ぶっちゃけ使えない転職エージェントの特徴とその対処法

転職活動において、心強い味方になってくれる転職エージェント。なかでも“アタリ”のエージェントに出会えればスムーズかつ有利に転職活動がすすめられます。

ですが、中には“使えない”転職エージェントがいるのも事実で、当たってしまうと心強い味方どころか転職の障害にさえなってしまいます。

今回は、そんな使えない転職エージェントの特徴と対処法についてお伝えします。

 

こんな転職エージェントは要注意

転職エージェントに悩む

使えないエージェントの項目はたくさんありますが、大きく分けると5つの特徴にまとめることができます。

①コンサルタントの能力が低い

キャリアアコンサルタントは、求職者の希望やスキルを考慮して、適切なアドバイスや補助をするのが仕事です。

しかし中には経験不足や知識不足だったり、勘が悪かったりして求職者の足を引っ張るコンサルタントがいます。例えば以下のようなダメな点が挙げられます。

・キャリアコンサルタントとしての経験が浅い

・業界、職種、企業、求人内容の知識が不足している

・臨機応変な対応や適切なアドバイスができない

・明らかにマッチング精度の低い求人を紹介してくる

・交渉能力が低い

つまるところ、知識や経験の浅い人やマッチング能力の低い人が挙げられます。

②コンサルタントの態度、マナーが悪い

転職は人生の大きな分岐点に関わる繊細な問題なのに、不便や不快な思いをさせてくるコンサルタントが時折見受けられます。

これはコンサルタント個人のパーソナリティの問題ですが、例えばこんな点があります。

・求職者のキャリアや志向を否定する

・自分の考えや価値観を押し付ける

・横柄な態度を取ったり、説教をしたり、ビジネスパーソンとしての礼儀が足りない

・仕事中に電話をしてくる、現職のメールアドレスに連絡してくるなど、配慮が足りない

・レスポンスが遅い

・やる気を感じられない

・一件失敗したらその後音沙汰なし

この手のタイプは相手によって態度を変えるパターンが多いです。転職コンサルタントからすれば、求職者の採用が決まれば自分の業績や収入に大きく貢献するわけですから、早く決まりそうな人とそうでない人を分けて接していると言えます。

③コンサルタントの都合を押し付けてくる

前項でも少し触れましたが、転職エージェント会社はもちろん慈善事業をやっているわけではなく、成功報酬で転職先の企業から収入を得ています。

そしてキャリアコンサルタントはエージェント会社の営業の側面を持っています。つまり、コンサルタント個人も求職者の転職を成功させることで営業成績を稼いでいるので、当然転職の成功にはこだわります。

ここで問題になってくるのが、転職の成立に固執し、求職者の利益を二の次にするコンサルタントがいることです。例えばこんな特徴があります。

・求職者の「希望」を軽視し、「受かりそうな求人」ばかり勧めてくる

・適切な時期ではないのに転職させようとしてくる

・内定が出たら強引に入社させようとしてくる

・辞退したら責めてくる

転職コンサルタントも人の子ですから、時には自分の利益のために行動することもあるでしょう。しかし、それが行き過ぎると、求職者とのズレが生じて時にはトラブルにつながります。

転職したことで人生が不幸になるのは避けるべきですので、自分の要望をしっかり通す気概が必要です。

④専門性が低い

これはコンサルタント個人の問題の場合と、希望する業界とは違う業界担当のコンサルタントをあてがわれた場合と、エージェント会社自体の専門性が低い場合が考えられます。

自身の希望とは違う業界のコンサルタントがつく場合は、例えば現職の業界と、希望する業界が違ったりすると発生することがあります。

キャリアコンサルタントは担当業界の情報には精通していますが、担当外の業界のことには疎かったりします。なので、コンサルタントの業界知識が乏しいと感じたら、担当を変えるべきでしょう。

そしてエージェント会社自体が専門性が低い場合もあります。大手なら基本的にあらゆる分野の業界に精通してますが、中小の転職エージェントだと、苦手な業界の一つや二つあるものです。

その場合でも、別の転職エージェントに切り替えるなどして対処しましょう。ひと昔前とは違い、今は複数の転職エージェントに登録するのが基本ですから、躊躇する必要はありません。

⑤希望に合う求人を持っていない

これはコンサルタント個人の問題ではなく、そのエージェント会社そのものが求職者に合っていない場合です。

そもそも保有している求人数が少なかったり、専門が違う、あるいは専門性が低かったりすると、希望通りの求人をなかなか紹介してもらえないという事態が起こります。

やはり転職エージェント会社の力によって求人内容が異なってくるのは事実です。自分の希望する求人がない場合も、エージェントを変えたほうがベターでしょう。自分の力だけではどうにもならない部分ですからね。

 

使えない転職エージェントに当たったときの対処法

使えないエージェント

ほとんどの転職エージェント会社では、相談窓口に連絡をすれば担当者を変えてもらうことが可能です。担当コンサルタントに疑問を感じたら、担当者変更を依頼してみましょう。

そしてエージェント会社そのものに不満を持ったら、はやめに別の転職エージェントに切り替えることを勧めます。

同じように見えるエージェントでも、それぞれ得意不得意があるものですし、何より使えないエージェントで消耗している時間がもったいないですから。

 

まとめ

転職エージェントは転職のプロであって然るべきですが、なかなか全員そうであることは難しいのです。

“使えない・・・”と思ったら、遠慮せずに担当変更や他エージェントを検討してみましょう。

自分に合ったエージェントやコンサルタントを見つけ、手助けしてもらうことが、転職成功への近道でもあります。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら