正社員で手取り15万は生活できないレベル?今すぐに転職すべき理由

手取りが15万円でも正社員だしボーナスはあるし・・・なんて思っていませんか?

これからますます増税の世の中になって手取額も減りますし、サラリーマンの平均年収も下がりつつあります。

後になって「あの時ああしておけば」と機会損失しないためにも、手取り15万の実情と転職について考えてみたいと思います。

手取り15万だと生活が困難になる理由

ブラック企業

まずは手取り15万が人生において、どれだけ損をしているのかについて触れていきます。

いくつか理由を挙げてみました。

1.貯蓄に回せない

都内の場合はルームマンションを借りても7~8万、場所によっては10万円以上かかります。

独身ならともかく結婚を考えている場合には厳しいのが分かりますよね。

一方、地方ではどうなのかと言うと、家賃や物価は都市部よりは安いですが、車がないと生活できないことなどを考えると、その維持費で都会とトントンというところでしょう。

つまり手取り15万と言う金額は、実家暮らしじゃない一人者が、なんとか生活していける水準といえるでしょう。

2.不慮の事故に対応できない

ちょっとした病気をしたり事故を起こした場合に、そもそもの給与が少ないので、大きな出費に対しての対応ができません。

貯蓄に回せないことでも同じことが言えますが、給料的に余裕がないと予想外の出費に対応できないといわけです。

最悪、生活が破綻したり、借金に手をつけないといけない状況になることだってあり得るでしょう。

3.年金問題

いかに将来の年金が満額支給されるかが分からないとはいえ、いまのところ公的年金が一番信用できるのも事実です。

手取り15万だと、厚生年金も貰える額が微々たる額ですので、老後がかなり厳しくなるのは容易に想像できますよね。

定年過ぎてもどこかで働かないといけない状況にだってなりえます。

その他にも保険会社を利用する手もありますが、会社が倒産したら積み立てた金額がパーになりますし

そもそも手取り15万では毎月の積立金を払うのも厳しいでしょう。

なので年金保険料を捻出できないとなると、老後破産や生活困難に陥る可能性が高くなってくるわけです。

月の給料が3万円アップしたら、どうなるか考えてみよう

給料

手取り15万がいかに損をしているかについて触れていきました。

ですが、実際に転職したら大幅に給料が増えるかというと、なかなかそうも上手くいきません。

せいぜい2、3万円アップがいいところかもしれません。

月に3万円と言うと大したことのない額に思えるかもしれませんが、定年するまでに仮に40年間働いたとしたら、その差なんと17,280,000円の差になります。

桁数がやばいですね(笑)

ちなみに大抵の企業の最低ラインの給与水準が、手取りに換算して月に15万程度です。

なので、それよりも手取りが少ない、もしくは同額で待遇が悪いようなら転職も視野に入れたほうがいいでしょう。

実際に転職サイトなどに登録してみるとわかると思いますが、意外と悪くない求人が多いです。

今の待遇を嘆くくらいなら、早めに転職の準備をすすめたほうがいいと思います。

転職の準備としては、まずスキルを身につけることを勧めます。

若いうちの方が転職するにしても色々と有利ですが、たとえば高卒で資格もスキルも何もないというようでは、そもそも転職が困難です。

仮に転職しても給与がそれほど良くなるとは思えません。それよりは、資格やスキルを身につけて、自分のウリができてから転職活動に臨む方がいいです。

現在、地方で仕事してるなら都内進出も検討すべき

地方

ここからは地方で仕事をしてる人向け。差別するわけではありませんが、実際問題として都内に比べ地方の仕事は給料が少ない傾向にあります。

これから転職して給料アップを狙うなら、都内進出を考えるべきです。

その理由をいくつかピックアップしてみました。

1.給与面が全然違う

都会は家賃や物価も高いですが、地方に比べ時給も高いです。

非正規雇用のパートさんやフリーターでも、その気になれば20万くらいは軽く稼げてしまいます。

正社員でも手取り10万円代とかザラな地方に比べると、その差は歴然です。

2.求人数が桁違い

地方に比べると都会では求人数が段違いです。

その分選択肢が増えますので、必然的に仕事を選べる機会が多くなります。

特に派遣社員などはどこの企業でも歓迎されますし、そこから正社員に登用される道もあります。

地方で手取り15万円で生活しているよりは将来に対しての望みがあると思います。

3.環境的にやっぱり便利

一度都会に住んでしまうと地方に戻れない、という人が必ず言うのがこれです。

スーパーやコンビニが遠い、銀行が少ない、遊ぶところがないなど・・・。

海や山ももちろん良いのですが、都会はなんといっても生活する上ではとても便利です。

4.学校の問題

将来子供を大学に行かせるとなった場合に、都内にはやはりレベルの高い大学が多いです。

上京して一人暮らしをさせると、仕送りなどで一人分余計にお金がかかることになるので、どうせなら最初から通学に便利な都内住むという選択肢もあると思います。

自己流で転職すると失敗する

続いて転職に際しての注意点ですが、自分一人で転職活動をするのは避けましょう。

先ほど手取り15万の場合は転職した方がいいと述べましたが、自己流で転職すると失敗する可能性が高いのです。

実際、転職をしても年収が変わらなかったり、今より下がったというケースは非常に多いです。

手取り15万の場合、正社員でしたらそれ以上下がるケースは稀かもしれませんが、据え置きになってしまう可能性は否めないでしょう。

せっかく転職しても手取りが変わらないのであれば、あまり意味はありませんよね。

そうならないためにも、転職については転職エージェントに相談するのが必須です。

転職エージェントは登録から利用まで全て無料ですし、プロのキャリアコンサルタントに転職の相談ができます

転職エージェントと言ってもいくつか存在しますが、年収を上げることを第一に考えるのであれば、パソナキャリアに真っ先に登録すべきです。

パソナキャリアの特徴は何よりもコンサルタントの質が高く、転職後の年収UP率が67%とズバ抜けています。

転職して年収を上げるのであれば登録しない手はないでしょう。

表には出てこない非公開求人も数多く、その中に魅力的な求人もかなりの数あります。

無駄な失敗を防ぐ意味でも、必ずパソナキャリアに登録して転職相談を受けましょう。

▶︎▶︎パソナキャリアで相談する(無料)

まとめ

今回は手取り15万が大損なのかどうかについて考えてきました。結論から言うと、やはり損であるといわざるを得ない時代状況にあります。

お金だけが人生の目的ではありませんが、やはり先だつものであることは間違いありません。

この記事があなたの将来設計の一助となれば嬉しく思います。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら