お付き合い残業が定着してる会社は、20年経っても定時で帰れないままですよ。

日本の労働時間、とくに残業に関して社会問題とされてから、随分と久しくなっています。

残業にしてもカラ残業、サービス残業、さらにはお付き合い残業という言葉まで登場し、日本における残業はやって当然の常識の域まで達しようかというほどです。

しかし、優良な企業は、無意味な残業をさせないよう徹底して指導する方針を取っていることが多く、逆に残業を嫌う企業もあります。

お付き合い残業などをさせているような企業は時代遅れになりつつありますが、未だにムダな残業が定着化してる企業がほとんどです。今日はそんな残念な企業文化について書いていきます。 

「お付き合い残業」が定着化してしまう理由

ブラック企業 社畜

残業して当たり前という雰囲気がなぜ作られてしまうのか。

それは従業員への給料が低いために、仕事をするふりをして、残業代を稼がなければ生活が成り立たない家庭が多いからというのがまず挙げられます。

いわゆる「カラ残業」というやつですね。

最近では、「残業代を上乗せしてどうにか生活しているのに新人が定時で上がるせいで稼げなくなった」というのがネット上で話題になっていたほどです。

こういった上司はもはや論外で、仕事うんぬんではなくモラルの問題とも言えます。どうしようもないです、ホント。

本来企業側からすると、カラ残業を繰り返す社員など損失以外のなにものでもないはず。さらに自分だけならず部下に残業を付き合わせるなど戦犯級です。

実際にカラ残業をしている人の本音の多くは、帰宅してもやることがないというのが一番多い理由でした。

帰りたくないという理由だけで、残業されたのでは企業にとっては迷惑この上ない話です。

定時で帰りたい若者にとっても、カラ残業ばかりしてる先輩がいると、自然と「帰れない空気」がどうしても生まれます。

最初は限られた時間で仕事を終わらせようと頑張っていても、どうせ帰れないしと言わんばかりにダラダラ仕事してしまう風習になってしまうわけです。

一部のモラルのない仕事ができない社員のせいで、会社全体がダメな方向へ向かってしまう、いわばウィルスのようなものです。ああ、恐ろしや。

いくら業務を効率化しても、ダメな上司がいると残業文化はなくならない

あぶり出し

理想の業務効率化とは、定められた時間内に仕事を終わらせる仕組みをつくり上げることに焦点があてられます。

残業になってしまう原因にはいくつもありますが、お付き合い残業は部下を巻き込んでいる分、生産性を落としかねないものです。

付き合わされている立場から言えば、断ってしまうと自分の評価がマイナスになるのでは、という不安が出てくる可能性があり、思考がマイナス側へ行ってしまいがちです。

お付き合い残業が常態化しているような会社では、巻き込まれてしまった人から見ると、将来の展望が暗いものしか見えてこないですね。

「定時に帰る」という意識がなければ会社は変わらない。

企業 

業務はチームワークで行なうことが多いのですから、業務を最大限に効率化させるには、絶対に定時で変えるという意識をチームの全員に徹底させる必要があります。

時間を制限するだけで、どのように動けば、効率よく仕事を片付けていけるのかなどを工夫するようにもなりますし、そのためにはコミュニケーションも活発化していくはずです。本来であれば。

しかし上司がダラダラと残業するタイプの人であるとどうでしょう?

いくら業務を効率化したところで、結局は帰れない空気になってしまって、残業することに変わりはありません。

部下のフォローのために上司が残っているならば、生産性を上げていけるかもしれませんが、上司の残業に部下を巻き込むなんて愚の骨頂。

どんなに優秀な社員でも、モチベーションを保ち続けることは難しいでしょう。

というか、優秀な人ほどそんな環境から抜け出していくものです。

なので、お付き合い残業が定着化してる会社ほどダメな人ばかりという図式になります。

生産性も下がりますから、会社としては当然マイナスです。完全なる負のスパイラルに陥ります。

今後はより、非残業の波が押し寄せる

非残業

今は、プライベートの時間もしっかりと大事にしていきたいという働き手が増えてきています。そのような中で、お付き合い残業をさせているような企業は、今後、生き残っていくことは難しくなっていくでしょう。

少子化が進むということは労働人口が減少していることと同じであり、行き届いていた部分に手が届かなくなっていくだろうことは明らかなわけです。

すでに各業界で人材不足が叫ばれていますし、少ない労働人口のなかでこれまで以上の成果を出すには、より効率化が求められるようになります。少子高齢化が進む日本では、今後その流れは強くなっていくでしょう。

ダラダラと残業してる社員から淘汰されていきます。間違いなく。仕事のできない管理職を雇う余裕なんて、これからの日本社会にはありませんからね。

残業文化が根付いてるなら早めの転職を

考えるビジネスマン

残業文化が根付いてる会社では、いくら業務を効率化しても定時で帰れることはありません。

残業文化については先述した通り、なかなか根が深い問題です。

無理に会社のあり方を変えようとするより、さっさと転職するなり、独立するなりしたほうがプラスに働きます。

仕事環境の改善を求める人が多くいますが、価値観が多様化している現在において、一つの働き方に拘るのも、視野が狭いなーと、個人的には感じます。

今は非常に転職がしやすい時期でもありますから、転職して報酬アップを狙うこともできますし、インターネットを通じて個人のスキルを活かした仕事をすることもできます。

価値観が多様化しているように、働き方も一つではなくなっているのです。無理に今の会社にこだわる理由はあまりないような気もします。

無理に他人(会社)を変えるか、自分が変わるか。どっちのほうが簡単かは明白ですね。

まとめ

少子高齢化が進んでいると言われている日本で、将来、労働人口が減少することは明らかです。そのことに対する負担を最も実感しているのは若い世代ではないでしょうか。

少ない人数で自分より年上の人間を復数支えなければならないことから、より効率を重視していくようになると考えられます。その流れを受け止められない人材は淘汰されていくようになるでしょう。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

ブラック企業に入社しないための心得11カ条

ホワイト企業の求人は見分けにくい?ブラック企業の求人と比較してわかること

ブラック企業が新人研修でよく行う洗脳の手口。教育と洗脳は紙一重?

「書類選考なし」の求人はブラック企業?求人を冷静に見分けるために必要なこと

ブラック企業大賞2015がついに発表!ブラック企業に入りたくなければ「利益構造」...

ブラック企業は面接で9割見分けられる!面接時に確認すべき項目まとめ。