楽そうなイメージの事務職。実際のところ本当に楽なのか確認してみた

事務職ってなんとなく楽なイメージがありますよね。残業もなく定時で上がることが多いような印象もあります。

では実際のところはどうなのでしょうか。事務職の仕事や残業時間などについて調べてみました。

事務職の主な仕事内容

事務職の仕事

事務と一言で言っても、業種や会社によって仕事内容はマチマチです。ここでは事務職の仕事としてよくある内容をいくつかピックアップします。

1.一般事務

電話応対や来客への応対書類の作成などの仕事を担当します。社会人としての一般常識や、ワードやエクセルなど、基本的なパソコンのスキルが必要とされます。

活かせるスキルとしては、来客や電話に対して丁寧に応対できるビジネスマナーや、おもてなしの気持ち、事務処理能力などがあります。

2.営業事務

営業に受注や発注、営業業務の管理などを専門的に行う、営業職をサポートする仕事です。基礎的な事務作業スキルだけでなく、その営業分野に関しての専門知識が要求されます。

活かせるスキルとしては、営業経験や、コミュニケーション能力、事務処理の正確性などがあります。

3.経理

会社のお金の出入りを管理したり、それを帳簿につけたり、伝票を整理したり、決算書や貸借対照表、決算書や財務諸表などを作成します。

一般的な事務的スキルのほかに、基礎的な会計業務に関するスキルが必要となります。

4.会計

会社の財政の変動を報告したり、金銭の収支を報告する仕事を担当します。税理士さんや会計士さんとのやりとりもあるので、コミュニケーション能力や、会計の一般的知識も必要となります。

5.財務

銀行からの融資を受け、予算編成などを行う仕事です。経理がお金の流れを記録する仕事だとすると、財務はお金の流れを管理する仕事だということができます。

経理や会計、財務の仕事に活かせるスキルとしては、日商簿記(2級以上)や実務経験、基礎的なパソコン能力と、事務作業の正確性などがあります。

事務職が楽に思われる理由

事務職

営業職がストレスともろに向き合う仕事であったり、他の職務が残業が多くても、事務所は残業が少ないなどのイメージから、「事務職=楽」という印象を持っている人が多いようです。

確かに体力的には楽という側面もあるのですが、常にパソコンのモニターと向き合っていたり、長時間座っていなければならないなど、肩こりや腰痛、眼精疲労と隣り合わせの仕事でもあります。

ふた昔も前には事務職というとお茶くみやコピー取りなどと蔑視されていましたが、パソコン仕事が主流となった現在では、仕事も多岐にわたっており、必ずしも事務職だから楽ということは言えなくなってきています。

実際のところどうなのか

事務職が他の部門に比べて一般的に残業時間が少ないのは事実です。「だから楽なんでしょ」、という風に思われている一面があるようです。

ただ、事務職もその職種はさまざまです。経理や会計、財務といった仕事になると責任も重くなってきまし、会社が扱う業務によっては、事務職でも残業が発生することもあります。

たとえば、不動産の仕事の事務の場合などは、お店が閉まる時間になればほぼ残業なしで帰れますが、現場仕事の事務などの場合は、仕事の進捗次第によっては残業が発生したりします。

結局のところ、他の仕事と同じですが、スキルがある人間は事務職の場合でも有利な条件の仕事に就けて、スキルがない場合には、条件が悪かったり、残業があるような仕事にしか就けないというわけです。

一般事務などは楽な仕事の代表のように思われていますが、給料は安いですし、仕事も単調なので、それでも構わないという人でなければ、時間が過ぎるのが遅くて辛いかもしれません。

まとめ

事務職が楽かどうかということについて見てきましたが、なにを楽と感じるかは人それぞれなのかもしれません。肉体労働で頭を使わない方が楽という人もいれば、体力仕事はしんどいという人もいるでしょう。

それに、楽かどうかだけの基準で仕事を決めてしまった人が、後になってから、やりがいがなくてつまらない、などと言い始めることもよくある話です。まずは自分にとって仕事が何なのかという位置づけを明確にすることが大事でしょう。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

正社員だけじゃない!派遣社員という働き方のメリット

高卒フリーターに未来はあるのか?学歴と職歴のハンデを乗り越えて就職する方法

「働きがいのある企業」と「働きやすい企業」は違うよね。

もう就活したくない!モチベーションが下がったときに自分を奮い立たせる方法

【就職・転職活動】企業とのメールのやり取りは、ココさえ抑えておけばOK

就職活動中の「クールビズ」はアリか?ナシか?その是非を問う