新卒3年以内での転職は不利?その実態を調べてみた。

 卒業して就職が決まったけど、いざ仕事を始めてみたら思っていたのと違うと悩んでる人は多いでしょう。

新卒3年以内の転職は不利とよく聞きますが、若い今のうちに転職したら、ロスが少なく済むんじゃないか?なんて考えことだってありますよね。そんな時にまず考慮してほしいポイントをまとめてみました。

新卒3年以内の転職するメリット

メリット

まず新卒3年以内の若いうちに転職するメリットをサラッと挙げてみます。

 1.求人数

最大のメリットは当たり前ですが「若さ」です。どの業界でも未経験者の場合、まずは若いということが最優先されます。ベンチャー企業などは特に、平均年齢が若い傾向がありますので、ベンチャーへの転職の際は若いうちがベストです。

2.軌道修正

特定の業界に長く勤めて年齢も上がった後だと、転職が困難になってきます。今の業界に適性がないと感じて、もし本当にチャレンジしたいのなら、若いうちに思い切って転職するのもよいでしょう。

未経験の職種へ転職する際も若い方が断然有利です。

 3.需要

詳しくは後述しますが現在、転職業界では第二新卒の需要が急速に高まっています。新卒3年以内でしたら、それでけでもアドバンテージがあります。

自分の価値が高い状態で転職ができるのも、大きなメリットでしょう。

新卒3年以内で転職するデメリット

無理に仕事を続ける

新卒3年以内で転職するのはメリットばかりではありません。当然ながらデメリットもあります。主なデメリットは以下の通りです。 

1,経験不足

当たり前ですが、転職市場でまず求められるのは「実績」や「スキル」です。新卒3年以内だと、経験値が絶対的に足りないとみなされる傾向にあります。

即戦力を求めてる企業の場合、自分をいくら売り込んでもスキル不足と捉えられることが多いでしょう。そうなると書類選考を通過するのも大変です。いざ転職してからも、周りについていけずに苦労することも珍しくありません。

2.問題が解決するとは限らない

仕事面にしても人間関係にしても、うまくいかない時というのは必ずあります。そんな時に一度リセットしたくなるのは分かるのですが、転職したからといって、問題が全て解決するとは限りません

逆になれない環境で新たなストレスを抱えるリスクも当然ありますし、転職先で上手くいかないとまた転職するハメになる可能性もあります。キャリアに傷がつくこともあるので要注意です。

3.経済的な問題

今の会社を辞めてすぐに就職が決まっているのならともかく、転職期間中は当然、収入が入ってきませんので、ある程度の蓄えは必要でしょう。

また、退職金や企業年金が不利になることも覚えておいてください。 

第二新卒の需要が高まってる事実と理由

新卒

 デメリットを見てしまうとしり込みしてしまいそうですが大丈夫、あなたはまだ十分若いのですから。最近では企業側にも第二新卒者を求めるところが増えてきています。その理由を考察してみましょう。

 1.社会人としての最低限のスキルがあるとみなされる

 大学を卒業して就職した人たちは、企業側からすると正直な話、最初は使い物になりません。一般業務はもちろんのこと、電話応対やビジネス上の礼儀、言葉遣いまで、長い時間かけてしっかり教育しなければなりません。

ところが第二新卒の場合、そういった基礎的なビジネス研修を考慮する必要がなく、初めから業務に入っていけます。ある意味、教育担当者にとっては業務よりも一般常識を教えるほうが大変なのですから。

2.新卒よりも経験値面で有利

 一度は就職をしているので、一般的な業務に対しての理解や処理能力は、当たり前ですが新卒者よりも高いです。

企業にとって余分な教育コストを削減できます。このあたりも第二新卒が喜ばれる訳です。

 3.若いとバイタリティ面でも評価される

 新しい業界や仕事にチャレンジする!というバイタリティも評価の対象です。転職したいと思う人は多くても、実際に行動に移せるのはその内のごくわずか。

 新卒でなんとなく入った時とは違い、転職組は具体的な目標とやる気をもってるとみなされる傾向にあります。

 4.会社にとってもいい刺激になる

企業によっては新卒を採用していないところもあります。当然、社員の平均年齢は上がったいきますが、第二新卒者を採用することで、会社に新しい風を吹き込むことができます。

既存の社員にとってもいい刺激になりますので、積極的に第二新卒を採用する企業が増えています。 

第二新卒に特化した転職サイトが増えていて、今が狙いどき

スクリーンショット 2015-11-27 17.07.03

そして追い風として、ここ数年で第二新卒やフリーターの転職を積極的にサポートしてる転職サイトが一気に増えてきています。

転職サイトが増えているというのは、それだけ市場に対して需要が高まっているという証拠でもあります。以下に紹介するサイトが第二新卒に特化した転職サイトです。

転職活動を本格的に始める前に、まずは今の自分でどんな企業を受けれそうか確認しておくのがベターです。情報収集がてら登録して求人を見ておきましょう。

転職サービスは一つだけでなく、複数登録が基本です。選択肢を広げるためにも最低限、上記の転職サイトの登録は済ましておきましょう。

いざ本格的に転職活動をする際には、専属のキャリアカウンセラーに相談しながら活動すれば失敗する確率は減ります。登録して求人見るだけではもったいないので、積極的に活用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?仕事は長く続けるものなので、できればやりがいのある企業で働きたいですよね。転職は重大な決断ですが、若い内にしかできない場合もあります。じっくり考えて、良い職場を見つけてください。

転職エージェントへの登録が転職成功の秘訣

転職エージェントなら求人数、転職実績ともにトップクラスのDODAがオススメです。

非公開求人の数もかなり多く、他社の2〜3倍はあると言われています。

他社ではあまり扱われていない希少性の高い求人も多数扱ってますので、仕事の選択肢もだいぶ広がるでしょう。

また、担当のキャリアコンサルタントの質も大変高いことで有名です。

  • 職務経歴書などの書類作成のサポート
  • 面接対策
  • 企業との交渉

などなど、転職活動全般を徹底的にサポートしていただけます。

転職を考えるなら真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

▶︎▶︎DODAの求人・詳細を確認する

関連記事

新卒入社で転職のベストなタイミングは、ズバリ「2年目」

新卒入社で手取り20万。転職すべきかの判断基準について考えてみた

【第二新卒の転職】辞めた理由をどう説明する?面接官が見ているポイントとは

新卒でブラック企業に就職してしまった若者よ、第二新卒枠で転職する手もあるぞ。

新卒の就活で失敗したと感じたら、第二新卒枠で転職を狙うべし。

新卒で入った会社がブラック企業だったら辞めるべき?悩めるルーキーに捧げる判断方法...