ハローワークと転職サイトどっちで探す?それぞれのメッリト、デメリットをまとめてみた

今は転職するのが普通普通な時代なので、転職希望者は様々な手法を使って企業を探す事ができます。

ネットをメインで使ってる人なら転職サービス、足で探す人ならハローワークなど、人によってスタイルは様々で意見が分かれるところです。

その中でメインとなるものが、転職サイトとハローワークでしょう。転職希望者は、どちらを優先で使用していくべきなのでしょうか。

今回は転職サイトとハローワークで仕事を探すメリット、デメリットを探ってみます。

 

転職サイトで仕事を探すメリットは、力のある企業が集まっていること 

転職エージェントとの交渉

転職サイトは、転職者と企業を結びつける事で収益を挙げる人材会社の運営によって成り立っています。

企業は人材会社に報酬を支払い、より良い人材を採用しようとしているのです。

そのため、転職サイトに掲載がある企業は、ある程度採用にコストをかける事ができる力のある企業であり、転職者としては安心感があります。

また、転職エージェントやキャリアコンサルタントによる面談など、転職のプロによるサポートも整っています。

 

その反面、転職者に対するハードルがある程度高くなる傾向にあります。

転職エージェントも成果報酬に近い環境下で動いていますので、どうしてもスキルや経歴的に強い人材の採用に力を入れます。

逆を言ってしまうと、スキルや実績が乏しい人は、苦戦を強いられる可能性があるのです。

経歴がある程度整っていて、更なるステップアップを求める転職の場合は利用すると良いでしょう。

 

ハローワークのメリットは間口の広さにある

仕事への情熱

ハローワークは行政機関の仕事であり、企業は求人を掲載しても費用は一切発生いたしません。

そのため、設立して間もない企業や各種保険に加入していない企業、または募集要項を偽ったブラック企業といった、経営に余力がない企業でも無料で求人を出す事ができます。

また、ハローワークも企業を調査する事はないので、応募先の企業に対して不安は大きくなるでしょう。

ハローワークの求人にブラック企業が多いというイメージがついてるのは、そういった理由からきています。

 

その反面、企業が転職者に対するハードルは低めです。企業が採用にコストをかけない分、人材に対する期待も大きくはないと言えます。

ハローワーク職員は相談ベースで話ができる事や、職業訓練などでスキルを一から身に付ける事もできます。

そのため、一度リタイアした人や、フリーターからの脱出の機会としては、うってつけの場と言えます。

 

どちらのメリットも有効活用!自分自身の経歴で使い分ける

将来のキャリア像を整理する

上記のように、転職サイトにもハローワークにもメリットとデメリットがあります。

どちらが良いという訳ではないので、今までの自分の環境と経歴を見直しながら双方のメリットを使い分けて転職活動していくべきです。

もしくは両方を利用して、転職エージェントとハローワーク職員に相談をしながら、自分自身の現状と希望の企業をすり合わせていくために使っていきましょう。

 

転職活動をする上で、最終的に企業を判断するのは自分自身の目と頭です。

転職サイトに掲載している企業は全て安心できるとは限らず、ハローワークに出ているからといって必ずブラック企業とは言い切れません。

それぞれのメリットを理解し、最初からどちらが良いと判断するのでなく、どちらのメリットが自分に合うかを試していくようなスタイルがベストです。

 

まとめ

転職サイトとハローワーク、どちらもメリット、デメリットがあります。

それぞれの特徴をおさえて使い分ければ、転職のチャンスも増えていくでしょう。

 

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

仕事とプライベートを両立させるために意識すべき会社の選び方

転職で年収が上がる人はなにが違うのか。明暗を分けるポイントを徹底解説!

地方から東京へ転職する際に気をつける点。適当に活動すると失敗する理由

年俸制の会社へ入る際の注意点。メリット、デメリットをまとめてみた。

なんだかんだ言って「コネ」が転職に一番有利。

転職活動において「スキル不足」という問題をどうクリアするか?