やっぱり気になるあの会社の残業時間 面接時にどう聞くのがベストか?

転職活動時に残業時間の確認を怠って、転職してから「まさかこんなに残業時間が多いとは思わなかった」と後悔することは避けたいですよね。

入社前までに残業時間の把握をしておくことはとても大切です。今回は、転職活動時における残業時間の確認の仕方についてお伝えしようと思います。

 

求人内容に記載されてる残業時間はけっこうあてにならない

求人内容を見て驚愕

最近は求人内容に平均的な残業時間を掲載するケースが増えています。しかし、求人に記載された残業時間はあてにならないことが多く、月平均20時間のはずが、実際に働いてみたら残業100時間超え…なってケースはザラにあります。

また、繁忙期などになると平均残業時間を大きく超える残業が発生する企業も多く、求人内容に記載された残業時間を真に受けると、後悔することになります。

実際の残業時間については、入社前に聞いておくのがベターです。

 

面接の場で残業時間を聞くのはマイナスか?

転職 面接官

残業時間の確認は大切ですが、面接時にそのままストレートに「残業時間は何時間くらいですか?」と聞くのはよくありません。

なぜかというと、その聞き方だと残業を好まない人という印象を持たれてしまいがちで、企業側は基本的に残業を嫌がる人を採用したいとは思わないからです。いわゆるブラック企業でなくとも、現状の日本では残業がある企業がほとんどですからね。

ただ企業の方も、転職希望者を騙して入社させようと思っているブラック企業を除けば、入社後のギャップを埋めるためにも、気になることは聞いてほしいと思っています。内定を出したいと思っている優秀な人材であれば尚さらそうでしょう。

残業時間という聞きにくい質問でも、聞き方とタイミングを配慮すれば、確認することはそれ程難しいことではありません。

 

面接の場で差し支えない残業時間の聞き方

面接官

まずタイミングですが、面接官に「なにか質問は?」と聞かれたときに、最初の方ではなくいくつか質問した後に残業についての質問をしましょう。

仕事内容よりも残業時間の方が気になっていると思われる危険があり、印象がよくありません。せっかく面接自体は上手くいっても、最後の質問の仕方で台無しになってしまう可能性もあります。

無難な聞き方としては、単に残業時間だけを聞くのではなく、「残業があるのは厭わないが」という前置きが必要です。

残業を特にネガティブに捉えていないことを伝え、仕事への熱意をアピールしてから、配属予定部署の平均的な残業時間を聞くといいでしょう。

そして残業時間について注意、確認した方がいい点としては、企業によって残業に対する捉え方が違うということです。

外資系によく見かける「残業時間過多=作業効率の悪い能無し」と捉える企業もあれば、前時代的な「たくさん残業した人の方が頑張っている」と捉える企業もあります。

「御社は残業時間についてはどのようなお考えですか?」と、タイミングを計って聞いてみるのもいいでしょう。

 

転職エージェントを通して残業時間を把握する

転職エージェントとの交渉

残業時間だけではなく、離職率の確認や年収の交渉など、自分で直接聞きにくいことは転職エージェントに間に入ってもらうと安心です。求職者の不利にならないように確認・交渉してもらえます。

面接の場で残業時間を確認するよりもリスクは遥かに低いです。転職エージェントを通じてキャリアコンサルタントに確認するほうが安全と言えるでしょう。

 

まとめ

激務から逃れるために転職したのに、残業時間の確認を怠ったせいで、さらに激務の会社に就職してしまった・・・なんて、笑えませんよね。

自分の許容できる範囲の残業時間を把握し、それを超過しない程度の仕事量である仕事を探すためには、確認作業は省いてはいけません。

できれば自分で面接の場で聞き、現場の雰囲気や残業に対する姿勢を肌で感じることが大事です。それでも聞きにくいと思ったら、転職エージェントの力を借りてみましょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら