「仕事に行きたくない」と感じたら会社を辞める前に考えるべきこと

「仕事行きたくない」誰しも一度は思ったことがありますよね。日曜日の夜から月曜日にかけては、とくにそう感じることが多いのではないでしょうか。

ある大手匿名掲示板では、月曜日を擬人化して遊び、気持ちを前向きに切り替えようと盛り上がっている様子を見かけることがあります。

なぜ、仕事へ行くことに対してネガティブになるのか。原因は人それぞれで違ってきます。

 

仕事へ行きたくないと感じたら、まずは原因を探ってみよう

仕事へ行きたくないと感じるときは、何かしら理由があるものです。

「ミスをしてしまった」、「通勤に時間がかかる」、「面白みや新鮮味が足りない」など、人により理由はさまざまです。

ミスをしてしまった場合、終わってしまったことならば、自分なりの方法で気分を切り替えるしかありません。現在進行中なら、周囲に協力をお願いし、早期に解決してしまうことが重要です。

いつまでもミスをした状態を引きずっていると、ご自身だけでなく、全体へ影響してしまいます。ヒューマンエラーを完全に無くすことは不可能ですから、ミスをしてしまったなら、できるだけ周囲に協力をあおぎ、早めに解決してしまいましょう。

通勤時間が苦痛と感じるのは、電車が満員で窮屈さを感じたり、通勤時間が長すぎることでストレスを感じていることが多いです。

その時間を自分の趣味のために使い、いかに楽しい時間に変えるかという工夫が必要になるでしょう。

また、現在の自分の仕事に対して面白みや新鮮味を感じられないならば、「最適化」をしてみるのも一つの手です。

従来の方法では、3時間かかっていた仕事をもっと早く終わらせることができないか、などの方法を感がてみましょう。

仕事を早く片付ければ、その分、新しいことにチャレンジできるので、やり甲斐が出てくるのではないでしょうか。

 

仕事や職場自体が自分に合っていないなら転職したほうがいい

現在の勤め先が自分に合っていないと感じているならば、早々に転職することを考えても良いでしょう。その場合、転職サイトや転職エージェントに登録することです。

とくに転職エージェントに登録することは大事です。転職エージェントには転職に必要なノウハウが蓄積されていますし、その仕事柄、各企業が必要としている人材に詳しく、公開されていない「非公開求人情報」を手に入れることもできます。

また、カウンセリングなどを受けて、ご自身を見つめ直す機会にもなります。自分の適正はなにか、自分が持っているスキルにはどのようなものがあるのかを知ることで、新たな可能性が見えてきます。

その結果、実は今の職場が一番自分に合っていると再確認できることも珍しくありません。職を変えるのが必ずしも正しいとは限りません。

仕事に行きたくないと感じたら、すぐに転職を考えるのも良いですが、その前に「なぜ仕事に行きたくないのか」を考えることが大切です。

原因が分かれば、解決策も自ずと見えてきますし、どこで詰まっているのか把握することで、誰かに相談しようと思えることもあるはずです。

単純になんとなく気分が落ち込んでいるだけならば、仕事の準備をしているうちにスイッチが切り替わり、憂鬱な気分が無くなるパターンもあります。

原因と解決策を考えて、なお仕事に魅力を感じられないならば、早めに転職を考えることをお勧めします。モチベーションが低いまま、仕事に取り組んでいても、自分のためにも周囲のためにもいい影響はありませんからね。

人生を楽しむ選択肢として、「他にも仕事があるんだ」と分かるだけで気分がすっきりすることだってあるのです。

 

まとめ

「仕事に行きたくない」だけで転職を考えるのは早計です。まずは行きたくないと感じる原因をはっきりさせましょう。

そのうえでどうしても自分に合わないと判断した時は、迷わず転職をしたほうが長い目で考えると良い結果を生むことになってくるはずです。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら