だということができます。

このケースの場合、あまりよろしくない理由で「書類選考なし」を謳ってる可能性が高いです。

6.離職率が高い

常に求人をしているような企業で、さらに書類選考がないとなると、これはよっぽど離職率の高い、ブラック企業の可能性が高いと言わざるを得ません。

一部の大手企業で経営者が独断と偏見で内定を出すような場合を除いて、多くの企業では一人採用するまでに100万円以上の経費がかかると言われています。

そのステップを簡略化するということは、企業側に求人にお金をかけていられない事情があると考えて間違いないでしょう。

書類選考なしの求人を見かけた際にブラック企業を見分ける方法

ブラック企業 手口

「書類選考なし」が、必ずしもブラック企業の必要十分条件ではないことが分かっていただけたかと思います。

ただし、だからといってブラック企業でないと言い切ることも出来ません。では、どのような場合にブラック企業である可能性があるのかを見ていきたいと思います。

1.求人広告の謳い文句

「初心者歓迎」「若い仲間がたくさんいます」「大幅な事業拡大のため云々」などなど、どこかで見たことのあるキャッチコピーではないでしょうか。

それぞれ「誰でもできる」「入れ代わりが激しくて定着しない」「慢性的な人手不足」と読み解くことが可能です。耳に心地よいキャッチコピーには気をつける必要があります。

2.電話の応対

電話は外部からすると、その会社の窓口です。電話の応対が極端に暗かったり、生気が感じられないような企業は危険です。

3.ホームページ

このご時勢にホームページがない企業はもちろん、何年も放置されている、社長の写真がない、社員数に対しての求人数が多いなどのことが見受けられる場合には、ブラック企業である可能性が高いです。

会社ホームページは企業の顔とも言えます。そこにリソースを割けられない会社は色んな意味で問題を抱えています。気になる求人を見かけたら、会社のホームページを確認するクセをつけておきましょう。

まとめ

書類選考なしの求人がブラック企業かどうかについて考察してきました。必ずしもブラック企業だという訳ではないことが分かって頂けたのではないかと思います。

ただ、冷静に求人のキャッチコピーやホームページを見ることなどによって、ブラック企業の可能性は感じられることが多いです。

ブラック企業から身を守るには、まずその企業に入らないことです。大事なあなたの人生を損なわないよう、しっかりと見極めてくださいね。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら