転職したいけど気力がわかない時の立ち回り方。自分を責めずに状況整理から!

転職したいのは山々だけど気力がわかずに何もできないまま時が過ぎ去ってしまってませんか?

会社員として働いていると精神的にも体力的にも大変なことが多く、辞めて転職したいのにどうも気力がわかないことがありますよね。

今の環境に不満を抱えたまま働き続けるのは辛いことなので、何とか状況を改善したいと考える方も多いでしょう。

そこで今回は、転職したいけど気力がわかないときの立ち回り方を解説します。

まずは気力がわかない理由を冷静に分析しよう

気力がわかないのは誰にでもあることです。

皆が皆、いつでもやる気満々で行動力を発揮するわけではありません。

なので、仕事帰りや週末に好きなことをする、自宅でリラックスするなどしているうちに、自然と気力が戻ってくることはあります。

とはいえ、転職したいのに気力がわかないという気持ちのままいると、自分を責めてしまったり、焦ってしまったりと精神的にいいことがありません。

まずは、気力がわかない理由を考えてみましょう。

例1.次にやりたいことが見つからない

転職したいけど気力がわかないのは、次にやりたいことが見つかっていないからではないでしょうか。

その場合の「転職したい気持ち」は前向きなものではなく、とにかく今の職場環境から逃れたいだけかもしれません。

ここでは、転職より前に、「なぜ今の職場が嫌なのか」を掘り下げて考えてみる必要があります。

人間関係が嫌なのか、仕事内容に不満があるのかなど。

さらに、どうすれば改善できそうかまで考えてみましょう。

改善方法としては、たとえば、信頼できる上司や先輩に相談する、仕事で役立つ資格の勉強をする、職場異動を申し出るなどが考えられます。

やりたいことがなければ目的地が見えていませんので、気力がわかなくても当然です。

転職は思いとどまり、まずは今の環境を改善できないか考えてみましょう。

例2.今の仕事が忙しすぎて体力的に辛い

次にやりたいことがあるから転職したい場合でも、今の仕事が忙しすぎて体力的に限界がきていると、体を休めるのに精一杯で、転職する気力などわかないことがあります。

転職活動は書類作成や面接などを仕事以外の時間でおこなう必要があり、相応の体力が求められるからです。

このときやるべきことは、体力を回復させることです。

そのために以下のような方法があります。

  • 有休や代休を申請して休む
  • 効率重視でダラダラ残業しない
  • 自分でなくてもできる仕事は周りに振り分ける
  • 後輩を育てて業務分担しやすい環境を作る
  • 上司に増員を提案する

仕事が忙しすぎるなら、仕事のやり方に問題があるか、職場環境に問題があるかのどちらかです。

根本的な原因を探ることで、これまでと同じ業務量でも体力が回復し、気力もわいてくるでしょう。

精神的に疲労しているなら休養することが先決

職場の人間関係や厳しいノルマがあり、精神的に疲れていることも、気力がわかない原因かもしれません。

今の職場環境を振り返った結果、精神的に疲れ果てたと思うのなら、まずは休養しましょう。

有休があるなら周りを気にせずとにかく休むことが大切です。

医師によりうつ病などのメンタルの不調が認められたなら、健康保険の傷病手当金を受給しながら休職する方法もあります。

休養を先決させるべき理由は以下のとおりです。

転職活動してもうまくいかない

気力がないまま転職活動をしても、なかなか上手くいきません。

転職では、応募先企業から採用したいと思われるだけの自己PRが必要なのに、気力がない状態でどうやってアピールするのでしょうか。

面接でやる気や覇気がないと思われて不採用になることも多く、そのことで精神的にダメージを受けるという悪循環が生まれます。

メンタルは整うまでに時間がかかる

少し疲れている程度であれば、休養することで元気になることは多々あります。

しかし、何をするにも気力がわかないほど疲れているなら、メンタルが不調を訴えている可能性が高いです。

メンタルは、風邪や軽い頭痛のように薬を飲めばすぐに症状が改善されるものとは違い、整うまでに時間がかかります。

特にうつ病などになると再発の可能性もあり、働くことが大変になるケースもあります。

精神的な疲れはとにかく早めに対処することが大切だということです。

すぐに転職する気がなくても転職エージェントに登録しておくべき

気力がわかない状態ではなかなか転職活動に踏み切る気にならないかもしれません。

すぐに転職する気がなかったとしても、ひとまず転職エージェントに登録しておいたほうが何かとメリットがあります。

主なメリットを以下にまとめておきます。

いつでも転職できる安心感につながる

転職エージェントに登録すると、実に多くの企業が世の中に存在していることが分かり、自分にも多数の可能性があると認識できるはずです。

なので「いざとなれば辞めて転職すればいいのだ。」との安心感につながります。

精神的に落ち着くようになり、今の職場への不満が減っていくこともあります。

自分に合った企業を紹介してもらえる可能性が高い

転職エージェントは、登録者の経歴や希望にフィットした企業を探してくれるプロです。

とりあえず登録しておくだけでも自分に合った企業との出会いがあり、「こんな会社で働いてみたい!」と、気力がわいてくることも珍しくありません。

自己流で探すより成功する確率は高いはずです。

キャリア面談でプロのアドバイスを受けることができる

登録するとまずキャリア面談をおこないますが、今すぐ転職する気がない方にも十分価値あるものです。

プロのアドバイザーと一緒に自身の経験やスキルを整理することで、今後はどうしていきたいのか、自分には何ができるのかが見えてくるでしょう。

まとめ

転職したいけど気力がわかないのは、自分の中に相反する気持ちが存在している辛い状態です。

気力がわかない自分を責めたりせず、まずは状況を整理することが大切ですよ。

気力がわかない原因を探り、今できる対処法をすることで、状況改善や気力アップにつながるでしょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

就職Shop
同じくリクルートグループが運営している20代若手向けの転職エージェント。正社員未経験験でも多数の転職成功者を輩出しています。書類選考は一切ないため、初めて転職する人でも内定を得やすい点も◎。また若手向けでは珍しく営業職以外の求人も多く揃っています。営業職から別の職種へ転職したい人にもうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎就職Shopの詳細はこちら

type転職エージェント
年収交渉力に長けた転職エージェント。転職で年収UPを目標にサポートしているため、転職後の年収UP率は70%を超えています。それぞれ業界ごとに担当が就くので、業界に精通したキャリアカウンセラーがあなたを年収UPに導きます。今の年収に不満がある人は相談してみましょう。

▶︎▶︎type転職エージェントの詳細はこちら