ハローワークと転職サイトのメリット、デメリットを徹底比較!どちらを使うべき?

転職先活動中、ハローワークと転職サイトのどちらで求人を探すか迷うことがあるでしょう。

どちらもオーソドックスな方法ですが、人によって相性も変わってきます。

両者のメリット・デメリットを比較し、自分に合った方法で転職先を見つけましょう。

今回は、ハローワークと転職サイトのメリット・デメリットを紹介します

ハローワークを利用する3つのメリット

無料で気軽に利用できる

ハローワークは誰でも無料で利用することができます

求人検索や応募の際も、指定の用紙に必要事項を記入すれば手続き完了です。

ハローワーク内にあるパソコンを利用して求人検索し、気になる求人があれば、ハローワークの担当者が応募確認の電話をしてくれるでしょう。

パソコンを持っていない方でも身一つあれば応募できるため、手軽なのが魅力ですね。

地域に密着した求人が多い

ハローワークは各地域に設置されており、地元の雇用を活性化する使命があります。

そのため、掲載求人も地元関連の企業がほとんどです。

住居地から通いやすい職場を探す方にはもってこいの媒体と言えるでしょう。

求職者が周りに多数いて安心できる

転職活動は孤独な戦いですが、ハローワークに行くと多数の求職者がいます。

求人検索コーナーではほとんどのパソコンが埋まるくらいの求職者数ですし、ハローワーク関連のセミナーや説明会でも転職活動中の人に出会います。

「転職を考えているのは自分だけではない!」と思うことで、やる気や安心につながります。

ハローワークを利用する3つのデメリット

営業時間が限られている

ハローワークは一部週末や夜間も対応していますが、基本的には平日の夕方までの営業時間です。

土日休みの仕事をしている方は、有休を取得するか、休憩時間などを利用して活動することになります。

営業時間が限られる分、いつも混雑していて待ち時間が長いことが多いこともネックでしょう。

混雑具合によっては12時間待つこともあるので、在職中の人にはなかなか厳しいと言わざるを得ません。

ブラック企業やカラ求人もある

企業がハローワークに求人広告を掲載するのも無料です。

無料であるがゆえに、資金力がなく従業員を低賃金で働かせたり、サービス残業を強いたりするブラック企業も隠れています。

企業の宣伝目的や若手人事担当者の面接練習のために、採用意欲がないのに掲載する「カラ求人」と呼ばれる求人もありますよ。

ハローワークにブラック企業の求人が多いと言われるのは、こうした理由があるからなのです。

中小零細企業が多い

ハローワークに掲載されている求人は地域密着企業が多い反面、その多くが中小零細企業です。

中小零細企業自体が悪いわけではありませんが、企業情報も少なく、いい企業と悪い企業の見極めが非常に難しいと言えるでしょう。

あとは大手企業への転職を考えてる人には上記の理由からあまりオススメはできません。

転職サイトを利用する3つのメリット

求人が豊富で優良企業も多数掲載されている

転職サイトでは求人件数が多く、大手企業や地元以外の企業も見つけることができます。

転職サイトに掲載できる企業は資金力があり、採用活動にある程度のコストをかけてでも、優秀な人材を採用したいと考えています。

必然的に優良求人と出会いやすくなり、求職者にとっても安心材料となります。

応募先の担当者と直接やり取りできる

転職サイト経由で応募すると、企業の人事担当者と直接やり取りをすることができます。

募集内容の疑問点を確認したり、面接の日程調整を自分の裁量で交渉したりもできます。

曜日や時間を問わず活動できる

転職サイトであれば曜日や時間を問わず転職活動できます。

インターネットを利用してWeb履歴書や職務経歴書を作成し、応募することが可能です。

平日の仕事が終わった後や週末に集中して活動することも可能なのは助かりますね。

転職サイトを利用する3つのデメリット

転職活動はすべて自分でおこなう

転職サイトでは、求人探しから応募、面接の日程調整や給与交渉まで、すべて自力でおこないます。

求人件数が多い分、優良企業の見極めが難しいですし、転職活動中に相談できる相手もいません。

信じられるのは自分だけといったところでしょう。

応募条件がやや厳しい

ハローワークに比べて大手や優良企業が多い分、応募条件がやや高めに設定されています。

職歴や学歴によっては応募が難しいケースもでてくるでしょう。

パソコンがないと応募しにくい

Web応募が主流の転職サイトでは、パソコンがないと応募しにくいのも事実です。

スマホでも応募可能ですが、履歴書や職務経歴書作成、人事担当者とのメールでのやり取りなどは正直面倒です。

パソコンがないとスムーズではありません。

どちらのメリットも有効活用!自分自身の経歴で使い分ける

将来のキャリア像を整理する

上記でまとめました通り、転職サイトにもハローワークにもメリットとデメリットがあります。

今までの自分の環境と経歴を見直しながら双方のメリットを使い分けて転職活動していくべきです。

もしくは両方を利用して、自分自身の現状と希望の企業をすり合わせていくために使っていきましょう。

転職活動をする上で、最終的に企業を判断するのは自分自身の目と頭です。

転職サイトに掲載している企業は全て安心できるとは限らず、ハローワークに出ているからといって必ずブラック企業とは言い切れません。

それぞれのメリットを理解し、最初からどちらが良いと判断するのでなく、どちらのメリットが自分に合うかを試していくようなスタイルがベストです。

転職エージェントも併用することで成功率が上がる

上記に加えて、転職エージェントも併用することで転職成功率がアップするでしょう。

ハローワークと転職サイトの共通デメリットとして、「転職サポート力が不足している点」があるからです。

ハローワークでは主に応募前のアポ取りをしてくれるだけですし、担当者も長年転職支援をおこなっているプロばかりではありません。

転職サイトにいたっては完全に自力応募ですので、転職活動の知識や交渉力がないと、内定までに時間がかかることもあります。

転職エージェントは転職支援のプロが担当につきます。

求人紹介、書類添削、面接対策、日程調整、給与交渉と、幅広くサポートしてくれるのが魅力ですね。

転職エージェントの中でサポート、求人の質が高いのはリクルートエージェントが上げられます。

リクルートエージェントは国内最大級の規模と実績を誇る転職エージェントで、転職成功者を多数排出しているエージェントです。

転職を考えてるのであれば、まずはリクルートエージェントに登録しておいて間違いありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

転職知識がなく活動に自信がない方でも、安心して応募に臨むことができるでしょう

まとめ

転職サイトとハローワーク、どちらもメリット、デメリットがあります。

それぞれの特徴をおさえて使い分ければ、転職のチャンスも増えていくでしょう。

転職活動に不安が大きい方は、転職エージェントの併用で成功確率をアップさせることもできます。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

就職Shop
同じくリクルートグループが運営している20代若手向けの転職エージェント。正社員未経験験でも多数の転職成功者を輩出しています。書類選考は一切ないため、初めて転職する人でも内定を得やすい点も◎。また若手向けでは珍しく営業職以外の求人も多く揃っています。営業職から別の職種へ転職したい人にもうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎就職Shopの詳細はこちら

type転職エージェント
年収交渉力に長けた転職エージェント。転職で年収UPを目標にサポートしているため、転職後の年収UP率は70%を超えています。それぞれ業界ごとに担当が就くので、業界に精通したキャリアカウンセラーがあなたを年収UPに導きます。今の年収に不満がある人は相談してみましょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら