むやみな転職は危険?辞めグセがついてしまってる人が仕事を変えるまえにすべきこと

一般的には、転職回数が多ければ多いほど、企業はその転職者の履歴書に注意を払います。特に短期間で職を転々としている人に関しては、その人自身に辞めグセがついているので、採用してもすぐに辞められてしまうと予想されます。

そのため、辞めグセがついている人は職を変える前にそれを改善すべきです。とは言え、長年の行動でついてしまった辞めグセを改善する方法はあるのでしょうか。

 

辞めグセがついている人の思考回路

辞めグセがついて転職を繰り返す人は、言葉通りクセとして無意識に行動しています。ただ、ここでの無意識は行動というよりも思考の部分です。

転職をする人は、当然何かしらの理由があってその結論に至りますが、辞めグセがある人は頭の中で現職の嫌な部分に焦点を当てがちです。それが辞めたい理由として無意識に現れる思考回路になっているということです。

転職をして前職にあった不満を解消したとしても、新たな職場にはまた新たな不満が生まれます。

辞める理由を探してしまうクセがあると、すぐにまた転職に向けた行動をしてしまい、新たな職場でも同じことを繰り返します。一種の無限地獄のようなものです。

クセにはクセで対抗!辞める理由を見つけた時は…

辞めグセがついて転職を繰り返す人は、辞める理由を無意識に見つける事が上手です。辞める理由とは、基本的に会社に対しての不平不満である事がほとんどです。

そこで、辞めたい理由を見つけたら、同時に会社に残りたい理由もとりあえず探してみましょう。

「○○が嫌だから辞めたい、でも○○な部分はあるから残りたい」というように、不平不満だけでなく会社の利点も一緒に探してみれば、意外と客観的に恵まれたポイントが見つかることも多いことに気づきます。

もし見つからなければ、無理やりにでも作ってみましょう。辞めようと転職へ行動する前に、今の生活で改善できる方法を考えるクセをつけることです。

例えば、残業の長さが不満の場合、無理せず翌日に回し、頭が働く朝早くに出社して集中して片付ける事が改善策の一つとなるかもしれません。

収入が低いと感じるのであれば、仕事で結果を残して会社に利益を生み、給料増額のアピールをすることもできます。

意外と埋もれているかもしれない改善策を模索すれば、転職しなくてもより良い生活が手に入る可能性があります。

 

転職は最終手段!まずは出来る範囲でクセ付けを

辞めグセがついている人は、計画性なく行動に移してしまいがちなので、結果的に良い転職に繋がりにくくなります。

仕事をしていて辞めたいと思った時、まずは現職場の利点も考えるクセをつけ、一旦踏み留まりましょう。

踏み留まって考え直して改善してみて、それでも難しいと思えた時に最終手段が転職を考えましょう。

この思考回路をクセ付ける事ができれば、むやみな転職をして不利な履歴書を作る事もなくなるでしょう。

 

転職成功率の高い転職エージェントランキング

リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

パソナキャリア
転職成功者が25万人以上と結果にこだわってる転職エージェントです。さらに転職後の年収UP率が67%と異常な数値を叩き出しており、キャリアコンサルタントの質が高いことが伺えます。安心して任せられる転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎パソナキャリアの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら